ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙!シュルレ、香川らドルトムントからローン移籍した選手の現在を特集!《ドイツの反応》

【90Min】

kagawa16.jpg



BVBからローン移籍していった選手たちはどうしているだろうか?


・セバスティアン・ローデ (アイントラハト・フランクフルト)


ローデは度重なる負傷で、BVBで居場所を得ることがなかった。このようにして彼は元クラブであるフランクフルトにローン移籍したが、そこでも負傷と戦っている。彼はシーズン序盤はベンチにも入っていなかったが、最近ではプレー時間が増えている。彼はヨーロッパリーグのドネツク戦でもプレーしている。彼の現在のプレーは説得力があるもので、後は怪我をしないようにするだけだ。そうすればBVBでまた重要な存在になれるかもしれない。


スポンサーリンク



・香川真司 (ベシクタシュ・イスタンブール)


彼は2014年にマンチェスター・ユナイテッドから帰ってきて以来、昔の姿を取り戻すことがなかった。今シーズンの前半戦ではたった4試合にしか出場していない。彼は中盤の激しい競争のため、ルシアン・ファヴレの下では役割を担う事が出来なかったのだ。そのようにして彼はこの冬ベシクタシュ・イスタンブールに移籍したが、そこで最初の試合で2ゴールを挙げている。彼はこれまで3試合途中から出場しているが、香川はベシクタシュで何ができるか示すことができそうだ。



・トルヤン (セルティック)

トルヤンは2017年にホッフェンハイムからドルトムントに移籍してきたが、ドルトムントでは力を出せていない。その結果この24歳はこの冬セルティックへとローン移籍している。BVBは今シーズン一度もプレーしていないが、セルティックでは毎試合プレーしており、そのほとんどがスタメンだ。彼はヨーロッパリーグのバレンシア戦でも力を証明している。トルヤンはセルティックで成長し、さらに経験を積むことで、将来BVBを助ける事ができるかもしれない。



・イサーク (ヴィレムⅡ)


彼は2017年に移籍してきた時は、ズラタン・イブラヒモビッチの後継者とされていた。しかしその要求に相応しい活躍を見せることはできなかった。彼はBVBプロチームでは14試合に出場している。彼はオランダのヴィレムⅡにローン移籍したが、そこでは5試合に出場し1ゴールを挙げている。若い選手が実戦経験が必要なのは当然だ。彼の将来はBVBでプレーする事もありうるだろう。



・シュルレ (フルハム)


この選手は去年の夏にプレミアリーグのフルハムにローン移籍している。そこで彼は降格争いをしている。彼はこれまで23試合に出場し6ゴールを挙げている。彼自身もチームと同様に決してうまく行っているとは言えない。彼が今後ドルトムントでプレーするかは疑わしい。現在ドルトムントでプレーしている選手の方が明らかに良いからだ。



・ブルニチ (ディナモ・ドレスデン)


ブルニッチは昨シーズンシュトゥットガルトにローン移籍していたが、そこではあまり実践経験を積むことができなかった。その結果BVBに戻って来ている。この中盤の選手は激しい競争が原因で、この冬ドレスデンにローン移籍している。そこで彼はこれまで3試合に出場している。この若い選手はたくさんの実戦経験を積まなければならない。それができればBVBでの将来もあるだろう。


・パスラク (ノーウィッチシティ)


彼は昨シーズンホッフェンハイムにローン移籍したが、そこではBVB同様にあまり注目を集めることができなかった。彼はそのようにしてイングランドの2部のノーウィッチに移籍したが、そこでもこのサイドバックはうまく行っていない。チームは非常に成功しているが、パスラクはたった4試合にしか出場していないのだ。彼のBVBでの将来も不透明だ。






以上です。

ローデはフランクフルトに移籍してから、すぐにプレーしていますが、この記者は何か勘違いをしているような感じですね。フランクフルトに移籍してから8試合中7試合でプレーしています。


個人的にはパスラクが気になっていましたが、移籍先でも4試合しか出れていないのは非常に心配ですね。彼もトゥヘルの下だったらうまくブレイクできたかもしれないと思うと残念ですが、まだ若いので今後に期待したいですね。




[ 2019/02/27 09:30 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(18)
人件費削っただけでプレー面では逆の効果が出ている。
今のピンチは、要するに、センターバック不在、前でボールも持てないのにサイドバック上げすぎで起きてる。
名前挙げられたメンバー残してれば今のように守備が壊れることはなかったよ。
[ 2019/02/27 09:55 ] [ 編集 ]
「昔の姿を取り戻すことがなかった」・・試合見ないで コピーしてるの?ってくらい まるで活躍がなかったかのように毎回書かれるのは不愉快ですね。
ドイツもベシクタシュ香川に注目しているのは確かなので、今回の監督発言同様 誤訳のないよう伝えて欲しいです。放出に値するなんて思われたくないですからね。
管理人さんと同じでパスラク気になってましたが、そうですかぁ。これからに期待ですね。
[ 2019/02/27 10:02 ] [ 編集 ]
パスラックはオランダやベルギー辺りのチームと提携してレンタル出すべきだったの何年もパスラックの時間を潰してる
イサクにしてもトルヤンにしてもドルトムントに来なきゃブレイクしてただろう
面白いのは、各選手へのコメントが適当なのに、シュルレはに対して一番辛辣なところだな
結構試合に出てゴールも決めてるのにも関わらずこれって、シュルレの現状だけは少し追ってたって事か
[ 2019/02/27 11:13 ] [ 編集 ]
パスラックは本当にもったいない
[ 2019/02/27 11:23 ] [ 編集 ]
香川選手のコメントには、今後のBVB復帰についてふれていないんですね
[ 2019/02/27 11:53 ] [ 編集 ]
 適当な記事だな。ネット検索しただけで何も取材してないのだろう。日本のサッカー記者に多いタイプだけど、ドイツにもいるんですね。
[ 2019/02/27 14:17 ] [ 編集 ]
香川が復帰してダメだったっていう情報操作は相変わらずしてるんですね。嫌になる。今季も正当な争いなんてしてないじゃん。
[ 2019/02/27 15:19 ] [ 編集 ]
あからさまな香川下げの文章は誰が書いてるんですかね?
例えばトゥヘルが監督の2015-16シーズンとか、干された時期があったにも関わらず
インサイドハーフとトップ下で29試合9ゴール9アシストを叩き出したこともあったのに、
それを完全に無視するような論調には怒りを覚えます。
[ 2019/02/27 16:39 ] [ 編集 ]
香川が戻ってきてから活躍してたのを無かったことにしたいのは、誰かのためなんでしょうね
数字等持ち出したら圧倒的に香川が活躍したことがバレちゃうので、比較すらできないですもんね
本当に腹がたつし、心おきなくサヨナラできます
[ 2019/02/27 18:01 ] [ 編集 ]
香川はいつものなかった事にされてますね。もうどうでもいいんですけど、残っている選手たちが全てこの選手たちより抜きん出ているとも思えませんし、イサクもトルヤンももっときちんと育ててほしかったですね。それとバスラックはもったいなかったです。
一生懸命走って香川〜のパスをトラップしていたのが懐かしいです。
[ 2019/02/27 18:10 ] [ 編集 ]
なんか、いい加減な記事ですね。
シュールレは、
>23試合に出場し6ゴールを挙げている。
>現在ドルトムントでプレーしている選手の方が明らかに良いからだ。

現在ドルトムントでプレーしているゲッツェは、去年の夏から16試合に出場して4ゴール。シュールレよりも明らかに良い??

ローデにしても、香川にしても過少評価されてるし、(ローデは怪我して無いし、香川はドルトムントでも活躍してたよ)、結果有りきでアラサーは出して正解だった。若い子は成長してるよね、将来楽しみ。って言いたいんだろうな。
[ 2019/02/27 18:52 ] [ 編集 ]
シュールレはドルに来た頃の練習ではトゥヘルが絶賛してたんですけどね
シュテーガーのとき香川がイサクになんとか点を取らせてやろうとしてたのが微笑ましかったですね
[ 2019/02/27 19:19 ] [ 編集 ]
CLラウンド8の1G1Aモナコ戦やCL歴代最速76秒2Gワルシャワ戦は大した活躍じゃないんだね、ロイスやゲッツェにもスパーズ戦でして貰いたいですね
[ 2019/02/28 06:25 ] [ 編集 ]
どこのメディアも印象論で書きますからね。まずは結論を考えてから中身を考えるから色々な記事が飛び交うんだと思います。
[ 2019/02/28 08:29 ] [ 編集 ]
こうした記事によく反論される方が多いですが実際にゴールの数やプレーを見れば過去と比べて落ちると見るのは正しいと思いますよ
数字以上に昔と今で違うのは自身が相手の脅威となれているかどうかです
確かにスコアポイント等はあげていますが出戻り以降強烈な個の力がある選手がいるからこそそうした数字をあげられているんですよね
もちろんそれは逆のことも言えますがロイスデンベレオバメムヒタリアン等といった選手と脅威の度合いが段違いです
パスにキープに視野や創造性とさまざまな力をつけたとは思いますが求められているのは相手への脅威になれる個の力です
[ 2019/03/01 13:40 ] [ 編集 ]
そもそもブンデスで必要とされる日本人選手ってどんな選手なの?
[ 2019/03/01 20:35 ] [ 編集 ]
>確かにスコアポイント等はあげていますが出戻り以降強烈な個の力がある選手がいるからこそそうした数字をあげられているんですよね
>もちろんそれは逆のことも言えますがロイスデンベレオバメムヒタリアン等といった選手と脅威の度合いが段違いです

なぜFW達とMF香川を比べてるのか分かりませんが、その選手達にも同じことが言えますよね
例えばミキタリアンもオバロイスという強力な個を持つ選手が近くに居たからスコアを生み出せたわけで、オバにしても香川デンベレエジルが居た居るからゴールを量産できるんですよね、それは現在のガナを見れば分かる話ですけども
結局のところ香川だけを批判し続けてる人に何言っても無駄だとは思いますが、そもそも比較するならタスクやらポジションが近い選手でないと不当ですよ
[ 2019/03/02 04:01 ] [ 編集 ]
本当に脅威かどうかなんてフィールド上にいる選手達しかわからないです
テレビから見て脅威じゃないなんてよく言えますね、恥ずかしい
フンメルスさえ以前怪我でスタンドから観てるときに色々思ったけど、実際怪我が治ってフィールドに戻ると上から観てるのとは全然違った云々言ってました
香川へのディフェンスの対応観ても個がない、脅威ないと言えるのであれぱ本当に試合を観てたのか疑わざるをえない
いい加減、個がない脅威になれないと印象操作はやめるべきです
そんな選手が長年トップリーグ上位のクラブで何年も活躍できません
プロを舐めないでください

[ 2019/03/03 12:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。