ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!下位ニュルンベルクにも引き分け!5戦未勝利でバイエルンと3ポイント差に!《ドイツの反応》

【ビルト】

bvb45.jpg


ニュルンベルクで無得点!

ファヴレ、タイトルが手からこぼれ落ちる・・・


ポカール敗退、チャンピオンズリーグでの惨劇、そしてニュルンベルクに0:0。これでバイエルンとの差は3ポイントとなってしまった。



早ければ週末には土曜日には、バイエルンがドルトムントに追いつく可能性がある。BVBは日曜日に5戦未勝の状態で、レヴァークーゼンと対戦する。レヴァークーゼンはボシュ監督の下で調子を上げている。




スポンサーリンク



今日ニュルンベルクでは第2次大戦時の不発弾が発見されたため、5万人のファンがスタジアムに遅れてやってきている。不発弾にともなうコントロールで公共交通機関にも影響を及ぼしたためだ。


ルシアン・ファヴレはトッテナムに惨敗した後で、ハキミ、トプラク、ダフード、プリシチの代わりにヴォルフ、フィリップ、ゲレイロ、ヴァイグルを起用している。


一方ニュルンベルクの新監督ションマースはペトラク、レーヴェン、久保をライン。パラシオス、クネルの代わりに起用している。


最初の15分間は、月曜日の試合に抗議するファンの行動が目立った。ニュルンベルクのファンは中指を立てたプラカードを提示し、さらにテニスボールをフィールド上に投げ込んだのだ。さらにBVBのウルトラスはそもそもスタジアムにやって来ていない。





試合序盤はドルトムントが80%もボールを保持するも、チャンスはニュルンベルクにあった。28分には、ベーレンスのヘディングを何とかゴールバー上へとクリアする事ができたぐらいだ。


ドルトムントが相手にとって脅威となるまでに30分以上も時間がかかっている。ゲッツェは2度ほど先制点をあげるチャンスを得たが、低いシュートは2度もキーパーに止められている。


いずれにせよ、ライボルトがペナルティエリア内でサンチョの足を蹴っているが、審判はPKを取らなかった。そしてどうしてかはわからないがビデオ審判もそれを見逃している。


bvb44.jpg



さらにゲッツェは35分と43分にチャンスを得るも、またしても力強いマテニアに阻まれている。


後半もゲッツェ対マテニアの対戦が見られたが、53分にはゲッツェの低いシュートをマテニアが阻んでいる。

bvb66.jpg


63分にはアルカセルが出場しているが、彼がゴールしなかったので、試合は0:0で終わっている。これはハノーファー戦に続く0:0だ。





以上です。

月曜日で試合が見られなかったうえに、さらに引き分けとは本当に残念ですね・・・。
これでバイエルンとは3ポイント差になりましたし、次は4連勝中のレヴァークーゼンが相手なので、負ける可能性もありますね。そうなったらバイエルンに並ばれてしまいます・・・。





[ 2019/02/19 07:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(46)
今季優勝できないとなると次のチャンスはまた四年後ですかね…
[ 2019/02/19 07:06 ] [ 編集 ]
まあ今シーズンでブンデスリーガの評判はガタ落ちになるでしょうね。
バイエルンも失点が多くヨロヨロですし、リバプール→鬼門のヘルタ→鬼門のメングラと3連敗の可能性は大いにあり得ます。
まあ盛り上がらない優勝争いになりそうですね。。。
[ 2019/02/19 07:12 ] [ 編集 ]
あちゃ~予想通りだ
[ 2019/02/19 07:13 ] [ 編集 ]
開幕当初からどうせ優勝バイエルンて言っても、もうバイエルンは無理とか言われたけどようやく現実味帯びてきましたな
結局、選手層が違いすぎるんですよね
[ 2019/02/19 08:15 ] [ 編集 ]
優勝請負人を締め出した監督がどういう末路を辿ってきたかご存知なかったのかなこの監督は
まぁ、手腕を拝見させてもらうよ。
[ 2019/02/19 08:19 ] [ 編集 ]
引き分けというのは勝ち点2がこぼれ落ちて行くという事なんですよね。バイエルンの近づく足音が不気味になって来ました。ゲッツェも頑張っていますが得点力はそれほどないしパコも不調となると厳しい。ロイスはいつ頃復帰出来るのでしょうか。
[ 2019/02/19 08:35 ] [ 編集 ]
首位と最下位の試合だったけど
確実に好調なドルトムントはいなかった
結局バイエルンにかわされて大差つけられるんだろうな
FWを補強しなかったのが痛すぎるね
[ 2019/02/19 08:39 ] [ 編集 ]
ニュルブルクリンクは監督交代して、久保もチャンス貰えて良かった。前の監督には信頼して貰えてなかったからね。そしてドルトムントに引き分けなら及第点だろう。
フロントはタイトル全て逃しても、CL権内ならファブレと契約延長するのかな?まぁ、もうどうでも良くなったけけど…
[ 2019/02/19 08:56 ] [ 編集 ]
香川放出した瞬間ロイス負傷、代役のフィリップとダフート絶不調で5試合勝ち星なしとかもはやネタとしか思えないよ...
[ 2019/02/19 09:11 ] [ 編集 ]
ファブレさん大丈夫?
[ 2019/02/19 09:36 ] [ 編集 ]
とりあえずスパーズ戦のダメだったとこは修正してきた。サイド閉めて簡単に人数をかけられないようにするとか、クロスを入れられないようにはしていたけど、逆に自分のとこの攻撃も薄くなって付け焼き刃というか対処療法だったな。さらに前スレで言った通りニュルンベルグは新監督になったから基礎的なことをキチッとやってきたというのもあってゴール前はなかなか開けてくれなかった。
次はミエミエでサイドアタックを仕掛けてくるのでここをどうしのぐかがポイントだと思う。ドロー狙いでもいいから噛み付いてでもガッツリ行かんと。
諦めるのはまだ早い。
[ 2019/02/19 09:58 ] [ 編集 ]
香川が移籍した後も不安を感じつつもしっかり勝利を願っていたつもりだったのでふが、今日の結果は予想通り過ぎてちょっと黒い笑みが出てしまいました。
管理人さんも含め根っからのドルサポはこんな感情にはならないだろうなと少々自己嫌悪。
[ 2019/02/19 10:14 ] [ 編集 ]
次が薬屋ってのがいいな(笑)
絶対見るわ
[ 2019/02/19 10:20 ] [ 編集 ]
 ボールを持たされる状況で前がゲッツェ+フィリップでは厳しい。BVBの偽9はゲッツェ用システムだと思うけど、二人分プレーしてくれるロイスが不在な時は使わないほうがいい。
[ 2019/02/19 10:22 ] [ 編集 ]
完全にニュルンベルクの作戦勝ちでした。実力はドル、攻めていたのもドル。でも、負けに等しい引き分けになってしまいました。例年であればゴール前を固められても香川のテンポを変えるプレーなどでゴールをこじ開けていたんですが、いてほしいときにレンタル…。ゲームメイクできる選手が欲しい試合でした。
[ 2019/02/19 10:44 ] [ 編集 ]
まー元々極端に言うとサンチョやパコの枠内シュート=得点見たいなラッキーで勝ってただけだし、後半にサンチョやパコ入れて若さで押し切る事をお祈りしてる感じだったのに、サンチョスタメンで使ってる時点でね
シーズン当初から得点出来るような攻めが一切ないし、なんら改善されてない戦術マニア氏は何やってるんですかね
最下位が首位から勝ち点取るのが容易ってニュルンベルクとドルトムントが示してしまったし、そのキーワードがロイスが居なきゃって事なら、ロイス復活してきたら削って即オサラバさせようとするんじゃないの

ヴィツェルの奴を持ち上げまくる奴が居るが、こいつが居る限り改善するのは無理だろう
この試合もパス数が馬鹿見たいに多かった見たいだけど、ポゼッションやパス回数は多いがサイド一辺倒のサッカーいつまでやるんだよ
今までなら5分以上もあるロスタイム中に得点したが、その幸運も無かったな

厳しいこと書くと乗らないだろうけど、ポカール初戦からずっと言ってる事だしw
規律が緩み、散髪事件で派閥の問題も出てきてるんじゃないの
[ 2019/02/19 11:05 ] [ 編集 ]
予想通りじゃん。まともな攻撃の中心になる補強せずいつまでもゲッツェにこだわり1トップの控えを冬に補強せずロイスの控えを補強するどころか香川放出、こんなチームが勝てるわけない。フロントがムカつきすぎるからもうバイエルンが逆転優勝して痛い目見せてやって反省した方がいい。
[ 2019/02/19 11:59 ] [ 編集 ]
前半戦好調、怪我人出て後半戦失速って最近のドル風物詩的なモノになってますね。。。
ただ、失速を持ち直していた香川が今期はいないので、どうなるのか興味深いです。
[ 2019/02/19 12:14 ] [ 編集 ]
前線に放り込んで決定力の高い選手に丸投げ戦法だといつかはどん詰まりになるなーとおもっていましたが、予想的中。なんで素人の僕らが予想できて、プロにできないのか。。。
香川はスタメンに出さずとも、ロイスの代役やブロックを崩す手段として、またリードしたチームをうまくコントロールする役割など、うまく使えばチームに貢献できたはずです。
それをヴォルフ、フィリップ、ゲッツェ、ダフートと貢献度の低いドイツ人を優先したおかげでチームとしての総合力は低下しました。
ちょっと間抜けすぎて開いた口がふさがりませんね。
優勝できなくてもCL圏内で十分?
今期が優勝できるラストチャンスですよ?
[ 2019/02/19 12:14 ] [ 編集 ]
ここ最近はお笑いクラブとして邁進してるな
やることなすこと最終的にはすべて裏目に出てる気がするが2位でも素晴らしい結果だよ
[ 2019/02/19 12:22 ] [ 編集 ]
引き分ける可能性はあると思ってましたがほんとにそうなるとは
これでタイトル獲得は厳しくなりましたね 
ロイス戻ってきてもどうにもならない気がします
[ 2019/02/19 12:29 ] [ 編集 ]
ドルトムントは好きですし、感謝もしています。新加入選手の事はよく知らないけれど、ロイスやビュルキなど香川と共に闘ってきたチームメイトを応援しています。ただし正直に言うと、香川に対してリスペクトのカケラも見せなかったファヴレに対しては・・。
選手が多過ぎるとリストラしたのだから、怪我人過多を言い訳にしないで、ロイス頼りでは無く修正する手腕を早く見せて欲しいものです。
[ 2019/02/19 12:47 ] [ 編集 ]
負けはしなくても引き分ける可能性あるとは思ってましたが引き分けましたね
実質負けみたいなものです
スコアレスってのが辛いですね

ロイス帰ってきてすぐに完璧なコンディションになって、アルカセルがまた覚醒するとかしないとバイエルンに抜かれてしまいそうです

トッテナム戦は捨てていいのでレヴァークーゼンに全力を注いでほしいです
[ 2019/02/19 12:50 ] [ 編集 ]
いつものドルトムントが帰ってきたな
[ 2019/02/19 12:56 ] [ 編集 ]
本当にマンガみたいな展開だね
シンジの呪いとか言われなきゃいいけど
天誅だわマジで
[ 2019/02/19 13:30 ] [ 編集 ]
恐れていたことが現実になってきました。。
監督の起用法もそうですが、毎年後半戦は野戦病院化してますよね。
以前管理人さんも仰ったかもしれませんが、ここまでくるとメディカルスタッフの質やトレーニングメニューの管理方法を疑うしかないですよ。
まずは選手が負傷しないこと、負傷からしっかりと復帰できることがドルトムントにとっての課題ではないでしょうか。
[ 2019/02/19 14:34 ] [ 編集 ]
ロイスが怪我したことで、完全にロイス頼みだったとバレてしまいましたね。
ゲッツェやフィリップにしても、これだけ結果を出せない攻撃選手は以前のドルトムントなら起用されていませんよ。
よくも香川を干せたなと。
[ 2019/02/19 16:54 ] [ 編集 ]
ニュルンベルクのGKマテニアがMVPでしょうね。ポジショニングがあまりにも秀逸過ぎて感心するレベルでした。
ハンブルガーのポラーズベックとはタイプが違うとは言え、ポジションを失った事が不思議に思えました。

それにしてもドルトムントからすれば、負けに等しい衝撃ですね。ロイス、ピシュチェク、プリシッチが怪我なのは痛いです。
ファブレ監督も本当についてませんね。次はレバークーゼン。ボシュ監督のもと上がり調子ですし、本当にズルズル行かないと良いのですが。。
[ 2019/02/19 18:47 ] [ 編集 ]
昨季9月末から2ヶ月リーグ戦未勝利、CLは1勝もできずに終わったことを考えればうまくいきすぎぐらいうまくいってますが慣れって怖いですね
[ 2019/02/19 18:55 ] [ 編集 ]
対策を取られた時の事を考えていたとは思えない起用法を続けていたので仕方ないですね。
監督の危機管理意識が低いんでしょう。
まあ前半戦はあらゆる事が上手く回りすぎていたので特に驚きはないです。
[ 2019/02/19 19:19 ] [ 編集 ]
座敷わらし香川の呪いはまだまだ続きます
[ 2019/02/19 19:48 ] [ 編集 ]
クビにしたボシュに引導渡されることになったら目も当てられないよ!
そんなことになったらしばらくは悪い流れを引きずることになるだろうね…
[ 2019/02/19 19:51 ] [ 編集 ]
バイエルンに逆転優勝されても
フロントは最初から優勝は狙ってないと言いそうですね
それが選手の心に傷をつけてそうですが
[ 2019/02/19 20:31 ] [ 編集 ]
>ヴォルフ、フィリップ、ゲッツェ、ダフートと貢献度の低いドイツ人を優先したおかげでチームとしての総合力は低下しました。


本当にロイス以外のドイツ人の質が問題だと思います。
ドイツ人枠がやっかいになってきている。
香川はこの皺寄せを食らったようなもの。
[ 2019/02/19 20:49 ] [ 編集 ]
こうなるであろうことはわかっちゃいたけど、移籍志願している香川は何が何でも使いたくはなかった。そして今はいない。
ドイツ人ドルのアイドル自分の愛弟子選手これだけ寵愛して来たんですから今さらって感じです。自分としては香川はいなくて良かったかも、こんな屈辱的な扱いを受けた後で何事もなかったようにしれっと試合に出されても屈辱的な思いはファンとして変わらない。
まあ香川は移籍志願したときからドルトムントとは決別出来てたのかもしれない
[ 2019/02/19 20:50 ] [ 編集 ]
ロイスを復帰したらすぐ削ってまたおさらばしてもらえば確実に優勝は無理やな
[ 2019/02/19 20:58 ] [ 編集 ]
昨晩はドルトムントも惜しかったですね。
久保も含めてニュルンベルクが辛抱強くよく守ったと思います。
最近勝利が遠いドルトムントですが、アウェイで引分けなので
そう悲観する事は無いかと個人的には思っています。
それにしても個人的にはゲッツェの動きが本当に良くなってきているので嬉しいです。
シュートは防がれまくってましたが、スペースで受けて
しっかりと前を向いて振り抜いていましたので凄く良かったと思います。
今となってはもう夢になってしまいましたが、ゲッツェと香川の
最高の絡みが観れなくなってしまったのが寂しいです。




[ 2019/02/19 21:04 ] [ 編集 ]
香川のことは置いておいて、カップ戦でもロイスをフル使用していた時点で、こうなるのは見えていましたね。せめて、CLとリーグだけに集中していればよかったんですが。
ロイスパコサンチョで勝ってきたので、2/3がいなくなると辛いですね。
まぁ仮にバイエルンが逆転しても、このチームが2位っていうブンデスリーガ全体がどうかと思うんですが。
[ 2019/02/19 21:37 ] [ 編集 ]
ファブレが指揮を執る限り 素直に応援できない自分がいます。勝てない現状を見て いかに香川選手が重要な選手だったか 他の選手より実力もあったことに気がついて欲しい❗️まぁどうせ そんなこと思いもしないんでしょうけどね。
[ 2019/02/19 21:56 ] [ 編集 ]
香川いたらってレベルの酷さではないな
これはロイス戻ってきても、また勝てるようになるのか?
[ 2019/02/20 00:30 ] [ 編集 ]
香川とロイスが抜けると
これがかつてのあおドルトムントかとがっかりするほど
まったくしょぼいメンツに落ちぶれてしまいましたね
今季たった3ゴールのゲッツェをいつまでも優遇し
使い続けたツキが一気に回ってきて
唯一の希望の星サンチョを使える選手もいないし
サンチョの無駄使いが甚だしい

[ 2019/02/20 00:38 ] [ 編集 ]
そういえば、ヴィツェルについてのコメントに書かれてますが気が付けばネット等サッカー関連のコメントに私はほとんどヴィツェルの名前をあげてなかった(多分あけたの今回と後1~2回くらい)それくらい個人的には評価してませんでした(笑)

チームの成績は2周目で対策されるということとロイスの怪我 が気になってましたがやっぱり…。
[ 2019/02/20 04:41 ] [ 編集 ]
薄い選手層を更に薄くしたらそらこうなるわ、昨シーズンの中核の一人を格下リーグにレンタルするのは欧州広しとはいえドルトムントくらいのもんだろ
[ 2019/02/20 05:32 ] [ 編集 ]
ここまでドル側は予想通り
あとバイエルンはリバポに虐殺されてブンデスの国外選手軽視と国際力低下をサポに再認識して欲しかったがスコアレスドローになってしまったのは計算外だった
[ 2019/02/20 08:46 ] [ 編集 ]
しつこい人がいるが、座敷わらしなんて言葉を香川に使わないでもらいたい。
[ 2019/02/20 16:47 ] [ 編集 ]
ブンデス首位がスパーズになすすべなく惨敗したことで、国際的な評価もガタ落ちしてしまいましたね…
[ 2019/02/20 16:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。