ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムント監督!ペーター・シュテーガー!岡崎所属レスターの監督に就任か?《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

st.jpg


元BVB監督ペーター・シュテーガー!レスター・シティーの監督候補に!



これが実現すれば、ビッグニュースだ。ペーター・シュテーガーがイングランドのサッカーに戻るだろうか?このオーストリア人はレスター・シティーを解任されたクロード・ピュエル監督の後任候補に挙がっているとのことだ。



ユルゲン・クロップがリヴァプールに。そしてラルフ・ハーゼンヒュットルがサウザンプトンに。そして今度はペーター・シュテーガーがレスター・シティの監督となるだろうか?


もうすぐプレミア・リーグで元ドルトムントの監督の姿が見られるかもしれない。ペーター・シュテーガーの伝記を執筆しているペーター・リンデンが明かしたところによると、現在シュテーガーはレスターを解雇されたクロード・ピュエルの後任候補とされているようだ。リンデンが自身のブログで明かしている。


スポンサーリンク



シュテーガーは現在52歳だが、これまでドイツで成功を収めている(FCケルン2013から2017)。彼はケルンをヨーロッパリーグまで導いたが、その後クラブを去った後で、ペーター・ボシュの後任としてドルトムントの監督を務めていた。シュテーガーはBVBでチャンピオンズリーグ入りを実現させたが、彼がその後もBVBの監督を務めることはなかった。



シュテーガーを良く知っているリンデンが明かしたところによると、彼はすでにこの冬、ハダースフィールドの監督就任のオファーを断っていたとのことだ。ハダースフィールドはダヴィッド・ヴァーグナーを解雇していた。




2016年に優勝したレスターでは、シュテーガーは同郷のクリスティアン・フックスと再会することになる。しかしシュテーガーがイングランドに行くことは果たして現実的であろうか?しかしこれは決して非現実的ではない。シュテーガーはすでに2018年の9月にビルトのインタビューで、“2019年は何かわくわくすることに挑戦したいね・・”と語っており、再びドイツとイングランドに注目しているとされている。



レスターは今年に入ってから6試合で5敗しており、まだ一度も勝利しておらず、現在12位に位置している。現在は助監督のアダム・サドラーとキーパー・コーチのマイク・ストウウェルがチームを率いている。






以上です。

シュテーガーに親しいジャーナリストがソースのようですが、実際に打診ぐらいはあるかもしれないですね。シュテーガーはドルトムントでは夏までという短期契約の中で、チャンピオンズリーグ入りという最低目標を達成してくれたので、個人的には良くやってくれたと思っています。



[ 2019/02/26 21:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(5)
シュールレにこだわり始めるまでは若手とベテランの融合ができて良かったよ。ゲッツェとシュールレ固定が始まってからは内容も酷くなって勝てなくなったけど。
[ 2019/02/27 00:29 ] [ 編集 ]
日本人としてはいい印象しかないですね
[ 2019/02/27 00:48 ] [ 編集 ]
シュテーガーはやばかったチームを立て直してることもありますしそんなに悪い印象ないですね
大迫も香川もかなりよくしてもらっていた印象があるので日本人の岡崎はもしかしたらしっかりと見てもらえるかも知れません嬉しいですね
[ 2019/02/27 00:56 ] [ 編集 ]
ロジャースで決まりらしいです。
[ 2019/02/27 06:57 ] [ 編集 ]
祝☆出世!
前半はともかく後半の笑瓶は公平で良くチームを動かしてたと思うよ
これが叶ったら応援するぞ笑瓶!
[ 2019/02/28 06:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。