ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!プリシチが負傷!!!肉離れで離脱!!!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】
pu4.jpg



クリスティアン・プリシチが負傷!
BVBスター!肉離れで離脱!


ボルシア・ドルトムントはクリスティアン・プリシチを長い間あきらめなければならない。このサイドアタッカーは複数のメディアが報じたところによると、肉離れを起こしたようだ。


ブンデスリーガ首位に立つドルトムントは月曜日にニュルンベルクと対戦するが、ミッドフィルダーのクリスティアン・プリシチが欠場となる。


スポンサーリンク



この20歳のアメリカ人は、水曜日のトッテナム戦で太ももに肉離れを起こしている。日曜日に負傷の事が明らかにされたが、詳しい内容は、診断の結果を待つことになるようだ。


プリシチは最低でも次のレヴァークーゼン戦にも出場できないとみられている。プリシチは負傷したマルコ・ロイスの代わりにスタメン出場がほぼ確実とされていただけにこれは大きな痛手だ。



プリシチはこの冬6400万ユーロでチェルシーに移籍しているが、夏まではローン移籍でドルトムントでプレーする事になっている。プリシチはドルトムントを去る理由について、“子供のころからプレミアリーグでプレーするのが夢だった。子供の頃いつも父とテレビで試合を見ていたんだ。チェルシー移籍が決まって誇りに思う。”と語っていた。





以上です。


これは痛いニュースですね。これで計算できるサイドがサンチョとゲレイロだけになってしまいましたね。ラーセンはなかなか結果が出せていませんし、ヴォルフは体格が良い割にはボールをすぐにロストしてしまうので・・・。

ボシュのレヴァークーゼンは4連勝中で勢いがありますから、なかなか厳しい試合になりそうですね。その前にニュルンベルクにも勝たなければなりませんが・・・。



[ 2019/02/18 09:30 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(10)
サンチョゲレイロラーセンでサイドをまわすしかないですね。これ以上怪我人が増えない事を祈るのみです。
[ 2019/02/18 09:49 ] [ 編集 ]
なんか「ドルトムント冬の恒例行事」が続いてるね…
サッカーって結構メンタル面が大きいから、勝ちだすとグッとパフォーマンス上がるし、上手くいかなくなると負のスパイラル発動しちゃう。
プリシツチが軽症だと祈ってます。
[ 2019/02/18 09:50 ] [ 編集 ]
むしろこういう時に勝たせないと監督の存在意義ないですよ
[ 2019/02/18 10:30 ] [ 編集 ]
結局サンチョ頼りっていうね
これどうすんすかね…
[ 2019/02/18 10:43 ] [ 編集 ]
あららららら。
崩壊の始まりですかね。。
[ 2019/02/18 11:34 ] [ 編集 ]
ボシュ古巣対決楽しみです。そうそうウォルフいましたねー。ドルはここに来て今までの無理なスタメン固定でボロが出始めましたね
あーでも希望の星⭐️スターがなんとかしてくれるでしょ笑
[ 2019/02/18 12:27 ] [ 編集 ]
チームのターンオーバー失敗してる影響が後半もろに出てきちゃったね
[ 2019/02/18 13:41 ] [ 編集 ]
寒い時期だからなー
サンチョも若いのに使いすぎてるからそろそろだと思うよ
[ 2019/02/18 16:46 ] [ 編集 ]
さすがにプリシッチまで怪我するとどうにもならないですね
ロイスは復帰時期が予想より遅れることが割とあるので今回そうなるとかなりやばそうです
[ 2019/02/19 00:28 ] [ 編集 ]
シーズンの最初から言ってるけどこの監督
無能だよ
戦術ロイス、戦術サンチョしかないし
たまたま勢いで勝てていた感が強かった
強いチームはシーズン後半から強くなってくるものだけどね
[ 2019/02/19 13:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。