ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!3人のドイツ人選手の獲得を目指す!クラブの軸が外国人であることは幹部の意思にはそぐわない?《ドイツの反応》

【ビルト】

YORR.jpg

ドルトムント!3人のドイツのスターの獲得を目指す!


BVBのスポーツ・ディレクター、ミヒャエル・ツォルクは、チーム改革を2シーズンにわたって行うことを明言していた。


2018年にはアクセル・ヴィッツェルの加入により安定性を、さらにトーマス・ディレイニーが頑丈さ、アシュラフ・ハキミがスピードを、そしてパコ・アルカセルが得点をもたらしている。


彼らが現在ドルトムントが首位にいることを助けているが、現在チームは大きく揺らいでいる。そのため夏には新たな補強が行われ、チーム改革を完了するとみられている。


スポンサーリンク



スポーツビルトの情報によると、ドルトムントはドイツ人スター選手の獲得に動いているようだ。その候補となるのが、ライプツィヒのティーモ・ヴェルナー、ブレーメンのミッドフィルダー、マキシミリアン・エッグシュタイン、そしてアウグスブルクの左サイドバックであるフィリップ・マックスだ。


現在ドルトムントではマルコ・ロイスだけがドイツ代表となっている。そしてボルシア・ドルトムントのベストスタメンにおいてもロイスが唯一のドイツ人だ。BVBのスカウトにとってはクオリティーが最優先であるが、チームの軸が外国人であることはクラブ幹部の意思にはそぐわないようだ。これは2011年と2012年の時とは大きく違う。



ヴェルナーの契約は2020年までとなっている。彼が5月までにライプツィヒと延長しないのであれば、夏には移籍することになるだろう。彼が市場に出たのに、ヴェルナーの獲得に動かないとしたら、それはBVBは怠けているという事になる。



スポーツビルトの情報によると、BVBの幹部たちはファンクラブと接触し、ファンが嫌っているクラブから選手を獲得する事に、どう対処するか情報を交換したようだ。



エッグシュタインも2020年までブレーメンと契約している。ブレーメンは彼の延長を希望しているが、合意には至っていない。エッグシュタインは未来のドイツ代表とみられている。



元ドルトムントのシャヒンによれば、エッグシュタインはドルトムントでブレイクする可能性を秘めているようだ。“彼が良い選手だということは知っていたよ。だけどここまで良いとは知らなかったね。僕は彼の大ファンだ。”と語っている。


サイドバックのポジションではアウグスブルクのシューティングスター、マックスが候補に挙がっている。


彼の攻撃力はドルトムントにやっているだろう。この左利きはドルトムントの問題のあるポジションの解決策となるとみられている。ファヴレは今シーズンこのポジションですでに4人の選手を起用している。




以上です。

ドルトムントがドイツ人の選手の獲得に動くという情報がありました。外国人が多い状況は幹部の意思にはそぐわないという事ですが、まあ今は本当に少ないですからね。ベストメンバーでドイツ人が一人というのはいくらなんでも少なすぎるでしょう。まあ要はバランスの問題ですね。何事もバランスが重要だと思います。


しかし下部チームでも外国から才能のある選手を連れてきたりしていますから、ドイツ人の若い選手にとっても競争は楽ではなくなっていますね。


最近はバイエルンの下部組織からも良い選手が出てきていませんし、育成面ではドイツは苦労しそうですね。







[ 2019/02/21 18:13 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(19)
ドイツ人もそうだし下部組織出身者も必要でしょう
このへんはどこの国でも同じですね
香川が仮住まいにしてるトルコでもトルコ人を使うように上から圧力かかってるそうで外国人減らすみたいです
[ 2019/02/21 18:18 ] [ 編集 ]
正直いってドイツ代表が弱くなってるのは突出した若手が出てきていないからだと思います。今いるクラブで活躍していてもバイエルンやドルトムントで輝く選手が少ないですよね。なので外国人に頼る事になるのですが実際ドイツ人だけではチーム力は落ちそう。
[ 2019/02/21 18:44 ] [ 編集 ]
たまたま夏に獲得した選手が外国籍の選手が多いだけでドイツ籍の選手はなかなかの人数だと思いますがね
ファーストチョイスの選手が少ないだけで
ブンデスリーガの規則としてドイツ人何人ユース何人ってのがありますが
ドイツ人選手獲得したら外国籍の選手はまたベンチに追いやられたりするんでしょうか?


[ 2019/02/21 18:56 ] [ 編集 ]
主軸をドイツ人で固めたら中堅クラブになりそうだね
[ 2019/02/21 19:01 ] [ 編集 ]
リーガ連覇した時はドイツ人結構居たもんね。
実績のあるメンバーが固定されたり、若手にしても外国から買いまくってたりしてたからね…
ホフマンとかギンターはちゃんと使って欲しかったな。
[ 2019/02/21 19:25 ] [ 編集 ]
ヴェルナーはバイエルンじゃないですかね?ドルトムントを選ぶメリットはないのでは?
ドイツ人のドイツ代表クラスはバイエルン行くんじゃないですかね?

ドルトムントが取れるのはドイツ代表の当確ラインスレスレの選手が最大な気がします
[ 2019/02/21 19:27 ] [ 編集 ]
この数年でフィジカルやスピード勝負になると、アフリカ系の選手には白人(勿論黄色人種)は勝てないから、ビッグクラブのスタメンがアフリカ系ばかりになってきている。
W杯優勝したフランス代表も主力はアフリカ系。ドイツ代表はサネを入れずにグループリーグ敗退。ドイツ代表はトルコやシリア移民も多いけど、アフリカ系は少ないよね。そこら辺りはフランスよりも保守的でナショナリズム高い。
[ 2019/02/21 21:20 ] [ 編集 ]
ドイツの若手で目立った選手が居ないのは、一時期のイングランドと同じで国外に挑戦する選手が少ないからだと思います。ドルトムントが人気のためドイツ代表選手を多く抱えたいのは理解できますが、ドイツ人の若手はプレミアやリーガで修行を積んだ方がよいと思います。
[ 2019/02/21 21:20 ] [ 編集 ]
ドルトムントはドイツ人選手を活かせないクラブなんですよ。過去にドイツ代表沢山いたのに、怪我人ロイス、病人ゲッツェ以外放出しちゃったじゃないですか。おまけに期待の星、フィリップもヴァイグルも干しちゃって。外国の若手ばっかり使ってドイツ人干してちゃそりゃ代表いなくなりますって。
私が感じるに、ロイスとゲッツェがいたんじゃ、ドイツ人の若手は窮屈感じてパフォーマンス落ちると思います。どっちか一人にして、もっとフラットなチームにした方がいいように思いますね。
[ 2019/02/21 21:41 ] [ 編集 ]
 今シーズンのヴァイグルの状況を知る有望な若手ドイツ人選手がBVBに来てくれるかな? 自分ならBVBよりライプを選ぶかな。
[ 2019/02/21 22:31 ] [ 編集 ]
でも、結局は売っちゃうジャン。
[ 2019/02/22 00:12 ] [ 編集 ]
確かに最近はドルトムントからドイツ代表に呼ばれる選手が少なくなりましたね。
ギュンドアン、ギンター、ベンダー、シュメルツァー、フンメルス、ロイス、
ゲッツェ、カストロ、バイグル、グロスクロイツ、シュールレ・・・
さすがに今迄ドルトムントのドイツ人選手は悉くドイツ代表、元ドイツ代表でした。
今ならゲッツェやバイグル、ダフート、フィリップ辺りがバリバリ活躍して
代表でも中心になってる位じゃないとと言う感じでしょうか?
ドルトムントの幹部の気持ちも分からなくはない気がします。






[ 2019/02/22 02:49 ] [ 編集 ]
ナーゲルスマンくるのにヴェルナーがくるメリットがない、しかもレッドブルマネーあるし
02/21 21:20さんの言うように海外経験させるべきだよ、まあリーガもスペイン人重視だからプレミアやリーグアン上位でCLで経験した方が良いとは思うけど
今じゃロイスゲッツェよりドラクスラーのが使えそうだしね
[ 2019/02/22 05:15 ] [ 編集 ]
意志にはそぐわないじゃなくて、そういうように自らがしてしまっているのでは?
ロイスやゲッツェ以外全てのドイツ人選手とは言いませんが、もっとキチンと育てて使う事は出来たと思います。ギンターが出て行った時はガッカリでしたよ。ヴァイグル見ていてもドイツ代表にキチンと育てる感じは見受けられませんね。まあ監督がスイスの人ですがね。意識高い系の選手は今みたいなドルを見ていて来たいと思いますかね
[ 2019/02/22 07:28 ] [ 編集 ]
売ってしまうフロントもそうだけれど・・・
若い才能が出ていきたくなってしまうチームの雰囲気があるとしたら、それも問題かもしれない。
[ 2019/02/22 09:30 ] [ 編集 ]
今までの扱い見てると、ロイスやゲッツェの特例除いて、ドルに来たいと思わせる理由が見当たらない。
フロントも監督も、選手達の良さを十分発揮させることができず、ハイ、サヨナラとか。あれじゃ有能な若手は来たいと思わんでしょう。ここ数年、怪我や敗戦が立て込むと香川辺りに頼ってCL枠取ってたわけだし、そんなにうまくいくでしょうかね。
[ 2019/02/22 10:28 ] [ 編集 ]
ツォルクて確か17-18シーズンの移籍ゴタゴタ騒ぎの後で今年で退任するって言ってなかったっけ。
ヴァツケは20年を目処に辞めるんじゃなかったの。
何か思ってた通りの流れになってきた。
[ 2019/02/22 14:18 ] [ 編集 ]
なんだかんだで今までそれなりの数のドイツ人選手はいましたけどね
でもクラブが積極的に放出したり、選手側が出て行きたくなるようなクラブだったからでしょ
何を今更って感じです
[ 2019/02/22 23:02 ] [ 編集 ]
ドルトムントに以前有望な若手ドイツ人が多かったのはクロップのコネの影響が大きかった
クロップは選手時代苦労人だった分下部に強いコネを持ってた
決別は仕方ないものだったけどクロップと決別するなら同時に国内のスカウト網を見直す必要があった
[ 2019/02/25 19:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。