ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 「香川、いきなり昔の姿に!!」 キッカーで特集記事

本日のキッカーにこの間の試合でゴールをあげて活躍した香川選手の記事が掲載されましたので紹介します。






“この状態を長く続けられるようにしたいです。”


香川:いきなり昔の姿に!

201504210641397ae.jpgキッカーより引用


少しだけだが昔のレベルの輝きを見せた。なので彼の笑みもいつもよりも大きなものだった。それはまるで誰かがいきなり最初のドルトムント時代の香川真司をフィールド上に送り出したかのようであった。これはまったく謎であるが、このイングランドからカムバックを果たした選手は、彼の長所をこれまで埋もれさせていたのだ。


パダーボーン戦でのこの日本人は、実に久しぶりに試合を楽しんでいるようであった。軽やかな動きで、時間帯によっては、なぜBVBが長い間この失われた息子をマンチェスター・ユナイテッドからルール地方に取り戻したがっていたかを見ることが出来た。香川は2010年から2012年までの71試合で29ゴールと15アシストを記録しており、たった35万ユーロでセレッソ大阪からやって来たこの素晴らしい技術者は、ブンデスリーガ市場最もお買い得な選手として大きく騒がれていた。



昔の姿への第一歩がようやく踏み出された。そしてファンの前で再び昔の姿を見せた事による彼の安堵する様子を見ることが出来た。この中盤の選手はユルゲン・クロップが“世界最高の10番のうちの一人”と形容したほどなのだ。


スポンサーリンク



20150419060238b19.jpg

“僕は今シーズンはコンスタントに良いプレーを続けることが出来ませんでした。そしてずっとその事に腹を立てていました。ファンに対しても責任を感じています。”と彼は試合後のインタビューで通訳を通して語った。そしてこれからについては“この状態を長く続けられるようにしたいです。”と語った。


パダーボーン戦では今シーズン3ゴール目が記録された。それに加えて彼はこれまでに4アシストを記録している。この数字とキッカーの採点平均3,68はこれほどの選手にとってはもちろん議論をするほどの事ではない。でも本当に奇妙だ。香川はとっくの昔に彼がクロップのシステムを体得していることを証明しているのだ。ブンデスリーガは彼にとってはまったく新しいものではないし、多くのチームメートのことも知っている。その上彼は観客のお気に入りでもある。


彼がアジア・カップで冬の準備トレーニングに参加できなかった事は確かだが、彼がどうして動力源としてチームに定着していないかったのかは本当に謎である。彼のアイデア、そして繊細なパス、素早いターンとゴールへの動き。これらは全て彼のレパートリーである。しかし彼はいよいよ、より頻繁にこれらを披露しなければならない。





以上です。


香川選手らしいゴールを見せたことで、キッカーが香川選手に言及する記事を掲載しました。キッカーぐらいの雑誌だったら、“謎である”などと言っていないで、もう少し原因を分析する記事を書いてもらいたいところでしたが、まずはこの活躍を続けてさらに取り上げられるようになってほしいです。最後の“より頻繁に披露しなければならない。”という締めの文章ですが、“ついに力を発揮する時がやって来た。”といった感じのニュアンスの文章となっていますので、記者の期待が感じられました。日本語だとニュアンスが伝わりにくいかと思いましたので補足しておきます。

【おまけ今日のドイツ】

IMG_1368.jpg

ドレスデンのカトリック教会にあるオルガン

オルガン設計者ジルバーマンによるオルガンで装飾が大変綺麗です。




ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/04/21 06:35 ] ドイツの反応 香川 | TB(-) | CM(20)
不調が長い分、評価を取り戻すのもやはり何年もかかる。
[ 2015/04/21 07:53 ] [ 編集 ]
No title
香川の調子は10月くらいにとっくに戻ってたんですけどね。特にフォームは。ですが、本人がケガ隠してたとかチームの調子がいまいちだとかの理由で表面には出てきてなかっただけなんですけど。まあ、トップ下の成績はチーム状況に左右されやすいですから。
チームはブレイク明けから好調を維持してますし今までにない良いところも見せ始めてますので残り試合であとひと踏ん張りですね。
[ 2015/04/21 08:40 ] [ 編集 ]
管理人さんいつも有難うございます。
香川選手らしいゴールでしたね。
ゴール後の表情が香川選手のこれまでの苦悩、葛藤を表してました。
喜びよりも自分への腹立たしさや悔しさが出ていましたね。
辛い時期を乗り越えて更に強くなってほしい。更に進化してほしい。それが出来る選手だと思ってます。
こんなに惹き付けられる選手はいないと改めて思いました。

[ 2015/04/21 08:54 ] [ 編集 ]
No title
>“謎である”などと言っていないで、もう少し原因を分析する記事を書いてもらいたい

本当にコレ
豊富なスタッツもあるんだから、一、二試合の活躍ごとにこの手の記事出さないで、分析して欲しい

最近はスピードスター達だけでなく自分でも裏抜けの意識が高まってゴールチャンスも増えてきたからもう少し上乗せできそう
[ 2015/04/21 10:17 ] [ 編集 ]
No title
香川 がんばれ!!
[ 2015/04/21 10:30 ] [ 編集 ]
まだまだ様子見だよね。勿論爆発してくれることは大いに期待してますけど、ごじしんでドリブルが通用しないといっていたので、とりあえずペナ付近でうけてトラップとワンアクションでにくようにするのと、シュートの姿勢を見せてほしいですね。なにより、監督が変わりますので存分にアピールしてほしいです。
[ 2015/04/21 11:06 ] [ 編集 ]
No title
>ブンデスリーガ市場最もお買い得な選手として大きく騒がれていた
当時は極上の激安寿司とか表現されてましたねw
4,000万円の育成金だけで獲得したってことは最初は即戦力って感じじゃなかったのかなと思いましたがPSMでいきなり2ゴールを決めたりマンチェスターシティ戦でもゴールを決めたり大活躍でしたから、リーグ戦でいきなりの先発は当然かなとも思いました。
準備トレーニングに参加できなかった事実に加え、この記事を書いた人は開幕戦当初香川が足に問題を抱えていたことを知らなかったのでしょうか?
この試合でのゴールはGKをあざけ笑うかのようなゴールで香川らしさが出てました。
[ 2015/04/21 12:07 ] [ 編集 ]
素晴らしい翻訳。
あまり大きくない記事を掘り下げるとは、本当に有難いです。
[ 2015/04/21 12:52 ] [ 編集 ]
No title
カッガワ~シンジィ~!!
[ 2015/04/21 14:06 ] [ 編集 ]
No title
本当に、久しぶりに香川選手らしいゴールが見れて嬉しかったです。
ここのところ、ゴールに入ってくるタイミングがとても良かったので、あともう少しなんじゃないかと期待していたので本当に嬉しかったです。

香川さん自身も言ってましたが、これを続けていくのが大事ですよね。
つくづく、香川さんは本当に魅力的な選手だなって思います「心配をかける子」とか言われていますが、ドイツの方たちも同じ気持ちなんでしょうかね?!
[ 2015/04/21 15:24 ] [ 編集 ]
オフサイドだったけど二本シュート決めてるしかなり良くなってるな
[ 2015/04/21 16:13 ] [ 編集 ]
ムヒタリアンとの相性の悪さ。そんなところに、クロップ退任!そら、目的が一緒になりますやん
[ 2015/04/21 16:19 ] [ 編集 ]
No title
ほんとそう  オフサイドで幻になった一点目は
かつての電光石火の速さだったと思う
恩師の退任のタイミングといい、切ないですね
[ 2015/04/21 17:54 ] [ 編集 ]
No title
体が軽やかって表現がすごくわかる
香川自信、痩せて全盛期の時の体、バランスが戻ってきているのかなと思う
[ 2015/04/21 20:34 ] [ 編集 ]
No title
まーたフィジカル厨がわいてるのか。あれは田舎の素人集団の香川使った売名行為で実際はどうみても変わってないと思うよ。プレーエリアが違ってるのが事実だろうね。

プレーエリアがボックス内に入ってきてる事が多いんだよ。ここ数試合は。それまではロイスが前にでるから、2.5列目でプレーしてただけ。
[ 2015/04/21 22:05 ] [ 編集 ]
復活したーってコンディションさえ良ければボール捌きや一瞬のゲームメイク能力はずーっと超一流なんだけどね
まあ後はゴールだけだったよね
香川本人も継続しなきゃと言ってるから何かこのゴールで感覚を得たかもしれないなぁ
とにかくEL圏内に入れるように頑張ってほしいですね
[ 2015/04/22 01:00 ] [ 編集 ]
No title
たしかに香川選手、やせたような気がする。
マンUの2年目は、ファギ爺のあとにやってきた監督のフィジカル志向に合わせて筋肉をつけたようだけど、香川さんにとって体が動きやすいベスト体型は、ドル連覇時の頃なのかな。
今はそれとほぼ同じ体格になっているような。

マンUに行くのをやめていたら、今頃どうなっていたでしょうね…。
クロップと一緒にCL制覇していたかもしれない…なんて、しょうもない妄想をしてみたり。

現実を見ればチームは8位、リーグ戦もカップ戦も、とにかく香川さんが勝利の立役者となり、チームを導いてほしい。
[ 2015/04/22 01:28 ] [ 編集 ]
No title
フィジカル=筋トレ=悪って日本人勘違いしてるけど、間違いだよ。サッカーのクライアント持ってない田舎の理学療法士が金稼ぎの為に香川が調子悪い=筋肉だーの結論つけただけだから。

フィジカルトレーニングって体幹とか、陸上トレーニングも含まれるのに、ジムの筋トレだーって一斉に決めつけた。
ラグビーが発達してる国のメガクラブでフィジカルトレーニングがジムの筋トレメインとかそんな原始的なトレーニングしてるはずがないって冷静に考えたらわかるはず。

戦術でどう使われてるとか一切検証されてないし、戦術論とフィジカルトレーニング論が日本ではまともに語られないからああいう理論がうまれるんだよ。
433の香川に得点がーとか言い出すし。

代表も体脂肪が多いニュースでダイエットとかに結び付ける理論が出たし、日本はちょっといろんな知識が足りてなさすぎる
[ 2015/04/22 05:33 ] [ 編集 ]
No title
香川痩せてたね
体重絞って明らかにかつての柔軟性が戻ってた
プレミア行ってフィジカル負けしないように筋肉つけたけど、逆効果だった。今の体型が香川にとってベストだと思う。ダイエット成功?w
[ 2015/04/22 07:38 ] [ 編集 ]
No title
筋力をつける事自体は問題無いでしょうが、つけ方によって香川の得意とする俊敏性だったりが鈍ってしまう事はあると思います。

それは各国やクラブのトレーナーによってフィジカルトレーニングの違いから来るものだと思います。欧州でも香川のようなタイプはあまりいないので、ユナイテッド、特にモイモイ時代のトレーナーは香川の長所を潰すようなトレーニングをしてしまった部分があると思います。彼は本田みたいに個人トレーナーを付けているような話を聞いた事はありませんでしたので。

ドルトムントなら香川を良く知っていますし、香川自身も改めて自身のプレースタイルを見つめ直して体作りをやり直してる事はあると思います。

ただ体格自体は特に変わってないと思いますね。以前の所属時よりもがっちりした体型になってると思います。感覚の部分は大きいと思うので、そろそろ以前の自分を思い出してきてるように思います。この勢いでEL優勝、来季はシャーレ奪還を期待したいです。
[ 2015/04/22 11:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。