ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「ダービー前半は香川ショーだった!」「香川のお面をかぶったファンがサポート」《トルコメディアの反応》

【Fanatik】

kagawa70.jpg


香川!45分のショー!



ベシクタシュのダービーの前半を象徴する名前は、他でもない香川真司だった。



ベシクタシュのダービーの前半を象徴する名前は、他でもない香川真司だった。この日本人はまだフィジカル面で後れをとっているにも関わらず前半の45分間で素晴らしいパフォーマンスを披露している。この29歳は攻撃の起点となり、さらに相手選手をかわし、味方選手のポジションを作り、手助けをしている。香川は85分で交代となったが、今のフィットネスレベルで何ができるか示している。


スポンサーリンク


【tümspor】

kagawaa.jpeg


香川のお面をかぶってサポート!


ベシクタシュのファンは香川をサポートするために香川の仮面をかぶって応援している。またこの仮面以外にもファンは香川のためにバナーを用意している。またベシクタシュからフェネルバフチェに移籍した トルガイ・アルスランに対してもファンは反応を示した。

ka1.jpg



ベシクタシュとフェネルバフチェのダービーではカラフルな絵が見られることとなった。香川真司がベシクタシュでスタメンデビューするや、ファンは彼を応援するバナーを掲げたのだ。そしてさらに香川のお面をかぶって彼をサポートしたのだ。


またベシクタシュからフェネルバフチェにいせきした トルガン・アルスランに対してもファンはある種の反応を示している。






以上です。

先ほど監督の批判発言の記事を紹介しましたが、同メディアが香川選手の前半戦のパフォーマンスを称える記事も出していましたので、紹介します。あのまま勝っていればダービーのヒーロー扱いだったかと思うと同点になってしまったのは残念ですね。


また香川選手のお面をかぶって応援するファンもニュースになっていました。相変わらずの歓迎ぶりですね。


またフェネルバフチェに移籍した選手に対する反応がどんなものだったのか触れられていませんでした。最初はブーイングだろうと思いましたが、2015年から4年間プレーした選手のようなので、お別れ的な温かい反応だった可能性もありますね。





[ 2019/02/26 19:00 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(2)
香川は60分頃までは本当に素晴らしかったですね。
やはりとあのリーグでは別格で上手いですし、完全にチームの中心として、王様のように貫禄を漂わせていました。
3人に囲まれても奪われないですし、ファウルでしか止められてませんでしたね。
5ヶ月ぶりの初スタメンという事で、もうちょっと早くに交代するのかと思っていましたが、けっこう終わりまで引っ張っていたのですね。
やはりフェネルバフェともなると、これまでの相手と比べて個のレベルは格段に上がるので、後半はかなり苦戦しましたね。
ダービーらしいといえばらしい熱い展開でした。
ベシクタシュはビルドアップが出来ないチームなのは分かってはいたものの、もうちょっとチームとして上手く改善してもらいたいところですね。
[ 2019/02/27 06:15 ] [ 編集 ]
試合後、トルコのジャーナリストが「Sporx」で香川を絶賛していましたよ。

「カガワは良い選手だし、上手くやっている。
他の選手を外して、全てのゲームで彼を起用すべきだと思う。
こんな良い選手がトルコへ滅多に来るものじゃない。
ベランダより、はるかに優れた選手だ」

チームは問題山積みですが、香川個人に関してはどんどんプレーもコンディションも上がっていくでしょうから楽しみですね。

[ 2019/02/27 06:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。