ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ファヴレ監督が取り組むべき課題とは?《ドイツの反応》

【ビルト】


favre13.jpg


ドルトムント!ファヴレが取り組むべき課題!



金曜日にファヴレはアウグスブルク戦で勝利して、バイエルンとの3ポイント差を確実なものとしたいところだ。しかしそれがうまくいくためには、ファヴレには取り組むべき課題が多くある。



アウグスブルク戦での勝利と優勝をかけてファヴレが取り組むべき課題とは

スポンサーリンク



▶パコ・ゴール・アレルギー!!


パコ・アルカセルはリーガで300分ノーゴールとなっている。信じられない。彼は前半戦では12ゴールを記録し、ジョーカーとしての記録も達成している。しかし今は不運が続いている。ライプツィヒ戦ではバー直撃シュート、そしてレヴァークーゼン戦ではゴールを挙げたが、オフサイド判定で無効となっている。


アルカセルにとって良いことは、ファヴレが引き続き彼を信頼している事、そしてマルコ・ロイスが戻ってくることだ。

▶フリーキック



ブレーメン、ホッフェンハイム、そしてレヴァークーゼン戦と、ドルトムントはセットプレーから3失点している。いずれも統率が取れていないのだ。


そのため復帰したマニュエル・アカンジにかかる期待は大きくなる。彼はチームメートをより統率しなければならない。


▶終盤の集中力


ドルトムントはここ4試合では最後の15分で6失点もしている。これによってホッフェンハイム戦での勝利を逃しただけでなく、トッテナム戦においてはチャンピオンズリーグにおいては次のラウンド進出の切符もほぼ失いかけている。


▶スターが心配


現在ヤコブ・ブルーン・ラーセンとモハメド・ダフードは不調に陥っている。彼らはシーズン序盤スタメンだった。しかい今ではベンチだ。


タイトルを獲得するためにファヴレがやらなければならないことは多い・・・。





以上です。


ファヴレが取り組むべき課題とのことですが、セットプレーの守備と試合終盤のゲームの進め方はすぐにでも改善すべき点ですね。特に終盤の試合の進め方は、監督の手腕によるとことが多きわけですので、早く修正してくれることを期待しています。



まあラーセンはシーズンを通してみればこんな感じではないかと思っていましたが、ダフードは初シーズンではないわけなので、そろそろ結果を出してほしいところですね。





[ 2019/03/01 17:35 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(8)
そうは言ってもダフード2シーズン目では無いですかね?
ギンターの件もありますし、若い選手は長い目で見て欲しい
[ 2019/03/01 18:12 ] [ 編集 ]
この監督って、このパターン多いよね?
前半最強、後半沈む。
[ 2019/03/01 18:27 ] [ 編集 ]
 セットプレーと後半戦で負けてるのは相手監督との采配能力の差と見てとれますし、ファヴレ監督には辛いデータですね。
[ 2019/03/01 18:38 ] [ 編集 ]
点とったらすぐに取り返されるとかキレるんだよね。90分持たない。ファブレ自身も体調崩してゲーム休んだこともあったし、なんか勝ち慣れてない感じするよね。
まぁ勝ったことある連中は追い出しにかかってるからしょうがないけど。
四月のバイエルン戦までは今の順位をキープし続けてほしいんですけどね、、、
[ 2019/03/01 18:50 ] [ 編集 ]
ダフードが不調?好調な時ってあったっけ
[ 2019/03/01 18:52 ] [ 編集 ]
スタメンが固定化され、ラーセンが出場する機会がそんな無いだろう
ゲッツェのとこかロイスのとこで使うか、左で使って中にゲレイロ入れても良かったのに
ダフードも中盤固定化されて出場がほぼ無いし、オプションも似た感じの面子だしな
前回は薬屋が殴り合いやってくれたから久しぶりにギリギリ勝てたけど
[ 2019/03/01 23:25 ] [ 編集 ]
ローテーションというものを学ぶべき
[ 2019/03/02 08:21 ] [ 編集 ]
ドルトムント愛の強い選手の心が次々に離れていったからねロイス以外は
散々寵愛しているゲェッツェはいいオファーあったらすぐに行くよマジで
[ 2019/03/03 01:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。