ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ユベントス!ドイツ代表のケディーラ!不整脈で心臓の手術へ!!術後の経過は?《ドイツの反応》

【ビルト】



ケディーラ!心臓の手術!その経過は?


心臓の手術!
サミ・ケディーラのこのニュースは多くのサッカーファンにとってショックとなっている。


現在ユベントスでプレーしている、我々のワールドカップ優勝者はマドリッドでのチャンピオンズリーグを目前に、心臓に違和感を訴えている。彼は控室で目まいを起こしている。



スポンサーリンク




結果:心臓の不整脈だ。そしてこの選手は水曜日の午前中にその分野のスペシャリストであるフィオレンツォ・ガイタの下で20分にわたる心臓の手術を受けたようだ。


ビルトの情報によると、手術は部分麻酔で行われたようで、手術の間も意識はしっかりしていたようだ。


その手術では心臓が再び正しいリズムを刻むように、カテーテルを挿入し問題個所を対処したとのことだ。



ケディラは木曜日まで入院するとされているが、早ければ10日後からはプレーする事が出来るようだ。しかしそうなる確率は低いとされている。イタリアサッカー協会の規則によると、少なくとも1か月はプレーできないようだ。心臓という事で、選手を守るために出場停止措置が取られるようである。



これはあまり知られていない事だが、クリスティアーノ・ロナルドも15歳の時に同じ症状に陥っている。さらに元ユーベのリヒトシュタイナーも同様だ。彼らは再び健康になっている。




以上です。


ケディーラがいきなり心臓の手術をするという事で、ドイツでは大きな騒ぎとなっていましたが、すでに手術は終わったようですね。


詳しいことは分かりませんが、おそらく不整脈に対してアブレーション治療という治療法が用いられたのではないかと思います。それによると太い血管からカテーテルを挿入し、不整脈の原因となっている部分を高周波電流で焼ききってしまうようですね。



心臓の手術と聞いて驚きましたが、早く回復してくれることを願っています。

[ 2019/02/21 09:39 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
普通の人より体に無理をさせているわけですからアスリートって大変ですよね。
[ 2019/02/21 14:27 ] [ 編集 ]
自分も心臓が悪いので高校途中でサッカーやめてしまった為悔しい思いをしましたので、情が移るというかこういう選手には健康で出来るだけ長く試合を楽しんで欲しいと思います。
無理だけはしないで欲しいです。
[ 2019/02/22 05:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。