ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》岡崎キッカーのベストプレーヤーに選出!!その講評内容は?

ビルトでも今節のベストイレブンに選ばれました岡崎選手ですが、キッカーではベストイレブンそして、なんと今節のベストプレーヤーにも選ばれました。

ベストプレーヤーに選ばれると講評も載りますので、その他の日本人の採点と合せて紹介したいと思います。



20150420164659e6d.jpg

【キッカー日本人採点まとめ】

香川 3
大迫 4.5
長澤 4.5
原口 5
長谷部 3
岡崎 1.5
清武 5.5
酒井 5
山田 3


【キッカー今節のベストイレブン】

201504201646232fe.jpg

クリウス (マインツ)
ガルヴェス (ブレーメン)
パパドポロス (レヴァークーゼン)
トプラク (レヴァークーゼン)
ボアテン (バイエルン)
ローデ (バイエルン)
ミキタリアン (ドルトムント)
ミュラー (バイエルン)
ブラント (レヴァークーゼン)
岡崎 (マインツ)
キースリング (レヴァークーゼン)



【キッカー今節のベストプレーヤー】岡﨑慎司


20150420164624fac.jpg


クリスティアン・ハイデルは、仮に岡崎がゴールを決めなかったとしても、岡崎はゴールだけで測るべきではないと強調する。このマインツのマネージャーが思っていることとは:この日本人は最前線で、効果的な走りをするのだが、これは全てのストライカーに出来ることではない。大急ぎで追いかけるかと思えば、相手ディフェンスを相手に働きかける。そして彼はフライブルク戦でもそのようにプレーした。ツヴァイカンプフ(競り合い)には29回も挑み、これはマインツの選手の中で最も多い数字だ。さらに一対一での勝率は51,72%と、攻撃の選手としてはセンセーショナルな数字を残している。これはいつも熱心に働く岡崎自身にとっても素晴らしい数字だ。それに加えてこの29歳がさらにフライベルクを相手に2度もゴールをあげたとすれば、マッチウィナーになるのも当然だろう。マインツの会長ハラルド・シュトゥルツが言うところによると、マインツはこれまでの負傷による大問題をようやく脇に追いやることが出来た。そして“我々にはもちろん勝つのに必要な幸運があったが、岡崎慎司がいた。”と続けた。



【キッカー今週のハイライトより】岡﨑慎司

201504201646252e7.jpg


岡崎慎司はマインツで7度目となるドッペルパック(一試合2得点)を達成。そのうち6度はアウェーで決めている。彼はマインツのために合計で19のアウェーゴールを決めているが、ホームであげたゴールは8ゴールのみとなっている。今シーズンはホームで3ゴール、アウェーで9ゴールである。



スポンサーリンク


【フライブルク対マインツ マン・オブ・ザ・マッチ】岡﨑慎司


20150420164629c1b.jpg


毒々しく、熱心でまるで疲れることなく地を駆けまわったストライカーの岡崎慎司がマン・オブ・ザ・マッチ。その報酬:2ゴール。それがマインツを勝利の道へと導いた。


【ドルトムント採点】


ヴァイデンフェラー 3、ドゥルム 3、ソクラティス 3、フンメルス 3、シュメルツァー 2.5、ギンター 2.5、ギュンドガン 3.5、ブラシコフスキー 4、 香川 3、ミキタリアン 2、オバメヤン 2.5

【ドルトムント対パダーボーン マン・オブ・ザ・マッチ】ミキタリアン


自らゴールを決めさらに、アシストと3つのチャンスを演出した。ヘンリク・ミキタリアンはBVB攻撃陣の要だった。






以上です。


今回は岡﨑選手の活躍がいたるところで取り上げられていましたので、写真を交えて紹介しました。今週発売のキッカ-には香川選手に言及する記事もありましたが、それはまた別の記事で取り上げようと思います。


また先週に引き続きケルンの大迫選手、長澤選手も先発で出場しましたね。試合が引き分けという事で採点はそれほど高くありませんでしたが、この活躍を続けて欲しいです。

ハノーファーはレヴァークーゼンに4:0で負けましたので、清武選手、酒井選手の得点が低いのはしょうがないか、と言ったところでしょうか。

ブンデスリーガもいよいよ終盤ですので、各選手に頑張って欲しいですね。



【おまけ今日のドイツ】

ドレスデンの聖母教会の塔から見た景色

fussball2
十字架教会の塔や旧市街の街並みや市場の広場


IMG_1293.jpg

東方面 エルベ河と美術大学の建物など



ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

No title
岡崎は信頼性があるあぁ
ビッククラブだと出場機会問題があるので
CL圏クラブでの活躍も見てみたい。
[ 2015/04/20 20:59 ] [ 編集 ]
No title
もう29歳なんですねぇ。あと3~5年はこのレベルを維持してほしいなぁ。
[ 2015/04/20 22:14 ] [ 編集 ]
No title
ザキオカは珍しく日本のFWでは怖さがある
[ 2015/04/20 22:27 ] [ 編集 ]
No title
ハノーファーはチーム平均採点が5.1で清武は5じゃなかったですか?違ってたらすいません
[ 2015/04/20 23:42 ] [ 編集 ]
No title
香川なら体を当てずに反復横飛び
[ 2015/04/20 23:47 ] [ 編集 ]
No title
清武は5.5ですよ。酒井が5です。
ハノーファーの平均点は5.1ですね。
[ 2015/04/21 00:18 ] [ 編集 ]
No title
アウェーで取りすぎわろた
[ 2015/04/21 00:50 ] [ 編集 ]
恐怖の毒々モンスター(笑)
[ 2015/04/21 08:25 ] [ 編集 ]
かつての香川らしいゴールを見られて独メディアさえも喜んでくれる。ドイツで本当に愛されているのが嬉しいね。
[ 2015/04/21 19:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。