ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川!フェネルバフチェとのダービーで先発なるか?ドイツ紙も注目!マッチプレビュー《ドイツの反応》

【ビルト】

kagawaw85.jpg


ベシクタシュ対フェネルバフチェ!

香川!スタメンデビューとなるか?


トルコのスーパー・リーグが熱い!!月曜日の第23節の試合では伝説的なイスタンブールのダービーが行われるのだ。19時にベシクタシュ・イスタンブールがフェネルバフチェ・イスタンブールを迎えるの。



ベシクタシュは再び勢いを取り戻している。ヨーロッパリーグで敗退した後で、このセニョル・ギュネス監督のチームがようやく軌道に乗り出したのだ。その好調の原因の一つがローン移籍で獲得したアデム・リャイッチの獲得だ。FCトリノから移籍してきたこのセルビア人は現在チームの要となっている。また今回のダービーでは、この冬ベシクタシュからフェネルバフチェに移籍したトルガイ・アルスランの存在にも注目が集まっている。さらに香川真司がスタメンでデビューするだろうか?この日本人がプレーメーカーのリャイッチを補う可能性が高いとみられている。



スポンサーリンク




フェネルバフチェの今シーズンは非常に山あり谷ありだ。彼らはリーガでは降格しないようにプレーしているが、その分ヨーロッパではうまくいっていた。しかしエルスン・ヤナルが率いるチームにとってはそれも今週で終わっている。フェネルバフチェはセカンドレグでゼニト・サンクト・ペテルスブルクに敗れているのだ。その試合ではメメト・トパルが悲劇とのヒーローとなっている。フェネルバフチェは月曜までにそのショックから立ち直れるだろうか?


予想


セニョル・ギュネスにとっては昨年秋は非常に難しい時期だった。シーズン序盤こそ好調だったものの、その後ベシクタシュは不調に陥っている。ベシクタシュは5試合で1勝しかできず、7位まで順位を落としてしまったのだ。さらにヨーロッパの舞台でもうまくいかなかった。ベシクタシュはマルメーとの決定的な試合にすべて敗れて3位になってしまったのだ。しかしそれ以降リーガでの成績は上向きとなっている。


しかしセニョル・ギュネスのこのチームはここ最近5試合で4勝を挙げており、順位も3位まで上げている。その好調の原因は新加入のアデム・リャイッチだ。このセルビア人はこの夏までFCトリノからローンで移籍している。彼は時間を必要としたが、ようやく慣れたようである。彼はここ5試合で2ゴール4アシストを記録しているのだ。それだけに彼がダービーに出場できないことは痛手となる。彼はマラトヤスポール戦で2:1となるゴールを挙げた後で、イエローカードをもらって出場停止となるのだ。



そしてその代わりに出場するのが香川真司とみられている。香川はこの冬ボルシア・ドルトムントからボスポラスへと移籍している。香川はデビュー戦でいきなり2ゴールを挙げている。そしてようやくこのプレーメーカーがスタメンデビューを祝う事ができるとみられている。


またダービーではトルガイ・アルスランにも注目が集まっている。彼はBVBのユース出身だが、この冬320万ユーロでベシクタシュからフェネルバフチェへと移籍しているのだ。



ではフェネルバフチェの方はどうだろうか。フェネルバフチェでは絶賛されていたフィリップ・コク監督が11月に解任されている。そしてフェネルバフチェはまだこのシーズン序盤の壊滅的状況から回復しきっていない。エルスン・ヤナル監督になってから調子は良くなっているが、それでもチームは15位で、現在降格圏何いるアンカラと同ポイントなのだ。




その代わりと言ってはなんだが、ヨーロッパリーグではうまく行っていた。フェネルバフチェはグループリーグを突破しており、次のラウンドでもペテルスブルクを相手に最初の試合では1:0で勝利していた。しかしセカンドレグでは大きなドラマがあった。その悲劇のヒーローとなったのがメメト・トパルだ。彼は1:2となるゴールを決めているが、この時点ではアウェーゴールでフェネルバフチェが突破する事となっていた。しかし76分にはトパルがペナルティー・エリアで相手選手アズモウンにボールを渡してしまったのだ。彼はそれをフリーで決めて1:3としているのだ。フェネルバフチェにはこのショックから立ち直るには時間が短すぎる。


このイスタンブールの直接対決ではフェネルバフチェが明らかに有利だ。これまで44度戦っているが、フェネルバフチェが22勝している。ベシクタシュが勝ったのは11試合だけだ。9月に行われたダービーは1:1の引き分けに終わっている。




アドバイス


順位差を考えれば、3位と15位の対決なので、その差は明らかだ。しかしダービーではその規則は当てはまらない。


ベシクタシュはリャイッチという重要な選手を欠くことになるが、しかしギュネスは香川という有名選手を手にしている。フェネルバチェは降格圏から抜け出すためにもどのポイントでも欲しい所だ。彼らも調子を上げてきているが、我々はホームで試合を行う事になるベシクタシュの方が有利であるとみている。






以上です。


ダービーという事でビルトでも記事が取り上げられていましたが、最後のアドバイスの項目は、どちらのチームが勝つか賭ける人向けのものですね。それだけイスタンブールダービーは注目度が高いようです。


せっかくプレビューを読んだのでぜひとも試合を見てみたいところですが、残念ながら管理人が契約しているスカイでは放送されないんですよね・・。



[ 2019/02/25 09:36 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(10)
コクーがフェネルバフチェの監督をやっていたとは。。懐かしいですね。
香川は「フィジカル面は万全ではないかもしれない」と書かれていましたが、デビュー戦はDAZN(日本)の歴代視聴数1位を記録したようですし、凄まじく注目されているので活躍を期待しています。
[ 2019/02/25 09:51 ] [ 編集 ]
スタメンを決めるのはメディアや記者ではなく監督ですから、まあ発表を待ちましょう。
[ 2019/02/25 10:48 ] [ 編集 ]
トルコのダービーはかなり激しいことで有名なので楽しみです
近年の放映権の争いは大きなお金を生んでいますが見る側からしたらしんどいですよね
日本ではブンデスリーガのみスカパーで他はダゾーンになってしまいブンデスを見る人は大きく減ったんじゃないでしょうか
トルコ、CL、他主要リーグや他のスポーツも安く見れるのはありがたいですが

ただダゾーンも採算をとれていないと聞いたことがあり今後どうなるか分かりませんし難しいですね
[ 2019/02/25 12:55 ] [ 編集 ]
現在の香川真司にとって「先発」というのは
優先順位として一番ではないように思うけれど、
マスコミは先発という言葉に反応することが多いですね。
[ 2019/02/25 13:11 ] [ 編集 ]
まあスタメンで出るなら出るほうが良いが出場時の勝率がリャイッチより高いから、それよりもゴールアシスト等の目に見える数字の方が大事、香川ならやってくれるだろうけどね
[ 2019/02/25 15:36 ] [ 編集 ]
スタメンでも途中からでも良いからとにかく勝利に貢献して欲しいですね。
[ 2019/02/25 18:00 ] [ 編集 ]
過去のダービーの試合探してみてみたら試合そっちのけで結構バチバチでしたよ
ブンデスのダービーとは違い選手達が荒ぶるのでちょっと心配になります
香川が怪我しないよう祈りつつ、頑張ってほしいです。
[ 2019/02/25 18:48 ] [ 編集 ]
楽しみですね。
試合は、日本時間で26日午前3時からと
かなりリアルタイムで視聴するのは辛いのですが
早起きして観たいと思います。

[ 2019/02/25 19:10 ] [ 編集 ]
あらぶる試合はちょっと、巻き込まれて怪我等絶対しませんように!視聴出来る環境にないのでそれだけ祈っておやすみなさい!
[ 2019/02/25 23:36 ] [ 編集 ]
ここの人は反対ばかりしてたけど香川先発だったね、1A1PAで怪我もなく相手DFも軽くいなしてた
3-0から最後は追いつかれたこと後半はフルの体力や試合勘がまだ戻ってないのか疲労感あったが本当別格だった
逆にベシクのサイドボランチは酷すぎる、勝手に仕掛けてロストばかりするしパスにしても前にただ出すだけで相手にすぐ奪われてばかりだった
トルコも中々レベル高いから残るのもアリなんて言ってた人が居たが、こんなんじゃ香川まで錆びつくだけだと思うね
[ 2019/02/26 05:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。