ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

アーセナルはオバメヤンがいない方が良い?ドイツ紙《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】


aubameyang3.jpg


ボルシア・ドルトムント:元BVBスター・オバメヤン!

アーセナルは彼がいない方が良い?


ボルシア・ドルトムントにおいてピエール・エメリク・オバメヤンは最後の半年間の移籍をめぐる茶番劇で人気を失っている。彼は2018年の1月にアーセナルに移籍しているが、アーセナルは6475万ユーロを支払ったとされている。これによってオバメヤンはアーセナル史上最も高額な移籍となっているのだ。



しかしこの移籍は成功した。この29歳はパートナーのラカゼットと調和のとれたプレーをし、輝かしいパフォーマンスを発揮したのだ。この二人はフィールド内外で夢のデュオとなっている。イングランドのファンとメディアはこの元ドルトムントの選手とフランス人選手に感激したのだ。


少なくとも今まではそうだった。なぜなら、将来的にはこの二人のうちのどちらかだけがアーセナルでプレーすると噂されているからだ。

スポンサーリンク



これはオバメヤンにとっては痛手だ。なぜならどちらかを去るのであれば、オバメヤンの名前が挙がる事の方が多いからだ。“オバメヤンほどのクオリティーを有した選手はプレミアリーグでもあまりいないが、もしかしたらアーセナルはオバメヤン抜きの方が良いかもしれない。”とイングランドの“メール・オンライン”が報じている。


アーセナル:オバメヤン抜きのほうが良い?


でもいったいどうしてそう思うのだろうか?現在4位のアーセナルでプレーするオバメヤンはこれまで26試合で15ゴールを挙げている。ラカゼットも26試合プレーしているが4ゴール少ない。どうやらこのイングランドメディアの見解はここ最近の2試合に基づいているようだ。


2月21日にアーセナルはヨーロッパリーグでボリソフを迎えたが、ラカゼットはファーストレグでレッドカードをもらっていたために、この試合には出場できなかった。オバメヤンがプレーしたがその試合ではゴールできなかったのだ。最終的にはアーセナルが2:0で勝利し、次のラウンド進出を決めている。



プレミアリーグでは日曜日にサウザンプトンと対戦したが、エメリ監督はラカゼットを先発で起用したが、彼は開始6分でゴールを挙げている。その試合ではオバメヤンは75分までベンチに座っていた。その試合ではロンドンが3:0で勝利している。



メール・オンライン”はその記事の中で、“サウザンプトン戦ではラカゼットはオバメヤンよりもワントップに適していることを証明している。さらにこのフランス人も決定力がないわけではない事を示している。彼はアーセナルでプレミアリーグ22クラブのうち18のクラブからゴールを挙げているのだ。”と評している。



さらに“Fansided“がオバメヤンの放出の可能性にまで言及している。同紙はオバメヤンもラカゼットも素晴らしいとしているが、“他のポジションで補強が必要なのに、5000万ポンドの選手をベンチに置くことに意味があるだろうか?”と報じている。



オバメヤンとラカゼット、どちらが優れているか?ファンが議論



・“オバはゴールよりも見た目に気を使いすぎだと思うね。彼はかつては素晴らしいストライカーだったが、今は髪型を気にしすぎだよ。ラカゼットの方が結果は良いよ。彼らがアーセナルで同時にプレーできないのなら、彼らのブロマンスが終わるときかもしれない。”


・“オバメヤンの方が優れていると思うが、総合的にはラカゼットだね。”


・“オバメヤンよりもラカゼットの方がチームのサッカーは凄く良いと思う。でもオバは比類なきストライカーだ。”


水曜の夜にはアーセナルがボーンマスを迎える。エメリ監督がラカゼットを起用するのか、それともオバメヤンを起用するのか、もしくは二人を同時に起用するのか注目が集まる。





以上です。

最近のアーセナルの試合はまったく見れていないので、何とも言えませんが、アーセナルはエジルを始め、他の補強をするために高給取りを放出したいという論調は良く目にしますね。



オバメヤンの髪形に関する発言がありますが、それはドルトムントに来た時からそうでしたし、彼に関してはまったく関係ないでしょうね。むしろそれを含めてモチベーションとなっている選手ですからね。まあ遅刻はだめですが・・。
[ 2019/02/28 19:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
 オバメヤンは極めて優秀なストライカーですが、CFとして優秀というわけではないので、いないほうがいいかもしれないという意見があるのも理解できます。
 サイドや二列目に点を取れる選手がいる場合、純粋なストライカーよりもポストも出来るCFの方がチームは安定した結果を得るでしょう。しかし、オバメヤンのような特別な点取り屋を獲得する機会は滅多にありません。
[ 2019/02/28 22:01 ] [ 編集 ]
オバメヤンは必要よ。アーセナルがこの順位でいられるのはオバメヤンのおかげ。ラカゼットも調子取り戻してきてオバメヤンのラカゼットへの気遣いで両者良い関係であることが見てとれる。エジルもここんとこ良い状態になってきてるし、中盤と最終ラインの補強をすれば安定した強さを維持できるようになりますね。オバメヤンは見てて楽しい。
[ 2019/03/01 08:36 ] [ 編集 ]
オバ〜がんばれー!!応援してるよ
[ 2019/03/01 19:32 ] [ 編集 ]
むしろチームが不調でも彼はゴールを決め続けているのが救いです。
昨日の試合はとにかくムヒタリアンがスーパーで素晴らしかったですね。
エジルはいつも言うように。この調子が続くかが問題なのですよね。
[ 2019/03/02 09:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。