ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!コヴァチ監督が「時間稼ぎ」をばらした事が与える影響とは?《ドイツの反応》

【ビルト】

kovac5.jpg


リヴァプール戦での時間稼ぎ


審判解説者!キンヘーファーがその影響を考える。


バイエルンのニコ・コヴァチ監督はチャンピオンズリーグでリヴァプール戦で0:0の引き分けに終わった後で、試合終盤に、足が攣った事を装って時間稼ぎをしたことを明かしていた。それによると、マルティネスの足が攣ったのは演技だったようだ。

スポンサーリンク



監督はスカイにおいて、“我々は限界ギリギリがどういうものかわかっている。だからすこし時間稼ぎをするものだ。ハヴィ(マルティネス)はたくさん走る事が出来る選手だから、足を攣る事なんてないんだ。これは少しばっかり演技だね。ベルリンでもキング(コマン)が足を攣ったようなそぶりを見せたけれど、本当は誰も足は攣っていない。“と語っていた。


この発言は今後バイエルンの選手たちに影響を与えるだろうか?



ビルト日曜版の審判解説者を務めるトルステン・キンヘーファーは、それについて、“もうこの試合は終わってしまったが、今後のリーガでの試合では、アディショナルタイムが4分から5分になる可能性はあるだろうね。審判としては、それを判断する事は出来ないし、その場で対応するしかないからね。本来であれば、今回の件に関してはUEFAやブンデスリーガが対応しなければならないだろう。”


はっきりしていることは、バイエルンがこのような行動をするのは珍しいという事だ。本来であれば、選手たちは大きなクオリティーを有しているため、このような行動をとる必要はないのだ。



しかしイタリアやスペインではこれらの行動が日常化していることも現実である。


このような演技に対して今後厳しくなる可能性はあるだろうか?


キンヘーファー:“審判も人間だ。時には別な判定を下したいこともあるが、スポーツ面ではそうすることは当然できない。試合は偏見抜きで判定されなければならないからね。


この元審判は個人的には、“このような事は頭に来るね。フェアプレーに反するからね。バイエルンはこのような事をする必要がないだろう。本当に悪いことだと思うよ。彼らは記者会見で人間の尊厳を要求していたが、フィールド上ではそれとはまったく逆の事をしている。これは言っていることがめちゃくちゃだね。”と語った。



そして多くのビルトの読者も彼と同じ意見だ。これまで12万7千人が投票しているが、64%がアンフェアーだと回答している。



コヴァチはそれに対して、自分を擁護している。“試合終盤はすこしガス抜きが必要だった。試合開始の最初の10分で時間稼ぎをしてくるチームもある。これも試合の一部だし、この議論は間違った方向に行っているね。”と語った。






以上です。


途中の元審判の発言ですが、審判としては演技を疑ってイエローカードを出したいところでも、実際にはそれはできない、という事を言っているんだと理解しました。


個人的には時間稼ぎは作戦の一部ではあると思いますが、演技はだめだと思いますね。ゴール前でダイブしたらイエローカードがでるんだったら、これもイエローカードが妥当だと思います。


しかしまあ審判が演技かどうかを判断することができないからこそ、この時間稼ぎが成り立っていたのに、それが演技であることをばらしてしまうとは・・・。


コヴァチは本当に言わなくて良いことを言ってしまいましたね。


今後バイエルン戦で試合終盤に誰かが足を攣って倒れていたとしても、相手チームはボールを止めることなくプレーを続けるのが良いと思います。




[ 2019/02/22 19:36 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(15)
恥ずべきことだ。
仮にも天下のバイエルンミュンヘンが。
それも監督主導でハビやコマンにやらせるなんて。
[ 2019/02/22 19:40 ] [ 編集 ]
 ゲームというものはルールを悪用しないプレーヤーの良心によって成立するものです。バイエルンに対しては審判も相手選手も紳士的である必要がなさそうだ。

 組織的に演技で時間を稼ぐぐらいですから、ダイブ行為なども組織的に推奨している可能性が高い。今後、審判達はそれを考慮してバイエルン戦の笛を吹くことになる。
[ 2019/02/22 20:02 ] [ 編集 ]
コヴァチは昔から割とハッキリものを言いますね
ドイツW杯では対戦相手の日本の事をインタビューされて「日本なんか眼中にない」と言ってたのを覚えます
中東ではこういうベットサッカーが盛んですが
先進国のましてやバイエルンの選手が恥も外聞もなく行うのは残念です
[ 2019/02/22 20:37 ] [ 編集 ]
バイエルンは今の所、2位で追いかける立場だからすっかり悪役稼業に徹してるな笑

一人勝ちやりすぎだからあと2年か3年は悪役中堅クラブやってればいいのに笑
[ 2019/02/22 21:14 ] [ 編集 ]
まぁ暗黙の了解みたいな感じですね。そこにわざわざ触れてしまったと…
正直サッカーのこういうところは本当だるくて嫌いですねぇ
[ 2019/02/22 21:19 ] [ 編集 ]
なんというか浅はかな人ですね。バイエルンを率いる器とは思えません。
[ 2019/02/22 22:27 ] [ 編集 ]
コバチの人間性がバイエルンとは合わないよ。中国とか東欧とかに行って欲しいね。
[ 2019/02/22 22:55 ] [ 編集 ]
言わなくていいことをわざわざ言うのは好きじゃないですね
上の方のおっしゃる過去の日本に対しての事といい、リスペクトを欠いてる人なんでしょうね
がっかりです
[ 2019/02/23 01:11 ] [ 編集 ]
そもそも時間稼ぎをする必要があるのか?
アウェイで失点に怯えて守備的に行った結果ホームでアウェイゴールに怯えるハメになる皮肉的な愚策
しかも相手センターバックは控えなのにも関わらずだ
こういうのをファンは批判できないどころか褒める始末だからバイエルンひいてはブンデスのレベル低下に繋がるんだよ
[ 2019/02/23 01:51 ] [ 編集 ]
つまり監督からしても選手にやってほしくない事だから公然と釘を刺したようにも見える。
内内で正々堂々を言っても聞かないんじゃないの?くらいは想像してしまう。
かといってメディアを使って直接的な表現で叱咤してしまうとそれはそれで問題が起きるだろう。
選手は必要だと思ってやった事だけど嘘を吐くのはどうかなって言ってるようにしか聞こえない。気のせいかな。
しかもコレってバイエルンだけの問題でもないわけでサッカー界通してでしょ。
ある意味問題提起しただけのような気もするよ。
コバチがーとかバイエルンがーというのは違うんじゃないだろうか。
[ 2019/02/23 13:10 ] [ 編集 ]
足が攣ったくらいで止めなくていいと思うよ
相手に怪我させられたわけじゃないんだし
[ 2019/02/23 15:50 ] [ 編集 ]
選手はフェアプレイ精神でボールを外に出していたし、審判も選手を守るためにプレーを止めてるのにね。
今後、審判が笛を吹かない限りプレーを止めなくてよいと思います。
これで一人倒れた状態でプレーが止まらず得点されても文句言えなくなりましたね。
[ 2019/02/23 20:24 ] [ 編集 ]
所謂中東戦術だろう
倒れたまんまだと審判が笛吹いてプレー止めるからどうしよもない
イタリアがースペインがーとは言うが、ブンデスリーガでも酷いと思うぞ
特に今期のドルトムントのロスタイムとか見ると良く判る
って、これぐらいマイルドに書けば良いのか?
[ 2019/02/23 23:37 ] [ 編集 ]
今朝のカラバオカップ決勝のチェルシーvsマンチェスターシティの交代での、ケパとサッリの大騒動を見るに、やはりこれは問題だと分かりますね。
誤解を与えるような行動で大騒動に発展してしまってるわけですから。

[ 2019/02/25 08:41 ] [ 編集 ]
つまり監督からしても選手にやってほしくない事だから公然と釘を刺したようにも見える。
内内で正々堂々を言っても聞かないんじゃないの?くらいは想像してしまう。
かといってメディアを使って直接的な表現で叱咤してしまうとそれはそれで問題が起きるだろう。
選手は必要だと思ってやった事だけど嘘を吐くのはどうかなって言ってるようにしか聞こえない。気のせいかな。
しかもコレってバイエルンだけの問題でもないわけでサッカー界通してでしょ。
ある意味問題提起しただけのような気もするよ。
コバチがーとかバイエルンがーというのは違うんじゃないだろうか。
[ 2019/03/13 01:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。