ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レアル・マドリッド!クロースを批判したためユース監督を解雇!後任はラウルに!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


koor.jpg



レアル・マドリッド:クロース達を批判したため、Bユースの監督を解雇!!


レアル・マドリッドはコパ・デル・レイでFCバルセロナと対戦したが、そこで0:3で敗れタイトルのチャンスを逃してしまった。その試合に関しては各方面から批判が飛び出したが、一つの件に関しては、容赦ない結果が待っていた。


スポンサーリンク



レアルのBユースで監督を務める、アルヴァーロ・ベニトはラジオ番組“エル・クラウゼル・デポルティーボ”においてトニー・クロースとカゼミロに批判的な意見を述べていた。


彼はその中で、“レアルの問題は、本来のレベルから遠ざかってしまっている選手がいることだ。例えばカゼミロがそうだけど彼はプレーしてはならなかったね。それにクロースもそうだ。追い風となれば彼らは素晴らしいプレーを見せてくれるが、向かい風では彼らがヨットを操縦する姿を見ることはできないよ。”と語っている。



Bユースの新監督にはレアル・マドリッドのレジェンドであるラウルが就任している。記者会見でベニトは、“私は自分を最後までレアルに捧げたので、レアルを去る事に後ろめたい気持ちは持っていない。私は自分のクラブに対しての発言は自由だと感じている、後悔はしていないし、レアルには感謝している。彼らは選手としてそして監督としてのチャンスを与えてくれたからね。これが今生の別れとならず、また再開することを願っている。”と語っている。


レアルの選手を批判したのはユース監督のベニトだけではない。スペインのメディアだけでなく、元レアルの監督ベルント・シュースター監督もトニー・クロースを批判している。“もう同郷の選手に関してコメントはしないが、クロースはこの試合ではディーゼルのトラクターのようだった。のんびりして何もしていない。”とシュースターはスペインのラジオ番組“Onda Cero”で語っている。


レアルはうまくいっていない。リーガではバルセロナに9ポイント差をつけられて3位に位置している。批判は決していい加減なものというわけではない・・。




以上です。


バルセロナに3:0で負けたことでレアルが批判されていますが、今週末のクラシコでも敗れたらさらに大騒ぎとなりそうですね。

Bチーム監督が“プレーしてはならなかった”というような発言をしたようですが、監督の起用法を批判したとも取れますし、さすがにクラブとしてもこれを放置することはできなかったようですね。


後任にはラウルが就任するようですが、ラウルがいた時代のブンデスリーガは今よりも面白かったですね。内田選手もいましたし、あの頃のシャルケにはワクワク感がありました。2014年ごろは内田選手、岡崎選手、香川選手がそれぞれ活躍してブンデスリーガにおける日本人の注目度がすごく高かったんですが、最近それに続く選手があまり出ていないのが気になりますね。別にドイツではなくても良いので、どんどん若い日本人選手には勇気をもってヨーロッパに進出してもらいたいですね。。







[ 2019/03/01 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
「タカシ、オマエダゾ、タカシ」
[ 2019/03/01 21:32 ] [ 編集 ]
トップ争いの苛烈さもあって最近はプレミアばっか見てしまってます
薬屋が好きでブンデス見始めたはずなんだけどなぁ
バイヤン独占状態になってからどうも興味が薄れてる気がする
[ 2019/03/01 22:02 ] [ 編集 ]
ネイションズリーグを見るように欧州は保守的にシフトしてるし、西に向かえば中南米になるし、南にはアフリカがあるからなー
フランス代表とか人種的にはオールアフリカ見たいなもんだし、アジアに拘る必要ないからどんどんそれが加速するだろ
セリエは本田が地雷だったから続く日本人選手が消えたし、新しく誰かが成功しないと難しいね
つーか若い日本人選手を買い叩いてる欧州にはうんざりするから国内で頑張って欲しいわ
[ 2019/03/01 23:20 ] [ 編集 ]
確かに調子は良くないですよね
でもバルサからポイント離されるのは当たり前では
主に「ロナウド」という声が聞こえますけど
昨季は勝ち点9どころか17も離されてた事実があるわけで
ロナウド云々よりもチームとしてのサイクルが終わってると感じます

若手を積極的に起用してる側面を考えても転換期なのは分かりますし
監督の解任騒動もあった中で
何で今季は離されてる事に対しここまで不調を叫ばれるのか
未来のためにも見守る価値があるシーズンだと思うけどね
原因をロナウドの退団と理由づけしてる時点で現実を見れてないと思う
そこじゃないだろうと。
[ 2019/03/01 23:44 ] [ 編集 ]
1点目失点のクロース守備は酷かった
最初全力?で走ってスアレス追ったけど直ぐ諦めたね、で結局フリーでシュート打たれた
ロシアW杯メキシコ戦も同じ様にクロースが守備しなくて失点したよね
ヨットやディーゼルの例えは秀逸
[ 2019/03/02 00:33 ] [ 編集 ]
いや原因はロナウドの退団だよ
現にロナウドはセリエでゴール、アシストランキングでそれぞれ上位に入ってるからね
もちろんチームサイクルは過渡期にあるのは間違いないけども
それはCLで何年も結果出なくなってるバルサも一緒
だから一番の理由はロナウドの穴埋めが出来なかったことだと思うよ
[ 2019/03/02 02:49 ] [ 編集 ]
メディアにじゃなく内輪でやれという話
[ 2019/03/02 03:24 ] [ 編集 ]
>いや原因はロナウドの退団だよ

違います
何度も言うように昨季のバルサとの差は17です
国王杯も毎年負けてますのでロナウドいても結果は変わりません
独力で違いを作れる選手じゃありませんので
彼はフィニッシャーとして最高の選手であり
周りが彼を引き立てなければ彼は仕事をしてくれません
今のレアルの不調は得点力以前の問題です

>現にロナウドはセリエでゴール、アシストランキングでそれぞれ上位に入ってるからね

彼のプレースタイルをご存じの上で言ってるのでしょうか
そしてユーヴェが不調というのもご存じでしょうか
シーズン後半に入り彼は酷いパフォーマンスを見せています
それはレアルのファンなら予測出来た事です
ロナウドはセリエで157本のシュート放って19ゴールを得ています
ちなみに2位につけてるピョンテクは89本のシュートで18ゴールを得ています
これがどういう事か分かりますか?
昨季まで同様の事がレアルで行われていました
アシストにしても素晴らしい創造性だとか
崩しに至るクリエイト能力を持ち合わせるというわけではありません
素晴らしいボールを受けてFWに折り返す事でアシストをしています

ロナウドいても勝ててないんですリーグでは
だからこそ様々な形とオプションを持ち若い才能を伸ばさないといけない
これはロナウドがいたら不可能な事です
彼主体のチームにはもう限界が来てたんですよ
[ 2019/03/02 12:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。