ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムント!ギンター!チェルシーが獲得に動く!?クリステンセンとトレードか?《ドイツの反応》

【エクスプレス】

ginter11.jpg

グラートバッハ、ギンターにメガ・トレードの可能性?


移籍市場はすでに閉まっているが、夏の移籍に向けては常に動きがある。イングランドの“ザ・サン”が報じたところによると、プレミアリーグのチェルシーがグラートバッハのディフェンダー、マティアス・ギンターの獲得に動くようだ。


それによると、チェルシーのボス、ロマン・アブラモヴィッチュはそのお金でもって、現在弱体化しているチームを強化するつもりのようだ。

スポンサーリンク



そしてチャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げたジュネディーヌ・ジダンが、現在多く議論されているマウリツィオ・サッリ監督の代わりに就任するとされている。またジダンの就任によって、新たなスターをクラブに誘うつもりのようだ。


その一人とされているのが、ドイツ代表でワールドカップ優勝者のマティアス・ギンターだ。彼はこれまでにもアーセナルやトッテナム、マンチェスター・ユナイテッドが彼に興味を示していた。



ボルシアのマネージャー、マックス・エベルはこの件に関して、“私にとってはまずは選手が‘大きなチャンスがあり次のステップに移りたいので考えてほしい。’と移籍の希望を出してからが話題となる。そうなってから動くことになる。私にとってはそれが大事なことだ。マティアス・ギンターがそうしない限りは、それに関しては動くことはないよ。今の所マティアスからそのような動きはないね。”と語っている。



仮にチェルシーがギンターに関して本格的に動き出したとしたら、エベルにとっても非常に興味深い件となるだろう。なぜならチェルシーにはかつてグラートバッハにローン移籍し、ファンの間でも評価が高いアンドレアス・クリステンセンがいるからだ。


ギンターの市場価格は4000万ユーロ、そしてクリステンセンの市場価格は3500万ユーロとされている。クリステンセンとエベルのコンタクトは途絶えておらず、この件でトレードの噂が出てきている。




以上です。

ギンターにプレミア移籍の噂が出てきましたが、移籍金は5000万ユーロとみられています。

ギンターはBVBで成長してほしかった選手の一人ですが、移籍先で成功して嬉しいです。前半戦も長谷部選手に次いでキッカーランキングでインターナショナルクラスに選ばれていましたね。



[ 2019/02/18 16:28 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(3)
アンダーの試合でズーレと組んでいた時から、いいコンビだなーと思っていたのでギンターの評価が高くてうれしいです
[ 2019/02/18 17:01 ] [ 編集 ]
ギンターは移籍して本当によかったですね。ロイス以外代表選手もドルトムントからはいなくなってしまいました。
香川のダイアゴナルパスからのヘディングシュート。いいコンビでした。
[ 2019/02/18 17:08 ] [ 編集 ]
香川ギンターオバで簡単に崩してたあの頃のドルトムント返して
[ 2019/02/20 01:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。