ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ベシクタシュ香川!ダービーで先発デビューし1アシストの活躍!試合は引き分け!《トルコメディアの反応》

【Internethaber】

ka2.jpg

ベシクタシュとフェネルバフチェ戦ハイライト!


トルコ・スーパー・リーグの第23節ではベシクタシュとフェネルバフチェが対戦した。ベシクタシュではゲカン・ゲニュルが開始10分にゴールを挙げると、さらに18分と45(+2)分にブラク・イルマスがゴールを挙げて前半を3:0で終えている。しかし後半には55分にザイッチが、62分はサディクが、そして67分位はハザン・アリが得点している。試合は3:3の引き分けに終わっている。



スポンサーリンク



トルコ・スーパー・リーグではベシクタシュとフェネルバフチェが対戦したが、非常に息をのむような展開となった。前半はベシクタシュが3:0とリードしたが、後半はフェネルバフチェが3点を入れ3:3の引き分けに終わったのだ。


ベシクタシュは好調な出だしを見せ、10分で先制点をあげている。香川のフリーキックから右サイドにいたヴィダが中央へ折り返し、それをゲカン・ゲニュルが決めたのだ。ゲカンは元クラブ相手に初ゴールを決めたことになり、ゴールパフォーマンスは控えている。

ka1.jpg



15分にはゲニュルが相手のファールでペナルティーエリア内で倒れこむことになった。ビデオ審判の介入によりPKとなり、ブラク・イルマスがPKを決めている。これはブラクにとって今シーズン3ゴール目となっている。


さらに前半のアディショナルタイムにもドリブルから相手をかわし、追加点を挙げている。


後半はフェネルバフチェの試合に戻ってきた。後半からアイェフとヴァルブエアナがプレーし、その10分後に一点を返したのだ。55分にザイッチがフェネルバフチェ初ゴールを挙げている。そしてこれがフェネルバフチェに希望を与えることとなった。



さらに62分位はサディクがフリーキックからフェネルバフチェの追加点を挙げ、さらに67分にはハザン・アリがキャリアで最も美しいゴールを挙げている。



試合は最終的に3:3で終了し、引き分けで終わっている。ベシクタシュは現在40ポイント、そしてフェネルバフチェは25ポイントとなっている。





【Duhuliye】※おまけ

ハカン・アルトゥンが香川チャントを歌う!

トルコで有名な歌手ハカン・アルトゥンはベシクタシュのファンであるが、香川真司のチャントを録音した。








以上です。


香川選手がついにスタメンデビューを果たしましたね。先制点は香川選手のフリーキックから、そして3点目は香川選手のアシストとなっていますね。フリーキックも任されていたので、香川選手の活躍が目立っていましたね。


香川選手は開始早々相手に削られて、正直かなり焦りましたが、無事にフィールドを後にすることができたので安心しました。できれば3:0のまま快勝となってくれればいう事なかったでしょうが、ダービーとしては歴史に残る展開でしたね。4:0から4:4に追いつかれたレヴィーア・ダービーを思い出しました・・。



[ 2019/02/26 06:20 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(8)
3時に起きました。
ターンの鋭さは健在ですね。
もっとシュート狙ってほしいな!
次節はリャイッチとの連携に期待。
[ 2019/02/26 07:02 ] [ 編集 ]
香川選手 いきなり倒されて本当にドキドキしました。やはり かなり荒いですね。
あのスルーパスは 香川選手らしい絶妙なパスで感動しました。
3点リードからの引き分けは 負けた気分で残念ですが、香川選手の躍動が見られて嬉しかったです。
あの最後のチャント 色んなSNSで拡散されてますが、トルコで有名な歌手が歌ってたんですね。ミニ知識ありがとうございます😁
[ 2019/02/26 07:04 ] [ 編集 ]
最早レヴィアダービー懐かしい
ちなみに他の2得点も起点になってたから1A2PAだと思うよ
[ 2019/02/26 07:29 ] [ 編集 ]
もっとシュート打って欲しいって…香川が前に居てもツーボランチはパス出さず上がってくるしサイドはドリブルで持ち上がって奪われるだけ
三点目のアシスト以降は自陣で守備に奔走させられて殆どバイタルでボール受けられてないのにどうやってシュートしろと?ミドルサードからシュートしても入るわけないですよ。
[ 2019/02/26 07:34 ] [ 編集 ]
3時から生で見てしまった。起きて良かった!って思えた試合。(勝って欲しかったけど…)香川のキレキレの活躍見られたし、ダービー独特の感じが楽しめた。

問題点は、相手監督がハーフタイムに対策して来て、選手交代したのと香川対策したのが効いてた。
香川に3人も寄せてきて、それでもロストしなかったのは流石だが、誰か香川にフォロー行けよと!

後、乱闘後の相手がFKで得点した事から、テンション上がってペース上げたのと反対に、味方が焦りだしてロングボールに頼りだしたり、無駄に下げたりと、前半とは違ってしまったのが敗因。
香川はダービーでも圧倒的存在感。前半のタッチ数がチーム2位。これは攻撃的選手としては、有り得ないくらい高い→信頼関係築けてるし、皆が頼っている証拠。

香川は下げられてベンチで不満そうだった(下げられた事よりも後半の味方について)。香川と他の連帯は出来てきてるけど、他と他との連帯が今ひとつ。パスミス多すぎ、息を吐く如くロストする…
[ 2019/02/26 10:12 ] [ 編集 ]
なんつかハチャメチャ試合だったな笑
肉弾戦があるかと思えばテクニカルなゴールもあったり、なんでもありだった笑
香川はとりあえず元気だった。
狭いとこ、球際のテクニックはやはり図抜けてた。
とはいえファールがかなり多い。
ここんとこだけは注意してやってもらえれば数字は後から付いてくるかな?という印象でした。
[ 2019/02/26 11:43 ] [ 編集 ]
香川自体はかなりキレてましたね
あのレベルで動きがいいのはかなり久しぶりに見れましたしとりあえず完全に干される前の状態には帰ってきたと言えますかね

残念なのは後半にロングボール主体になって消えてしまっていたこととチームが追い付かれたことですか
それでもサポーターには完全に実力を見せたと思いますし今後はスタメンで使われていくだろうと思わせてくれる内容でした
[ 2019/02/26 12:39 ] [ 編集 ]
香川、上手かったですね。
5ヶ月ぶりのスタメンとはとても思えないほど。
DAZNで解説していた松原さんが、ハーフタイム後に「今、トルコのテレビで香川ずっと絶賛されているらしいですよ」と話していました。
前半のあれだけ質が高い司令塔っぷりは、今シーズンのベシクタシュでは一度も見られなかった光景でしょう。
トルコのジャーナリストが「他の選手を外して、全てのゲームで香川を起用すべきだ。こんな良い選手がトルコへ滅多に来るものじゃない。ベランダ(ガラタサライ10番)よりはるかに優れた選手だ」と語っていました。
[ 2019/02/27 06:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。