ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!バルセロナから左サイドバックの選手を獲得か?《ドイツの反応》

【Sport.de】

cucu.jpg


BVB!新たなバルセロナのタレントを獲得!


すでにドルトムントが、ジェラール・デウロフェウの獲得に興味を持っていることが噂になっていたが、さらに新たな選手をバルセロナから獲得しようとしている。


西ドイツアルゲマイネ新聞が報じたところによると、ドルトムントはマルク・ククレジャの獲得に興味を持っているようだ。この左サイドバックは現在実践経験を積むためにFCバルセロナからリーガの競争相手であるエイバルにローン移籍している。


スポンサーリンク



そしてどうやらこの20歳は守備において、ドルトムントの大変革の一端を担うとされている。“まだ向上する余地が沢山あると思っている。”とハンス・ヨアヒム・ヴァツケが説明している。“これからもっと良くならなければならない箇所、選手層を厚くしなければならない箇所がまだあるね。夏には、何か手を加えるだろう。”と彼は語っている。


ククレジャはその一端を担うとされている。このディフェンダーは非常に知的であるとされており、スペインでもそのスピードと技術において高い評価を得ている。


彼の契約は2021年までとなっている。問題はエイバルが買取オプションを有していることだ。そうなると交渉相手はバルセロナではなくなるという事だ。






以上です。


ドルトムントがサイドバックの選手を探しているとのことですが、これは大事なポジションなので、ぜひとも補強してもらいたいですね。左サイドバックとのことですが、時には前線でもプレーしているようですね。個人的にはピスチェクの引退にそなえて長期的に計算できる右サイドバックから補強してほしい所ですが・・。



[ 2019/02/27 17:56 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
なぜ、ゲレイロを左SBで使わないんだろう?
サッカーIQの高いサンチョとゲレイロで左サイド組めばブンデス屈指の左サイドになると思うんだけどなぁ
サンチョとゲレイロで左サイドを組めばドルトムントの左サイドは5年は安泰だと思っていたんだけどね
[ 2019/02/27 20:09 ] [ 編集 ]
個人的にはパスラックがその後釜を担うと思ってたんだけどなぁ
[ 2019/02/27 21:36 ] [ 編集 ]
まあたしかにずっと手薄なポジションですよね
ただハキミも含めてレンタルだったりでこういうポジションの有望株を引っ張ってくるのはいいんですが、レアルやバルサだと成長したらすぐに返すことになるので長期的にいてくれる若い有望株がほしいですね

ゲレイロ一列下げればいいのにと個人的には思いますが守備で少し不安があるですかね
あとロイス中で使おうとすると左mfが手薄になるのもあるかもしれません
[ 2019/02/27 22:53 ] [ 編集 ]
外国には素晴らしい選手が山ほどいますから、獲ってくるのは当然でしょう。
しかしドイツ人枠や育成枠がある以上、これらの選手のレベルの向上が何よりも必須になってきます。
[ 2019/02/28 02:07 ] [ 編集 ]
手薄なのはCFとCBのセンターラインだ
左サイドじゃないんだよ、試合見てればそれくらい分かるだろ
[ 2019/02/28 06:31 ] [ 編集 ]
ゲレイロは怪我してからは守備が不安定だから。度重なる怪我で、怖さを感じているのかも…
[ 2019/02/28 07:28 ] [ 編集 ]
今はSBじゃなくてエイバルで乾の後釜やってるぞ
[ 2019/02/28 09:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。