ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB監督ファヴレ!アウグスブルク敗戦後、相手監督を祝福せず!!《ドイツの反応》

【ビルト】


bvb.jpg

ドルトムント敗戦後のフラストレーション!

ファヴレ、アウグスブルク監督を称えず!

ドルトムントは本当にやばい状況だ。

アウグスブルクに1:2で敗れたのだ。今日バイエルンがグラートバッハに勝利すればポイントで追いつかれてしまうのだ、。15節が終わった段階では9ポイント差もあったというのに、差もなくなってしまった。

スポンサーリンク



ルシアン・ファヴレ監督はがっかりして、“今日の負けは非常に不要なものだった。勝てただろうね。対戦相手にはゴールチャンスがなかったからね。”と語っている。



それに対してアウグスブルクの監督はこの発言を不思議に思っている。そしてファヴレが去った後に、“彼は我々の勝利を祝福することもなかったしね・・”



バウムはさらに続ける。“もちろん監督は常に考える事で忙しいわけだから、まあこの事をそんなに悪気があっての事だととらえることはできないね。でも彼はもしかしたら我々がそんなに悪くはなかった事も忘れてしまったみたいだ。”




ファヴレが腹を立てているのは、ディフェンスのミスだ。


▶24分:ザガドゥーがサイドラインで滑ると、ハーンがボールを奪取し中央にクロスを送る。ジがそれを押し込んだ。


▶68分:ハキミのひどいパスミス。ジがそのボールをカットし、ファーサイドに浮かしたシュートを決めた。


ビュルキ:“もの動くフラストレーションが溜まるね。2ゴールもプレゼントしてしまったよ。そしてそれで敗れてしまった。その二つのミスを補う方法も見つけられなかった。”


復帰したばかりのマルコ・ロイスも落胆している。“ゴールチャンスは十分にあった。このようなミスが起こってはならない。”




以上です。

まあザガドゥーもハキミも若い選手ですから、ミスはある程度は想定内でしょう。でもだからと言って4人も若い選手を後ろに並べるのはさすがにリスクが高すぎますね。


個人的にはファヴレがどうしてディアロをサイドバックで起用するのかいまいちわからないですね。それにセンターバックでそれほど悪くなかったヴァイグルもアカンジとザガドゥーが復帰したとたんやっぱり控えに戻ってしまいましたし・・・・。やっぱりファヴレの中でのヴァイグルの優先順位は低そうですね・・。




ファヴレが相手の勝利を祝わなかったというのは、握手を忘れたか、握手をしても無言だったという事でしょうね。負けても相手チームにおめでとう、というのが礼儀ですから、これをしないと結構ニュースになります。



[ 2019/03/02 19:03 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(17)
ヴァイグルは結構フリーにさせてたりしてたのでCBでやはり本職では無いのかなあと思いましたが
人によって見方は違うのですね
[ 2019/03/02 19:07 ] [ 編集 ]
リヴァプール戦のコバチみたい

ヴァイグルは夏に移籍させてほしい、本当にかわいそうだ
[ 2019/03/02 19:18 ] [ 編集 ]
せっかく優勝するチャンスなんだから冬に補強すべきでした
冬補強せずこうなってるのは印象悪いですね
ツォルクも叩かれ始めてますし
[ 2019/03/02 19:20 ] [ 編集 ]
 ミスは相手あってのもので、相手がこちらのミスを誘発する良いプレーをしたのです。そしてこちらは相手のミスを十分に誘発出来なかった。つまり、相手の方が上手く戦ったということ。

 それを認めることが出来ないという事は、ファヴレ監督は相当追い詰められているのだろう。フロントや選手からの信頼が揺らいでいるのかもしれない。
[ 2019/03/02 20:03 ] [ 編集 ]
ヴァイグルはPSGに移籍を画策していたので、ファブレが香川にしたようにヴァイグルにも冷遇政策をしているんですよ。

つまり、ファブレは独裁政権ですね。

まあそれで勝てなくなってるんですから自業自得でしょう。

ファブレ・ドルトムントは今シーズンで終わりになりそうで良かったと思いましょう。
[ 2019/03/02 20:05 ] [ 編集 ]
シュート20回くらい打って、そのうち半分は枠行ったけどことごとくキーパーにはじき返されたあげくミス2つで負けたんだから、そらイラつく笑
ただし、ミスの原因はベンチの凡ミスだと思う。両サイドバックの守備が全然ダメなのはわかっているのに何故かいまだに4バックしてサイドバック置いてるよ。シュメレとピシュチェクが帰ってくるまでの間、ウイングバックおいて3センターバックでいいのに。守るとき5バックやればいらん失点はとりあえず止むと思うよ。
それに、これやれば昨日みたいにロイスがボール狩りに走りまくらなくてすむし前向けるでしょ?
[ 2019/03/02 20:16 ] [ 編集 ]
まあ、そういう監督さんなんでしょうね。自分の使いたくない、もしくは使わなかった選手に対する扱い見ても。香川選手をして「屈辱的だった」と言わせる何かがあったようですし。
勝負事ですから良い時も悪い時もある、ただ礼儀はわきまえないと行けませんね、喧嘩じゃないんですからw
[ 2019/03/02 20:40 ] [ 編集 ]
ロイスも戻り上昇するように思えたんですが、この敗戦は痛いです。すぐにCLもありますがどう戦うんでしょうか。気持ちの持って行き方が難しいように思えます。ファブレも監督としての器を問われますね。
[ 2019/03/02 21:43 ] [ 編集 ]
9ポイントもあった差がみるみるなくなって、チーム自体も覇気がなく、試合内容と結果に本当に残念です。若い選手が多いから、一度低迷するとなかなか立て直すのは大変そう。

ファブレ監督も試合後握手もせずに立ち去るなんて、今のチーム状態の悪さを象徴しているようです。この監督、選手に対しても思い込んだら、なかなか評価は変えないようで、ヴァイグルの扱いは不当に感じます。

ファブレ監督が柔軟に対処しないと、ズルズル落ちていくようで、怖い!
[ 2019/03/02 22:39 ] [ 編集 ]
ファブレを辞めさせて香川を戻せばいいだけ。監督は誰でもいいけど香川は絶対スタメン!
[ 2019/03/02 22:56 ] [ 編集 ]
ファブレの焦りと不安が見えますね、リーグ前半の強運を実力として過信しすぎているのでしょうね
[ 2019/03/02 23:45 ] [ 編集 ]
昨シーズンの悪かった時のよう
昨シーズン前半はバルトラの個人的ミスが目立って、そのミスを試合後にシュルレが責めてたことがあったね(自分のミスを棚にあげて)
後半戦はシャヒンやカストロあたりがたまに試合に出ると個人的ミスしてたのを覚えてる
人は変わったけど中身は一緒なんだなーとしか
あとファブレ監督の態度は余裕の無さの現れだね
[ 2019/03/03 00:27 ] [ 編集 ]
最近ファブレを賞賛し、ヴィツェルなんかを質の高いプレイヤーとか持ち上げまくってた奴の姿形が見えないようだが元気かい?
ファブレ君は負け犬の恥さらしの様な素晴らしい対応をしてる見たいだし、ヴィツェル君も無駄なポゼッションばかりしてるようだが LOL
[ 2019/03/03 00:35 ] [ 編集 ]
自分もなぜCBヴァイグルをザガドゥより下に見るのか理解できないですね。
それとヴァイグルのような現代の「散らし型」のアンカーや、CB時のヴァイグル(フンメルスタイプ)の「後方のプレーメーカー型」のCBには、その前方に香川のような、常に中央のコースを限定してくれるフィルターが不可欠で、今のチームではなかなか彼のタレントは行かせないと思います。
今シーズンブンデスの前半戦でドルトムントは躍進しましたが、それはボシュ時代と同じで、優秀なスカッドで前時代的な珍しい戦法を使ったので他チームが面食らっていただけで、対策されてしまうと対策返しするプランBもないまま負けている、そんな状況だと思います。優勝は無理でしょうね。
[ 2019/03/03 01:09 ] [ 編集 ]
今シーズン最初に言いましたが、個人的には現時点での成績はどうなったか判りませんがシュテーガー氏の方が断然良かった。
[ 2019/03/03 03:13 ] [ 編集 ]
まだドルで香川みたいとか流石にどうかしてるわ
監督→いらない
香川→スペイン行きたい
信者→香川みたい
NEW?→監督辞めさせてドルに香川w
[ 2019/03/03 12:08 ] [ 編集 ]
まあ遅くても来シーズン後には居なくなるだろうねこの監督
[ 2019/03/04 00:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。