ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》香川、ミキタリアン、ギンター「まだ僕らがいる!」ドイツ紙記事!

昨日、キッカーより香川選手の記事(オンライン版)を取り上げましたが、今日は昨日発売したキッカーよりパダーボーン戦での試合レビューの記事を紹介したいと思います。ギンター、ミキタリアン、香川選手が活躍したことで、それぞれに言及するコメントがありました。




まだ僕らがいる!!


201504201646277f3.jpg



BVBは決心してヨーロッパを目指す:何人かの地位の揺らいでいた選手たちも、ここの所ものすごく良くなっている。その中でもマティアス・ギンター(21)は今までで一番力強いパフォーマンスを見せた。




2つの目標がある。そしてそれは今となっては相応しいものだ。“僕らはトレーナーとの別れを素晴らしい物にしたい。”とマルセル・シュメルツァーは語る。そしてそれはポカール優勝と、リーグ7位を意味している。


ミュンヘンとグラートバッハでの敗戦での後で、パダーボーン戦での勝利はヨーロッパへの宣戦布告としてはそれほど大きなものではなかった。しかしドルトムントが後半戦に入ってから、時々ではあるが昔の姿を見せてくれるようになったのだ。


何度かの敗戦がドルトムントを中位に押しとどめているが、まだヨーロッパリーグは可能だし、一年間インターナショナルな試合から遠ざかり、ただの観客となることは避けられるかもしれない。ブンデスリーガ第5節以来、再び一桁台の順位に戻ってきたのだ。そして12試合中6試合目となったこの試合では、これまでに批判にさらされてきた3人の活躍が大きな決め手となった。これからの躍進に向けてこのトリオのモットー:それ行け、僕らもまだいるじゃないか!!




マティアス・ギンター

今回は6番として大きな存在感を示し、説得力のあるパフォーマンスを見せた。競り合いにも強く、前への組み立てにおいても良かった。シーズン序盤でつまずいてしまったが、今回のパフォーマンスはBVBのユニフォームを着て最も良いパフォーマンスとなった。彼は最近のキッカーにおいて、出場時間が少ないにも関わらず、BVBへと移籍したことは彼のキャリアの中では重要な意味を持つと語っている。“僕は後悔していない。”と。

 彼が試合4分に放った勢いの良いシュート相手キーパーのルーカス・クルーゼを試すものであったし、その後も守備と攻撃の両方において高いレベルを示した。それに加えて彼は2:0となるオバメヤンのゴールをアシストし、これは彼のブンデスリーガ83試合で初めてのアシストとし、元フライブルクの選手の多様性を証明するものとなった。彼がドルトムントにやって来たのは、そもそもセンターバックとしてだけではない。彼が6番としてもプレーできるからである。


201504220626310d0.jpg



ヘンリク・ミキタリアン

チームのメンバーの中で最大の謎。しかし今回は奮起した。ヘディングで先制点をあげ、その後も3:0となった香川真司のゴールをアシストしたのだ。素早く、とても積極的でアイデアにも優れ、技術的にも優れていた。この状態だったら、彼がボルシア・ドルトムントから去るという質問を禁止するに値するだろう。3:0で勝利したシャルケ戦でも彼は奮起しゴールを挙げていたが、その後はまた数週間、彼の類まれな力を証明できないでいた。


2015042206265253f.jpg



スポンサーリンク


香川真司


マンチェスター・ユナイテッドからカムバックを果たした彼も、これまで継続的に、彼のかつての姿を示すことができていなかった。しかし彼が何も忘れてはいなかった事をこの日本人はパダーボーン戦での素晴らしいパフォーマンスで披露してみせた。そしてそれは彼のシーズン3ゴール目で飾られることになった。“継続的に良いプレーが出来なかった事でファンに責任を感じています。そのことについてはものすごく腹が立っています。”と彼はとても自己批判的である。“シーズン終了までこの状態が続けられるようにしたいと思います。”他の二人の選手のパフォーマンス向上とうまく合わされば、ヨーロッパへの重要な切り札となるだろう。

201504190602332e4.jpg






以上です。


本当にこの記事のようになってほしいものです。ギンターは6番でプレーした時は結構いいですよね。まだ21才ですから大きく成長してほしいです。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_1275.jpg

3頭の山羊
近所のヤギも3頭力を合わせているみたいですね。それとも力比べでしょうか?


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball



[ 2015/04/22 06:30 ] ドイツの反応 香川 | TB(-) | CM(6)
No title
香川のゴールをアシストしたムヒ、
あの時ほぼワンタッチでボールを香川のところに出してくれたからゴールになったけど
いつものようにドリブルしてから出してたら香川はDFに阻まれて多分ゴール出来なかったよね。
ムヒが判断早くシンプルにプレーしてくれればムヒも周りも上手く行くんだから
あれを続けてほしいな。
[ 2015/04/22 08:07 ] [ 編集 ]
No title
バダーボーン戦でもっとも目についた選手はギンターでした。20才でナショナルチームに選ばれた片りんをやっと見せてくれました。普通、身長がありながらキレで勝負できるタイプはあまりいませんがこの選手は例外です。プレイエリアが広いですし、何よりゲームを組み立てる能力があるのがいい。フンメルスやシャヒンが不安定になっているので、是非ブレイクしてもらいたいです。
[ 2015/04/22 09:34 ] [ 編集 ]
No title
面白い写真ですね!!

バイエルンは本当に強いですね。
でも、クロップ監督のためにもポカールがんばって優勝してほしいです。
特に香川さん、ムヒタリアン、には期待してます。
リーグ戦も意地をみせてほしいです。
ロイスは怪我なのでしょうか?
[ 2015/04/22 10:40 ] [ 編集 ]
No title
このムヒタリアンが好調な原因はロイス不在が関係しているのではないでしょうか?
ムヒタリアン・香川・ロイス、3人とも真ん中に入って仕事をしたがる選手です。

その中の一人、ロイスが不在なことで逆にムヒ・香川が上手くいっている皮肉。

3人揃うともっと出来そうでも、本当に揃ったら・・・難しいところです。

3人揃っても、CFがポストプレーが上手い選手なら状況も変わるかもしれませんがオーバも良い選手ですので、もどかしいですね。
[ 2015/04/22 11:02 ] [ 編集 ]
No title
おまけの写真と管理人さんのコメント、とても気が利いていますね。

まるで香川のシャレオツなワンタッチパスみたい(笑)
[ 2015/04/22 11:33 ] [ 編集 ]
No title
しんじくん、ピルロみたいなプレーより前線はってたほうがいいね
[ 2015/04/22 18:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。