ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「日本が香川と長友のために動きだす!!!」《トルコメディアの反応》

【Ajanspor】

nagato4.jpg

日本!長友と香川のために動き出す!


長友佑都がガラタサライの、そして香川真司がベシクタシュのユニフォームを着てプレーしているが、日本サッカー協会が動いた!この両チームはリーガ31節で直接対決するが、このダービーの放映をめぐって日本サッカー協会がトルコサッカー協会に接触してきたのだ。長友と香川が対戦するのはいつだろうか?ベシクタシュとガラタサライのダービーはいつだろうか?以下が詳細だ。

スポンサーリンク



日本からのオファー!



nagato3.jpg


香川真司がベシクタシュに移籍してきて以来、日本におけるトルコのリーグの注目度は一気に上がっている。リーガ31節ではガラタサライとベシクタシュのダービーがあるが、日本サッカー協会が、開催を昼にするために200万ユーロでオファーしてきたのだ。



ガラタサライの長友佑都とベシクタシュの香川真司の試合をめぐって、トルコツアーが組まれるとみられている。ベシクタシュのフォレスト会長はこの件に関して、すでに前向きであると語っていたが、さらにトルコサッカー協会もこの日本からのオファーに非常に前向きなようだ。


日本で多くの興味を獲得することはトルコにとっても非常に利益が大きいとみられており、日中での試合への決断に期待がかかっている。



香川!長友と再会!
nagato2.jpg


ガラタサライの左サイドバックの長友佑都と10番の香川真司が、トルコで出会い、友情のメッセージを送っている(午前)。





以上です。

この前取り上げた記事から大きな進展はありませんが、そのニュースが多くのメディアで取り上げられているようです。以前のコメントにもありますように、日本サッカー協会(Japonya Futbol Federasyonu)がトルコサッカー協会(Türkiye Futbol Federasyonu)にオファーしたとありましたが、日本サッカー協会という情報は誤りの可能性がありますね。何度かこの元の言葉をチェックしてみましたが、やはり日本サッカー協会が動いたと報道されている事は間違いないようです。


しかしいずれに記事にもどこ情報なのかソースがまったく提示されていないのはいつもの事です。このようにしてソースが不明なまま様々なメディアに拡散されていくのはトルコのお国柄なのかもしれないです。

ちなみに香川選手と長友選手がトルコであったとありましたが、その文章の最後に(午前中)となっており、これが今日新たに会談したのか、それともすで前に合った時の事なのか、その辺も結構曖昧でした。






[ 2019/02/19 05:52 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(5)
トルコでは香川選手や長友選手が日本メディアにこたえたインタビューも
すぐトルコメディアにより報道されるようですね
[ 2019/02/19 11:33 ] [ 編集 ]
両クラブの監督やチームは来季のCL出場権がかかっていて微妙な関係だから、お互いの交流をSNSでこれ以上拡散するのは自粛してほしい。香川選手がお互いのチーム事情について意見交換云々と移籍会見の時に話していたのがとても気になっていました。新しいリーグに来て情報収集する情報源として長友選手は格好の相手ですし、情報交換があったかどうかはおいておいて、結果活躍、順位逆転などということになったら、大変です。何を言われるか。長友選手がベンチ外になっていましたが、疲労だけが原因ならいいのですが。まあお互いプロだからわかってるでしょうけれど。長友選手は空気読むのが上手いからあまり心配ないけど。。。。
[ 2019/02/19 12:15 ] [ 編集 ]
長友はテレ東の朝のニュース番組にでてたり芸能コネクション強いけど、長友一人ではここまで動かせませんでしたね
[ 2019/02/19 13:34 ] [ 編集 ]
>長友選手がベンチ外になっていましたが、疲労だけが原因ならいいのですが。

長友選手のベンチ外はFワード言った罰ですよ。
今の勢い見る限りガラタサライはベシクタシュに逆転されるのは明らかでしょうけど、1対1のスポーツでもないですしSNSごときでめくじら立てて炎上はしないので心配のしすぎですしそもそも本人達がその辺のかげんを一番わかってるでしょう。
[ 2019/02/19 18:37 ] [ 編集 ]
放映権に金を出せるからって他国リーグの試合時間に口を出すような真似はやめてほしい。
[ 2019/02/20 09:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。