ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

リヴァプール監督!握手をめぐってまたひと騒動!!キャプテンを批判!《ドイツの反応》

【ビルト】


klopprp.jpg

またしても握手をめぐる騒動だ!

クロップ、キャプテンを激しく批判!



またしても握手をめぐる騒動だ!


リヴァプールの監督はマンチェスター・ユナイテッド戦でキャプテンのジョーダン・ヘンダーソンを72分に下げた。このイングランド代表はファンに大きな拍手をもって称えられていたが、ファンはサイドラインで繰り広げられたこの騒動にも注目したようだ。

スポンサーリンク



クロップはヘンダーソンに対して手を差し伸べようとして待っていたが、ヘンダーソンはクロップを無視したのだ・・。


クロップはそれを受け入れることをせず、ヘンダーソンを捕まえると、彼にはっきりと何かを語っていた。ヘンダーソンはこの議論の後で、一度を無視した握手をしたがフラストレーションをためた様子でベンチに座っていた。


リヴァプールは現在好調のマンチェスター・ユナイテッドを相手に1ポイントは獲得したが、そのパフォーマンスは満足できるものではなかった。マンチェスター・シティとのポイント差は1ポイントとなっており、優勝争いはまったくわからなくなっている。


クロップは先週のチャンピオンズリーグ・リヴァプール戦でバイエルンのコヴァチ監督に握手を待たされるという場面があった。バイエルンの監督はクロップに握手するよりも先に控え選手と握手をしていた。






以上です。


クロップはまたしても握手を無視されたようですが、今回は明らかに意図的だったようですね。さすがにクロップもこのような行動を無視することはできませんね。その場でその行動を正そうとするのはさすがです。





[ 2019/02/25 20:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
最近はややワガママな選手が目立つ気がします
昔の方があくが強いというか尖った選手が多かったですが
[ 2019/02/25 20:27 ] [ 編集 ]
CL含めてここ5試合で1勝、2位との勝ち点差が1
ドルトムントと同様に激しい追い上げのなかでかろうじて1位にとどまっているけど
チーム内の雰囲気は相当切羽詰ってきているのだろうな
[ 2019/02/25 20:52 ] [ 編集 ]
求心力が落ちてきてるんですかね
[ 2019/02/25 22:56 ] [ 編集 ]
あー、明らかに握手避けてたもんな
あれはないなとは思ったな
[ 2019/02/25 23:21 ] [ 編集 ]
これがこれこそが監督、愛も躾も同等に与えないと規律は生まれない
それにドルトムントとは違ってリバポはスカッド管理と選手マネジメントが難しいだろうからね、プレミアとブンデスの上位クラブレベル差も全然違う、ファブレがリバポの監督してたらあっという間に中下位に落ちるだろう少し前のマンユみたいに
[ 2019/02/25 23:57 ] [ 編集 ]
 選手を優れたアスリートに育てる以上に、一人前の社会人に育てるのが優れた指導者だと私は思います。名将ファーガソンは選手達のエゴに向き合って彼らを大人にする事への労を厭わなかった。
[ 2019/02/26 15:25 ] [ 編集 ]
え、ビルトって裏を取らずにこんな事書く新聞社なんですか?
今更書くのもアレですが、これ実はクロップが握手を求める寸前にLFCの別のスタッフから話しかけられていたんですよ、リプレイ見ると分かります。
で、それに気づかないでクロップはヘンドに怒ったんですけど、ドレッシングルームに戻った時?にクロップはヘンドと周りのスタッフにどういう状況だったか教えてもらって結局ヘンドに謝罪してます。
確か次の試合の前の会見でクロップ自身が「ヘンドに謝ったよ」と言ってたはずです。
[ 2019/03/14 20:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。