ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「無意味だ!」マティアス・ザマー!BVBファヴレの戦術を批判!《ドイツの反応》

【ビルト】

favre13.jpg



ファヴレ!ザマーの意見を聞くだろうか?


ドルトムントは月曜日に行われたニュルンベルク戦で0:0の引き分けとなり、これで5戦勝ちなしとなった。テレビ視聴者にとって、面白かったのは、ハーフタイムだけだ。ユーロスポーツの解説者のマティアス・ザマーがルシアン・ファヴレの戦術の欠点を指摘したのだ。


スポンサーリンク



ザマーはBVBの組み立てを嘆いて以下のように語っている。


sammer6.jpg


▶“ハラキリ、そして前に突進するのはあまり意味がない。他には選手がいないんだから本当にこんなプレーをする意味はないよ。”

▶“必要なのはフレキシブルであることだ。”



ザマーはテレビにおいて批判している。それによると、サイドにおいて、ディフェンダーとミッドフィルダーが同じライン上にいることが多すぎるとのことだ。“これは本当に無意味だよ。ライン間のポジションに行かなければだめだよ。”とザマーは語っている。

ザマーはBVB幹部のアドバイザーをしているが、それでもこのような発言をすることに躊躇しない。疑問点は、ファヴレはかつてドルトムントを優勝に導いた監督の助言を聞きいれるかどうかだ。



メディア・ディレクターのサーシャ・フリッゲはビルトの質問に対して、“ボルシア・ドルトムントは夏以降何度も強調しているが、マティアス・ザマーが助言するのは、BVBの運営に関してだ。マティアスはユーロスポーツの解説者も務めているが、この仕事はBVBの仕事とはまったく関係ない。幹部たちはマティアス・ザマーと一緒に仕事をすることに満足しているよ。”と語っている。


ザマーはテレビの前でファヴレの戦術を分析し、それを批判しているが、監督はこれとは全く関係ないという事だ。



ザマーはビルトに対して、“監督の仕事は良いよ。彼はこれに関して後でしっかり分析しているよ。”と語っている。


事実は:ザマーは毎週一回クラブの幹部たちと会談し、そこで選手や移籍、課題について議論していることだ。ザマーが話をするのは、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケ、ミヒャエル・ツォルク、セバスティアン・ケ―ルの3人だ。監督が同席したのはシーズン最初のミーティング一度だけのようだ。


ファヴレが次のレヴァークーゼン戦でザマーの助言を聞くか、非常に興味深いところだ。




以上です。

ザマーがハーフタイム中にファヴレの戦術の問題点を指摘したようですね。見てみたかったですが、ユーロスポーツでの放映だったので管理人は見れませんでした・・・。


ザマーは無意味を連発していますが、やっぱりファヴレの戦術は結局のところロイスなんでしょうかね・・。次のレヴァークーゼン戦ではどうなるでしょうか・・。ロイスが中盤でダイナミックに動いてくれれば、サイドのゲレイロやサンチョもそれに合わせて動くことになり、スペースもできますからね。



[ 2019/02/20 17:17 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(19)
ロイスがいようがいまいが、前半戦のドルトムントはいつも強いのです。
問題は対策された後。
乗り越えられる知性と柔軟性のある選手が攻撃陣からいなくなってしまいました。
[ 2019/02/20 17:32 ] [ 編集 ]
はっきり言うが今更である
確かにロイスは香川以上の選手だ、それは認めるが現代サッカーにおいて一人の賢い選手だけで違いを作り出すことは無理なんだよ
皆がやたら評価するバルサだって中盤の抑えどころを上手く封じればリヨンでさえスコアレスドローに持ち込むことが出来るんだしね
いい加減一人に頼るサッカーをやめない限りドルトムントに明日はないよ
[ 2019/02/20 18:08 ] [ 編集 ]
結局サイドの頭抑えられて、後ろでボール回ししか出来なくなったら何も出来ないだけで、ロイスが居てもロイスにボール行かなくて低評価って試合はあったじゃん
ヴィツェルが前のフィリップにボール出さず、後ろ(CB)と横(SB)にシュートパスしか出さないのが原因だし、デラネイも中央や前線のサイドへ大きくボール供給出来ないのがね
ヴィツェルの奴をダフードに変えればそれだけで変化が出ると思うけど、そもそも意固地な戦術マニア氏が意見を聞くかね?
[ 2019/02/20 18:41 ] [ 編集 ]
まあこのまま失速したらまた全部監督が悪いことにするんでしょうね
トルヤンはともかくイサクに全くチャンスを与えないまま出したことも
もちろん去年の夏に香川を引きとめた挙句にガッツリ干して放出したこともそうですが

来季はボシュとファブレの復讐に直面するんですかね
ついでにCLでトゥヘルと当たったら笑えますね
[ 2019/02/20 18:50 ] [ 編集 ]
基本的にサイドの同じような選手が2列目に揃ってるので戦術の幅が無いというか出来ないのではないでしょうか。攻撃が単調なので対策されてからは厳しくなるのは予想出来ましたよね。ライン間のポジションに入れる香川がいたらと思いますが仕方ないです。ファブレはひたすらロイスの復帰を待ってる事でしょう。
[ 2019/02/20 18:59 ] [ 編集 ]
後出しはカッコ悪いですよ。
言うならチームが好調な時に言ってください、警告として。
こうなることはみんな分かってましたよ。貴方達プロ以外は。
冬の補強を何故しなかったのか小一時間問い詰めたいです笑
[ 2019/02/20 19:30 ] [ 編集 ]
前半戦はとにかく選手層が飽和状態だったから、途中からキレと勢いのある選手を入れて、流れを変える事で勝てていた。
しかし選手層が薄くなれば当然こうなるでしょう。
結局、「2人で一人前」であって、一人前の選手たちではなかったということ。
[ 2019/02/20 19:51 ] [ 編集 ]
きっと前半から色々言ってたんでしょうね。でも結果が出ていたので外に出てきていなかった。ほれそれ見たことかと。そしてクロップ以後、bvbに於ける監督のステイタスはかなり下に位置付けられているのがよくわかります。
香川の去就に関してどういう意見だったのか興味深いですね。確か夏前のチーム大変革が必要と言っていたときに本人の口からではないが、何かの記事が間接的に香川は残すべきとあったような。まあもうどうでもいいか。
[ 2019/02/20 20:16 ] [ 編集 ]
ファブレがやってるサッカーはイタリアとバルサの折衷ですよ。
後ろはイタリアのどこのクラブもやってるようにフィジカル生かしてストッパーやらす。ボールを止めることが最優先。フンメルス、シャヒンのようにボール回し=守備ではないから組み立てはシンプルにウイングにボール出す。サイドバックはガッツリ引いて守るか、逆に、極端に高いポジション取るかの二者択一。そこから先はバルサのマネ。センターにいる1人か2人は縦に上下、ウィンガーは守備時は縦に動き、マイボール時には斜めに動かす。もっともバルサは守備時のウイングを縦走りさせることはないけどな。
で、ザマーがいってる無意味というのはここ。ウイングに縦走りがあるからサイドの高いとこでウイングとサイドバックが被って渋滞起こしつつ裏はスカスカ。ウイングは裏狙うわけでもないから渋滞はひどくなる一方だね。
これ、あくまでも推測だけど、監督コーチが現代のサイドバックの使い方知らないんじゃないの?現代のサイドバックはフェイク6番とかフェイクハーフ、わかりやすくいえばラームなんだけど、これのやり方知らんように見える。知らんから極端に前か後ろのポジショニングさせているんでないの?だから毎度サイドの高いとこで渋滞起こして真ん中は人数足りてないからな。
ついでに対戦相手にもバレてるよ。バレてるから後ろはラインで守って中盤は2列目マンツーやってればいくらでもカウンターやれるというね。別のいい方すると、高校生みたいに基礎やってればいくらでもチャンス作れるというな笑
クロップやってる頃のドルはこんなことなかったんだけどね。アンダー世代でもやらしてなかったよ。なんか遺産を食い潰したのかな?という風に見えるけどね。
[ 2019/02/20 20:54 ] [ 編集 ]
以前から気になっていましたがドイツも日本同様テレビでの発言が切り取られて記事になること多いですね
こういった記事で出演者が批判されるのは可哀そうだと個人的には感じます
[ 2019/02/20 21:11 ] [ 編集 ]
CLトッテナム戦で、選手が被る事は福田さんも何度も言ってましたね。ディアロとデラィニ、ハキミとダフード、それぞれが被って味方同士で奪い合ったりチャンス潰してました。
デラィニは元々CBなのにSBやらされてたから、ポジショニングや上がり等微妙なのも仕方ない。シュメルツァが元気なのにデラィニ使ったのは攻撃諦めて、ソン・フンミンをマークさせたのだと思う。(マークしきれて無かったけど)その時点で、勝つ気よりも負けない試合するのだとガッカリ(しかも大敗)。
ダフードは久々スタメンで張り切って自我だしてたけど、周りにあまり信頼されてなくて、ハキミが勝手に中入りまくってチームとしては微妙。
ロイスとか無関係だと思いました。ロイス戻っても引かれた相手は崩せないし(ニュルブルクリンク、前半のアトレティコ、ブルージュ)、対策とられてそれを対策出来てない。
[ 2019/02/20 21:41 ] [ 編集 ]
後出しではないと思いますよ。
解説の仕事はその試合の劣勢な方の問題点と優勢な方の優良点を解説するものですから、調子が良いチームに問題があっても解説者はスルーするしかないかと。
[ 2019/02/20 23:21 ] [ 編集 ]
マティアス・ザマーという男、おもしろいですね。クロップ政権の時期はバイエルンのダースモールみたいな立ち位置で宿敵としてクロップと相対し、今はドルトムントの御意見番となっている・・・
なんか・・・悪魔みたいな奴ですね 
[ 2019/02/20 23:41 ] [ 編集 ]
02/20 19:51
一人前の選手なんていないけどね
今はサイド起点にしてるがレヴァもミュラーが不調では得点力落ちてたしメッシもネイマールイニエスタ抜けた時期ビルドアップする時間が増えてゴールアシストが減った
サッカーは11人でするもの一辺倒はどのクラブレベル選手レベルでも通用しなくなる
それを忘れてるのがドルトムントとサポーターだよ
[ 2019/02/21 02:34 ] [ 編集 ]
今より多弁ではないが前半の好調時から言ってたよ
後だしではない
[ 2019/02/21 09:13 ] [ 編集 ]
勝ってる時はドヤ顔で勝因を解説し、負けが込むと今度は手のひら返して誹謗中傷始めるのが自称戦術家ですからね
もちろんザマーはそういう類の人間じゃない
でも自称戦術家はザマーのような人を免罪符にして暴れますからね
[ 2019/02/21 13:15 ] [ 編集 ]
ライン間、ハーフスペースの攻守のポジション取りが抜群の香川という選手がいたはずなんだけどなぜあそこまで起用せず放出するのかね〜
[ 2019/02/21 15:46 ] [ 編集 ]
勝ってる時も問題点は指摘されてた
それを修正しなかったファブレは自称戦術家に批判されて当然だ、勝ててないんだからな
[ 2019/02/22 05:55 ] [ 編集 ]
あのー、みなさん勘違いしてますが、ザマーはアドバイザーですよ?
結果として全員が危惧していたことが現実となったのですから、アドバイザーとして価値はあるのでしょうか?
批判対象は外国人選手ばかり、監督はお咎めなし、まぁーフロント間でズブズブなんでしょうね。
冬に補強すべきことは誰が見ても明らかなのに何もしなかった。
ま、舐めてたんでしょうね、ザマー自身もね。
[ 2019/03/03 12:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。