ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「ブンデスリーガの中堅チームのようだ!」マティアス・ザマー!ドルトムント選手をめった斬り!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

sammer2.jpg

マティアス・ザマー!

BVB選手たちをめった斬り


BVBでアドバイザーを務めるユーロスポーツのマティアス・ザマーはドルトムントがアウグスブルクに敗れた後で、非常に不機嫌だった。2002年にドルトムントを優勝に導いたこの監督は、チームを批判している。そして選手がメンタル面で問題を抱えている事に気が付いたようだ。




スポンサーリンク



ボルシア・ドルトムントはこの敗戦で、優勝争いのポール・ポジションを失ってしまうだろうか?BVBはアウグスブルクに1:2で敗れ、後には非常に重苦しい空気が残っている。ルシアン・ファヴレ監督も、ロマン・ビュルキも試合後にチームを批判しているが、さらにアドバイザーを務めるマティアス・ザマーもチームを激しく批判し、ユーロスポーツにおい自分の分析を披露している。


“彼らは成熟していない。まだ熟していないんだ。”と彼は不満を口にしている。“試合前にも言及したけれど、選手たちは何が待ち構えているのか分かっているのだろうか?ハキミは分かっていないし、サンチョも分かっていない。ザガドゥーも分かっていない。”と彼は1:0で迎えたハーフタイム中に語っている。


“ドルトムントにやる気がないわけではないが、相手チームは生き残りをかけて戦い、もう一方はただ勝ちたいだけに見えるね。”と語っている。


ザマーは試合前に、フライブルクに5:1で敗れたアウグスブルクに軽い気持ちで挑んではならないと警告している。しかしハキミもザガドゥーも別な事を考えていたようだ。彼ら二人がゴール前で失点につながるミスを犯している。



ザマーによると、“BVBは自分たちが何が欲しいのか、はっきりと理解しなければならない。優勝争いをしたいのだろうか?”と語っている。BVBはニュルンベルクに引き分け、そしてアウグスブルクとデュッセルドルフに敗れているが、“これらの試合で彼らはチャンピオンズのように振る舞う事が出来ていない。まるでブンデスリーガで平均的なチームのようだ。”と評している。



すでにドルトムントのミスからした失点は二けたに達している。ザマーはそれにひどく腹を立てている。“これが10個目の個人的なミスだ。もうこれ以上こんなことがあってはならない。”



さらにキャプテンのマルコ・ロイスも試合後に個人的なミスであることを強調し、このよな事があってはならにと語っているが、ザマーは”試合後に個人的なミスだったという事はできるが、それがいったい何の助けとなるだろうか?“と語っている。






以上です。

管理人もシーズン初めから下位相手にポイントを取りこぼすことだけはやめてほしい、と言ってきましたが、ドルトムントはまさに下位相手にポイントを落としまくっていますね。これってなんなんでしょうか・・・。下位相手だと気が緩むんでしょうかね。バイエルンやグラートバッハを相手に勝ち点を落とすのはまあ起こりえる事だと思いますが、下位相手にポイントを落としていては優勝は難しいですよね。


バイエルンもまあデュッセルドルフ相手に勝ち点を落としているわけですが、そこに期待するにしてもポイント差はもうないに等しいですから・・・。


ドイツではこれからしばらくはドルトムントのネガティブな報道が増えそうです・・。

[ 2019/03/02 20:22 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(15)
なんで外人ばっか名前出してんのこの人。これまで4年間くらいずっとダメだったの出続けてた優遇ドイツ人枠の選手達についても何か言ってくれよ。
[ 2019/03/02 20:58 ] [ 編集 ]
ずっと後半戦こそ厳しくなるとここでも書いて来ました。毎年怪我人や病人が増えて来て、対策もされて来る。そして何より前半戦を首位で終えた事により優勝へのプレッシャーがかかって来るからです。チームは若手と新人でほとんど構成されているのでまとまりがない。そして経験がない。ファブレ自身もトップクラブを率いる経験値が低いので香川のようなベテランの価値が分からなかったんでしょうね。もっと上手く使えば良かったのにと思います。
[ 2019/03/02 21:08 ] [ 編集 ]
ロイス復帰したのに、これではちょっと厳しいですね
上手く行かなくなった時のほうが監督の手腕が問われるような気がしますが、さてどうなりますかね
[ 2019/03/02 21:10 ] [ 編集 ]
おもしろくなってきたな \(^o^)/
[ 2019/03/02 21:10 ] [ 編集 ]
別に中堅チームのようだってのは間違ってないでしょ、とりあえず引っ張ってきてとりあえずまとめて才能のままプレイさせてるだけだもの
クロップとトゥヘル以降野心なんて感じられないし・・・
[ 2019/03/02 22:51 ] [ 編集 ]
個人を批判したとこで結局起用してるのは監督だし獲得してるのもフロントだからね
[ 2019/03/02 23:17 ] [ 編集 ]
言ってはなんですが、なるべくしてなった結果じゃないでしょうか。
そもそもBVBの幹部達が“バイエルンとは競えるとは思っていない”“CLが目標”みたいな発言を繰り返していますし…。さらに若い選手ばかり買って、戦力になったら高値で売る…のがBVBの姿ですからね。“目標はリーグ優勝”としない限り、選手もそういうメンタルになってしまうでしょう。
[ 2019/03/02 23:58 ] [ 編集 ]
単に下位チームの方が勝ち点を獲得する堅実的なサッカーやってるだけ
上位チームはドルトムントの舞台に態々乗ってやって殴り合いしてやってるから足元掬われる
元々ドルトムントはヘボサッカーしかやってないんだから、焦れずに逆にドルトムントを焦らせれば良いんだよ
それよりザマーはバイエルンに持ち帰る手土産のリストアップが終わったのかい?
[ 2019/03/03 00:32 ] [ 編集 ]
近年のドルトムントはポジション争いやらしてないからな。
いま使われてるプレーヤー見てると、単に調子がいいだけだったり、監督の好みだったり、素質だけは凄かったりのプレーヤーが多すぎる。昨日出てたプレーヤーで競争を勝ち抜いて出てたのはゲッツェとロイスとラーセンだけだよ。あとはみなさん、ほぼタダ同然でポジションもらったプレーヤーばかりだった。実績やら実力はほぼ無視といった感があるね。まぁ実績、実力のあるプレーヤーたちは厄介払いしたしな。
こうなれば若手は勘違いするわな。
[ 2019/03/03 02:57 ] [ 編集 ]
ラーセン残して、よくも香川を放出できたなと。
[ 2019/03/03 09:18 ] [ 編集 ]
何を言ってるんですかね?
フロントは元からCL圏内を狙ってると公言して、実際そう動いてるんですからCLさえ出られれば満足でしょう
[ 2019/03/03 10:01 ] [ 編集 ]
スペイン首位:バルセロナ
イングランド首位:マンチェスターシティ(暫定)
イタリア首位:ユベントス
フランス首位:パリ・サンジェルマン

ドイツ首位:ドルトムント


これだとどう見たってドイツが格落ちしてしまうんですよね…
[ 2019/03/03 10:44 ] [ 編集 ]
ザマ―の気持ちはとても良く分かります。
監督がファブレになって、新加入の選手が増えてチームも新しくなりましたが、
なんとなく小さく纏まって、これと言って特徴が無いというか、
未完成だけど嵌った時は物凄い破壊力を見せつけて興奮させてくれるチームだとか、
個人的には見ていてもあまり面白いサッカーをしてくれていない気がします。
昨夜はアーセナルとトテナムの試合を見ましたが、今のドルトムントは微妙です。
ファンとしては香川が抜けてしまったから、と言うのもあるのかもしれませんが、
ゲッツェやロイスも頑張っていますので、今後に期待しつつ見てみたいと思います。
[ 2019/03/03 14:05 ] [ 編集 ]
>昨日出てたプレーヤーで競争を勝ち抜いて出てたのはゲッツェとロイスとラーセンだけだよ。

いや全員優遇起用でまともなポジション争いなぞなかったけどな、特に出戻り以降何年も酷かったゲッツェにはどうしてこんなに甘いのか謎
管理人さんですら復活するの望んで他選手が割食ってんの大して言及しないけど、クラブ的にリーグワーストイレブンに選ばれる奴使い続けるメリットないし、ドイツ代表意識するのは本末転倒な上するにしてもヴァイグルフィリップ等将来ある若手中心にすべきだったろ?特にヴァイグルはPSG移籍を破綻させといてこの扱いだからな
[ 2019/03/04 02:31 ] [ 編集 ]
情けないですよ。まあアイドルゲッツェの復活とドルの王様ロイスにスコアガンガン稼いでもらうしかないですね。貰うものも沢山頂いているんだから、香川にしても、ヴァイグルにしてもフィリップにしても競争らしい競争もさせて貰えずだったんですからロイスとゲッツェとファブレかぶれでなんとかしなさいよ!
[ 2019/03/04 12:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。