ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

オリバー・カーン!ドイツ代表キーパー、ノイアーとテア・ステーガンのポジション争いに言及!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

ste.jpg


オリバー・カーン!
ノイアーとテア・ステーガンのポジション争いに言及!


ドイツ代表でのポジション争いが始まった・・。


ここ最近FCバルセロナで、マーク・アンドレ・テア・ステーガンが素晴らしい活躍を見せていることで、ドイツ代表のゴールは誰が守るべきか大きな議論となっている。


スポンサーリンク



代表監督のヨーギ・レーヴは今後もマニュエル・ノイアーがナンバー1である事を強調している。しかし彼の挑戦者によるプレッシャーは高まっている。


“私はマニュエルに今後もチャンスを与えることは正しいことだと思う。代表での彼は非難するに値するとは思わないしね。”と元代表キーパーのカーンはDAZNにおいて語っている。しかしそれと同時に、ノイアーは“注意しなければならない。”とも語っている。“最近はアンドレも彼のレベルに達しているからね。”と彼は続けた。



テア・ステーガンも最近ノイアーとポジション争いをするつもりであることをDAZNにおいて語っている。



“マニュエルがドイツ代表で成し遂げたことにはリスペクトしているよ。彼は素晴らしい大会を送ってきたからね。だけど隠したくないから言うけれど、キーパーのポジションも世代交代を行うべきだと思う。僕はプレッシャーをかけたいね。”



ドイツ代表は3月の20日にセルビアとテストマッチを行う。この試合ではテア・ステーガンがチャンスを得る可能性は高い。3月24日にはユーロ予選でオランダと対戦する。





以上です。

ドイツも世代交代の時期が来ていますが、ノイアーはまだ数年はトップレベルでプレーできるでしょうから、どちらを起用するかは非常に悩ましい問題ですね。ノイアーの調子がこのまま上がらなければ別ですが、監督が変わらない限りはノイアーで行きそうですね。



[ 2019/03/02 13:08 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(6)
キーパーとセンターバックは世代交代を焦ったらダメでないの?特別ハードに動かなければいけないポジションではないし、むしろ眼が重要でないの?
ドルでもアニキを半ば無理やりベンチに置いた途端、失点が増えていったよ。良いものを変えてはいかんという例えの通りだったよ。
[ 2019/03/02 13:31 ] [ 編集 ]
クラシコのテア=シュテーゲン半端なかったし、もっとチャンスあげて欲しいけどなぁ
[ 2019/03/02 14:24 ] [ 編集 ]
レーヴのやり方なら寧ろテアシュテーゲンの方が合いそうだけど
レーヴもノイアーもテアも皆わり食いそうだよね
[ 2019/03/02 14:57 ] [ 編集 ]
レベルの高すぎるポジション争いで羨ましい
どっちが世界No1か争ってるようなもの
[ 2019/03/02 18:58 ] [ 編集 ]
世代交代にも良い世代交代と悪い世代交代がある。基本的に世代交代のための世代交代は良くない。脂の乗った熟練選手を追い出して、実績も経験も無い10代の青二才でチーム組んで挙句経験不足により失速するお粗末な世代交代をしてるチームもあるしね。

まあでもテア・シュテーゲンも26、実績も実力も証明済みだしノイヤーとポジ争いしても良いんじゃないか。
[ 2019/03/02 23:30 ] [ 編集 ]
クルトワとチェフみたいに世代交代したらすぐ引き抜からた見たいな事にはならないのが代表の良いところですね
本当にいい選手同士の世代交代であれば安心して引き継がせられる
[ 2019/03/03 03:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。