ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!元BVB監督ペーター・ボシュが率いるレヴァークーゼンに3:2で勝利!《ドイツの反応》

【ビルト】

bvb90.jpg


BVB対レヴァークーゼン 3:2

ドルトムント!プレッシャーに勝利!



このゴールがドルトムントを解き放つ!



ザガドゥー、サンチョ、ゲッツェ!3ゴールで3ポイント!そしてバイエルンと勝ち点3ポイント差だ。


スポンサーリンク


レヴァークーゼンを相手にドルトムントは3:2で勝利したが。それも負傷したマルコ・ロイス抜きで。これでドルトムントの小さな危機はとりあえず終わった。最も大きなプレッシャーは去って行った。


マネージャーのツォルクはスカイに対して、“非常に不慣れな状況だったね。勝利は何事にも代えがたいよ。今日は最後まで良く守ったね。”と語っている。


試合序盤はレヴァークーゼンが試合をコントロールする。ツォルク:“序盤は本当に相手をコントロールすることができなかった。攻撃もうまくいかなかったしね。”


最初の15分はバイヤーが70%もボールを保持しており、さらに25分が過ぎた段階ではシュート数も5:1となっていた。それまでパコ・アルカセルはたった3回しかボールに触れず、まったく消えていたのだ。アルカセルがこれよりも悪かったことはかつてないだろう。元ドルトムント監督のペーター・ボシュもどうやら勝利の鍵を見つけたかのように見えた。しかしそれはあくまでそう見えただけだったのだ。


サンチョが28分に放ったドルトムント最初のシュートがドルトムントの目を覚まさせる。その2分後にザガドゥーがサンチョのコーナーからゴールを決めている。これがその後の怒涛の8分間の始まりだった。



33分にはアルカセルがPエリア付近からゴール上へシュートを放つと、37分にはグラートバッハが同点に追いついている。フォラントがハヴェルツの連携からゴール左へと決めたのだ。


しかしドルトムントは気を抜かなかった。その22秒後にディアロのクロスからサンチョがボレーで直接決めて2:1としたのだ。1:1から2:1となるまでレヴァークーゼンの選手は誰もボールを触っていない。




レヴァークーゼンのキーパー・ラデツキー:“守備における悪いプレーで、それまでの良いパフォーマンスを台無しにしてしまった。”



ニュルンベルクに0:0で引き分けてから約一週間がたったが、スーパー・サンチョが返ってきた。この若きイングランド人は3ゴールすべてにからんだのだ。さらに前半の対人勝率は69%だった。



後半は60分にゲッツェがゴールを決め、さらにその後アルカセルが4:1となるゴールを決めたかに見えたが、それはオフサイドだった。


75分にはレヴァークーゼンのターがフリーキックからヘディングでシュートし、3:2となるゴールを決めている。


ドルトムントは金曜日にアウグスブルクと対戦し、その次の火曜日にトッテナムとチャンピオンズリーグ敗退を避けるために戦う。






以上です。


今日は立ち上がりからレヴァークーゼンに圧倒されてばかりでどうなると思いましたが、良い所で点が入りましたね。セットプレー、そして点を取られた直後のゴールで流れが来ましたね。


レヴァークーゼンは常に4,5人が敵陣に残って最初からプレッシャーをかけに行っていましたね。なかなか見ごたえがありました。あの最初の時間帯に決められなくて本当に良かったですね・・。


後半は4:1になりかけたあたりからドルトムントは少し気を抜いたような感じになりましたが、さすが負けるわけにはいかなかったので、最後まで守り切りましたね。ターがゴールした場面では誰も彼をマークしていなかったので、本当に気分が盛り下がりました・・。今日はとりあえず勝って一安心です。




[ 2019/02/25 06:03 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(9)
今日は433で真ん中は3ボランチの形でやらしてたから前半押し込まれたのはしょうがない。つかこれでレバークーゼンは高い位置取りしてたからサンチョとゲッツェが動けるスペースができた。
サンチョの勝ち越しゴールは難しいの決めたね。前にプレヤー被っていたから合わせにくかったはずなのによくボレー決めてくれた。
とはいえ、おかしなところがまだある。カウンターのプレスが効かないからリードしても逃げ切れないし、相変わらずセットプレーで失点。2点目のとこ、なんでターをどフリーにできんのかな?自陣ゴール前で2mをフリーにするのはまったく理解できん。
まぁとにかく来月はゲームとゲームの間隔あくし壊れてるとこはちゃんと整備してもらいたいですよ。
[ 2019/02/25 06:40 ] [ 編集 ]
ゲッツェのシュートよく入りましたね
運が良すぎます
[ 2019/02/25 06:54 ] [ 編集 ]
やはり戦術サンチョか
ロイス復帰まではサンチョで逃げ切れるかの博打サッカーやでこれ
[ 2019/02/25 08:13 ] [ 編集 ]
ドン引きすれば何も出来ないと解っていても攻めてくるボシュに乾杯
[ 2019/02/25 08:18 ] [ 編集 ]
とりあえずはこれで軌道修正できましたか
勝ち点差は3で直接対決もあるので安心は出来ませんが

最近の流れだと同点弾決められてるところなのでそこはよかったです
ターの場面は今後ないようになんとかしないと…
[ 2019/02/25 08:39 ] [ 編集 ]
セットプレーの失点多いね
でもサンチョ、ゲッツェ、ザガドゥナイスゴール
[ 2019/02/25 12:48 ] [ 編集 ]
ボスが引かずに高い位置保ってくれたからサンチョ以外のゴール生まれたわけだしナイスってのは違う、それに修正出来たわけでもないから少しも安心出来ない、次節は引いてくるアウクスブルクだからそこで対策打開出来るかが肝だね、まだファブレやゲッツェが信用出来るわけじゃないよ
[ 2019/02/25 18:28 ] [ 編集 ]
先ずは勝ち点3をゲット出来て良かったです。
よく守り切りましたし、まだまだ若いメンバーばかりで、
本当に強いなと思うチームと率直に思えないのですが、
自信を深めてどんどん良くなってくれればと願いを込めて思っています。
逆にレバークーゼンはこのところの好調が良くわかるチームでした。
押し上げてばかりでなく、前線の選手のパスワーク、プレスもなかなかでしたね。
ボシュ監督ももともとアヤックスを率いてEL準優勝迄した監督ですし、
もっともっと強いレバークーゼンを作って、ブンデスを楽しくしてほしいです。
[ 2019/02/25 19:06 ] [ 編集 ]
ヴァイグルのボールタッチとヴィッツェルの散らしがよかったですね ゲッツェのシュートもこぼれ球とはいえ精度も勢いもありました ザラッと言っていい試合だったんじゃないですかね 
[ 2019/02/25 19:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。