ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【CL】バイエルン、コヴァチ監督!クロップの握手を拒否しクロップが激怒?《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】


kloppo.jpg


バイエルン対リヴァプール!クロップとコヴァチの間で握手をめぐる争い!


FCリヴァプールとバイエルンが引き分けた後で、ニコ・コヴァチとユルゲン・クロップの間でひと騒動あった。その原因は、バイエルンの監督がすぐに握手することを拒否したためだ。そしてこれが大きな誤解を生むことになった。


ユルゲン・クロップとニコ・コヴァチの間で、小さな騒動:


リヴァプールとバイエルンが0:0の引き分けに終わった後で、両監督が口論となった。リヴァプールのユルゲン・監督がバイエルンのニコ・コヴァチ監督に怒りをぶちまけたのだ。しかしいったい何が起こったのだろうか?



スポンサーリンク


クロップ:“ばかみたいに突っ立っていた。”



クロップは試合後すぐにFCバイエルンの方に行って手を差し伸べようとした。しかしコヴァチは他の選手たちと話をしていたのだ。クロップはその状況に対して、“まずニコと握手をしようとしたが、馬鹿みたいに突っ立ている事になってしまった。”と語っている。“彼(コヴァチ)はリベリーと話をしたかったようだ。でもリベリーが父親になるのはこれで5回目だよ!”とクロップは冗談を言っている。


このフランス人はリヴァプール戦の直前に5度目の父親となっている。これが原因でリベリーは後からチームに合流していたのだ。


コヴァチもこの件に関して後からコメントしている。“確かにイングランドでは試合直後に握手をするのが慣例となっている。でも私はまずベンチに行って、その後手を差し伸べたんだ。だけど悪気があったわけではないし、その後で謝罪したよ。今は何も問題ないよ。”とクロアチア人は語っている。





以上です。

試合前にクロップはコヴァチを非難していましたが、すぐに握手に応じなかった事を非難していたようですね。コヴァチは遅れてチームに合流したリベリーが5度目の父親となったことで先にお祝いを述べたかったようです。でもイングランドだけでなくチャンピオンズリーグでもすぐに握手するのが割と普通のような気がしますが・・。














[ 2019/02/20 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(9)
クロップが珍しく激昂してたので、何かと思っていたので納得です。記事ありがとうございました。
益々コバチに対して良くない印象深めました。
[ 2019/02/20 22:03 ] [ 編集 ]
CLのような大舞台の試合の直後に、相手の監督との握手よりも、いつでも会える自分のチームの選手への挨拶を優先するなんて、人間としての脂質や成熟度を疑います。
[ 2019/02/20 22:05 ] [ 編集 ]
ブンデスの恥ですね
実際にこの試合も負けないためだけの戦術でしたしブンデス全体が馬鹿にされるので本当にやめてほしい
香川の試合みていて思うのはトルコはどのチームもちゃんと攻めているちゃんとサッカーやってるということですね
ブンデスは下から上まで負けないためのサッカーばかりでなんでこんなにリーグの質が落ちてしまったんでしょうね...
質の高いトルコリーグが羨ましいですよ...
[ 2019/02/20 22:17 ] [ 編集 ]
分かっていたのなら先に握手すれば良いのに。感じ悪いですね。突っ立っていたクロップが気の毒。
[ 2019/02/20 22:52 ] [ 編集 ]
コヴァチ監督が試合後に「時間稼ぎのためわざと選手たちは足が攣った演技をした」、なんてわざわざ言ったのは、このことで非難された当てつけでしょうか?
選手の演技をメディアに言っちゃうような器の小ささからして、わざとクロップを待たせた可能性がありますね。
[ 2019/02/21 01:22 ] [ 編集 ]
コバチ…
こういうとこだぞワールドクラスの選手から不満が湧くのは
[ 2019/02/21 02:18 ] [ 編集 ]
フランクフルトのときは敵味方構わず、副審などともフレンドリーに接していたんですけどね。バイエルンにってから様々なプレッシャーに晒されて余裕が無い感じだなぁ…。頬がこけてやつれているのを見るたび切なくなってしまうよ…。
[ 2019/02/21 11:23 ] [ 編集 ]
なんかブンデスリーガのチームはマンC相手に両手に拳握って殴りあいやったシャルケ以外は小物かつチキン過ぎて泣けてくる
シャルケ賞賛するのはシャクだけどさ
[ 2019/02/21 20:39 ] [ 編集 ]
2019/02/21 20:39 さんの意見見て、期待してシャルケ対マンC見ましたけど、「両手に拳握って殴りあいやった」って、どの辺りでしょうか?
私にはひたすらドン引きして守り倒すシャルケしか見えませんでした。まぁ必死に守っていた時間はそれはよかった方で、先制点は明らかに集中力無くパスして相手に渡って速失点。後半のFkはサネの素晴らしさを褒めるしか有りませんけど、3点目も集中力切らして守備疎かだったから戻り遅れて失点してますよね。
PK2本貰って、相手10人になってホームで負けるなんて、恥以外の何物でもない試合。
ブンデスはバイエルン以外はご○みたいだとガッカリです。
[ 2019/02/22 23:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。