ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントのハキミ!2年のローンが1年に?レアル復帰か?トレード要因に?《ドイツの反応》

【ユーロスポーツ】

hakimi3.jpg

ボルシア・ドルトムント!この夏にもハキミとお別れか?


レアルはハキミを計画に入れている


アシュラフ・ハキミは2年間のローンでレアル・マドリッドからボルシア・ドルトムントに移籍している。彼はドルトムントにおいてパフォーマンスを発揮し、BVBもできるだけ長く彼を留めたいところだ。しかしメディアの報道によると、早くも今年の夏に彼がレアル・マドリッドに復帰する可能性があるとのことだ。それによると別な選手とトレードになる可能性が高いようだ。


スポンサーリンク




スペインの“El Confidencial”が報じたところによると、レアルは多くのクラブと移籍交渉をする予定であるとのことだが、その影響でハキミもそこに含まれることがあるようだ。



レアルは現在PSGからベティス・セビリアにローン移籍している、中盤のジョヴァンニ・ロ・セルソに興味を持っているとされている。このアルゼンチン人は2200万ユーロで買い取る事が出来るとされていたが、ベティスがヨーロッパ入りを達成した場合には、買い取らなければならないようだ。



しかしどうやらベティスのスポーツ・ディレクター、ロレンツォ・セッラ・フェッレルはレアルにトレードを持ちかけたようだ。ベティスはこれまでに何度もハキミとテオ・エルナンデスの獲得を打診しているとの事である。


この二人のディフェンダーとストライカーのマリアーノ・ディアスがロ・セルソのトレード候補に挙がっている。ベティスではフィルポの代わりとなる左サイドバックが必要とされているのだ。


フィルポは5000万ユーロの契約解除条項を有しているが、すでにレアル・マドリッドやマンチェスター・シティが獲得に動いているとされている。


もしレアルが本気を出したら、ハキミは2020年を待つことなくレアルに戻る事が出来る。この20歳はできればドルトムントに残りたいとされており、代理人もBVBを気に入っていることを明かしている。もちろんレアルがハキミを将来の左サイドバックとして計画にいれる可能性もある。




以上です。

ハキミがこの夏レアルに戻ってしまうという噂が出てきましたが、それはどうやベティスの選手を獲得するためのトレード要因としての事のようですね。


ハキミとして、戻っても他のクラブに出されるのだったらドルトムント残留を望むでしょうが、レアルに買い戻す権利があるようですので、どうなるかわかりませんね。





[ 2019/02/28 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
トレード要員の呼び戻しとか本人からしたら怒りしかないでしょう。まぁ移籍したいクラブなら話も変わってくるでしょうけど
[ 2019/02/28 22:09 ] [ 編集 ]
最近ハキミの調子は良くないですね。若いしまだまだ経験が必要です。とにかく試合に出られる環境が一番だと思います。
[ 2019/03/02 10:50 ] [ 編集 ]
ハキミが調子悪いのはローテーションしないでチャンスが少なくなったから空回りしてるんだろうな
ピシュチェク戻ってきたらまらベンチ行きだもんなー、そりゃピシュチェクが居ないうちに結果が欲しいわな
得点取ったのも味占めて前掛かりになると後ろ取られるだろうし、バルトラさん見たいになるんじゃないの
[ 2019/03/03 00:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。