ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムントのホーフマン!グラートバッハで重要な選手に成長!《ドイツの反応》

【ビルト】

hoffm.jpg


バイエルンにアラーム!

ホーフマンはグラートバッハを2倍も良くしている!



ヨナス・ホーフマンはヴォルフスブルク戦とフランクフルト戦では踝に問題を抱えていたために欠場したが、土曜日に行われるバイエルン戦では復帰するとみられている。


これによってグラートバッハの勝つチャンスは一気に上昇るだろう。

スポンサーリンク



これまでホーフマンがスタメンでプレーした15試合でボルシアは平均2.27ポイントを獲得している。彼が先発で出場しなかった8試合ではポイント平均は1.12と半分も行っていない。


ホーフマンはビルトに対して、控えめに“データーは嘘をつかない。だけど、僕がこのデーターに大きく関与しているとは思わない”と語っている。



しかし彼がチームにとって重要であるかは0:3で敗れたヘルタ戦をみても明らかだ。ホーフマンはスタメンでプレーしたが、グラートバッハはヘルタを圧倒していた。しかし開始30分に彼が負傷で後退すると、ボルシアは突如としてコントロールを失ったのだ。



ヘッキングはホーフマンについて、“ヨナスはその素晴らしいパフォーマンスで今シーズンの勝者となっているね。彼はまた負傷する前の2,3週間よりも良いプレーができるだろうね。トレーニングでは素晴らしいよ。彼がシーズン終盤に向けてクオリティーを発揮してくれるといいね。”と語っている。



できれば土曜日にバイエルン戦で。




以上です。


ホーフマンは2016年の冬にグラートバッハに移籍していますが、今シーズンは急成長を見せていますね。これは嬉しいです。ギンターとともにグラートバッハを引っ張っていますね。一時負傷で離脱していますが、これまでリーガ17試合に出場して5ゴール4アシストを記録しています。



[ 2019/02/27 13:29 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(8)
ホフマンはカストロなんか取らなきゃもっと重用されただろうに
何故か無駄な選手取ってせっかく居た選手を手放す
[ 2019/02/27 15:21 ] [ 編集 ]
成長してるね。プリシッチより良さげだ
[ 2019/02/27 15:47 ] [ 編集 ]
ドルに居た頃そんなに動き自体は悪くないとは思ってたんだよなぁ
陰毛にも言えたことだけどドルって切るの早いんだよな
他にも誰か同じように出て行って活躍したやついた気がしたな誰だっけな 銀太じゃないよ
[ 2019/02/27 17:28 ] [ 編集 ]
>他にも誰か
スヴェン=ベンダーじゃないかしら?
レバクの
[ 2019/02/27 18:05 ] [ 編集 ]
ホフマンとカストロはポジション違った気がする
前者は二列目後者は三列目
[ 2019/02/27 18:47 ] [ 編集 ]
他にも誰か
レバクに行った(今はライプチィヒらしい)カンプルじゃなくて?
[ 2019/02/27 22:27 ] [ 編集 ]
ホフマンもギンターもベンダーももったいなかったです。でもドルにいるよりは良かったですかね。数字はさっぱりなのになぜがスタメン続きだったりの煩わしいアイドルとかいないしでしょうしね
[ 2019/02/27 23:51 ] [ 編集 ]
トゥヘル初年度はチームの調子が良く、カンプルやホフマンは厳しい競争から他チームへの移籍を決断しました。
あの時のロイスは怪我で離脱を繰り返していたので、もう少し後半戦は出番はあったかもしれませんね。
しかしロイスやムヒタリアンがいれば、どうしても限定的な出場にはなってしまうのは仕方なかったと思います。
チームのスタイルに合う合わないもかなり大きいですね。
[ 2019/02/28 01:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。