ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マンチェスター・シティー!ギュンドガン!クロップ、ペップ、トゥヘルについて語る!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

gundog.jpg


マンチェスター・シティー!ギュンドガン!クロップ、ペップ、トゥヘルについて語る!


ユルゲン・クロップ、トーマス・トゥヘル、ペップ・グアルディオラ。この3人の監督の下でプレーした選手は本当に少ない。ドイツ代表のイルカイ・ギュンドガンは、その二人の選手のうちの一人だ。彼はDAZNのインタビューで、クロップ、トゥヘル、グアルディオラの何が特別かを語っている。


現在ユルゲン・クロップ、トーマス・トゥヘル、そしてペップ・グアルディオラの3人は世界で最も成功した監督に数えられている。ドイツ代表のイルカイ・ギュンドガンはマリオ・ゲッツェ以外ではこの3人の監督の下でプレーした唯一の選手だ。この28歳はDAZNにおいて、クロップ、トゥヘル、グアルディオラの下での経験について語っている。


スポンサーリンク



“トゥヘルはどちらかといえばペップに似ているかな。最初はちょっと違ったけれどね。でも彼のトレーニングの内容は本当に良いんだよ。彼はシンプルな事をすごく大事にしているんだ。彼はトレーニングではボールを正しい足で受けるように、そしてチームメートの正しい足にボールを出すように仕込んでいたね。小さなフィールドで何度もポジショニングの練習をしたよ。それは凄く役に立っているね。”とギュンドガンは語る。


彼はトゥヘルの下では1年しかプレーしなかったが、トゥヘルはその時ギュンドガンに、トレーニングがペップの下へ行く良い準備になるだろうと語ったようだ。そしてギュンドガンは、“本当にそうだった。”とそれを認めている。



ギュンドガンはユルゲン・クロップとは最も長く仕事をしている。2011年から2014年までの間の117試合に出場しているのだ。この28歳はその当時について、“クロッポの下では結構自由だったね。彼の試合で大事なのは、ボールをロストしたら、すぐにそれに対処する事と、できるだけすぐにシュートまでたどり着く事だった。”と語っている。


ペップ・グアルディオラの下では、よりオートマチック化する事が大事なようだ。“すべてが統率がとれていなければならない。ドルトムントよりも自由はないけれどそれはオーケーだよ。クロッポの下でプレーしたのは自分にとっては特別だったと思っている。でももちろんトーマス・トゥヘルも忘れることはできないね。彼も素晴らしい監督だからね。”と彼は語っている。


彼はこの3人について、“3人ともそれぞれのスタイルにおいて特別だね。彼らを経験できたことは素晴らしかったよ。”と語った。

強調文

以上です。

今はこの3人が誰もブンデスリーガにいなくなったわけですが、ブンデスリーガが低迷している事とは決して無関係ではないでしょうね。とはいってもドイツにも若くて良い監督が育ってきていますから、これからに期待したいですね。



[ 2019/02/20 12:21 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(9)
クロップ、トゥヘル、ガム爺も負けてまへんがな
[ 2019/02/20 12:47 ] [ 編集 ]
ギュンドガンは大きな怪我もあったけど、素晴らしい監督の元でプレイできる幸せな選手ですね。
そしてそれらの監督から必ず信頼を得ているのが凄いですね。彼のこのインタビューからも賢さを感じます。
[ 2019/02/20 12:59 ] [ 編集 ]
>現在ユルゲン・クロップ、トーマス・トゥヘル、そしてペップ・グアルディオラの3人は世界で最も成功した監督に数えられている。

 トゥヘル監督は若手監督の筆頭だけど、リーグタイトルもCL上位もないので、最も成功というと違和感が……。

>トゥヘルは~~彼はトレーニングではボールを正しい足で受けるように、そしてチームメートの正しい足にボールを出すように仕込んでいたね。

 こういうところが大切なのでしょう。代表で香川がやり辛そうにしてた原因の一つが、正しい足にパスが来なかった事かもしれない。欲しい足に正しいパスが来ないと、彼が自身の武器であるファーストタッチで勝負できませんから。
[ 2019/02/20 15:53 ] [ 編集 ]
フロントに逆らっても結果を出し続けられる監督は本当にスペシャルだよね、そしてそんな監督たちに使われ続けたギュンも香川も特別な存在だってはっきり分かるね、本来ならゲッツェもそうなれたんだろうが出戻ってきてから周りが甘やかしすぎたからああなってしまった、逆に香川は厳しくされすぎな印象があるが特に代表では
[ 2019/02/20 17:37 ] [ 編集 ]
今度はフンメルスに3人の監督の比較をしてほしいね
[ 2019/02/20 18:29 ] [ 編集 ]
マラドーナ・ジーコ・プラティニと同僚だったマッシモ・マウロの話並みに興味深いですね
[ 2019/02/20 19:44 ] [ 編集 ]
ギュンドアンは賢いですね。興味深い発言内容を安心して読むことができる。エルドアンとの問題でも、言葉選びがうまく慎重で、エジルのように他人も自分自身も傷つける方向に向かうことがない。それでいて四角四面でもない。知的でエモーショナルなプレー同様、キャラクターにも得がたい資質のある素晴らしい選手です。
[ 2019/02/20 22:17 ] [ 編集 ]
同僚と上司は違うだろ
優秀な同僚が何人いても勝てないもんは勝てないが上司が有能ならば同僚が無能であっても勝てるときは勝てるからな
[ 2019/02/21 02:41 ] [ 編集 ]
クロップ⇨ファーガソン⇨モイーズ⇨ファンファール⇨クロップ⇨トゥヘル⇨ボス⇨ファブレ
これもなかなか凄くね?
クロップ・ファーガソン・ファンファール・トゥヘルあたりは。
[ 2019/02/21 10:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。