ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!グラートバッハを5:1で下しドルトムントと同ポイントに!《ドイツの反応》

【ビルト】

fcba.jpg


グラートバッハ:バイエルン 1:5


バイエルン!ドルトムントに追いつく!

これで振出しに戻った。


バイエルンはリーガ15節の時点でドルトムントに9ポイント差もつけられていた。しかしそれから9試合でその差はたったの2ゴール差まで縮まっている。



バイエルンは、ドルトムントがアウグスブルクに敗れたチャンスをしっかり物にし、グラートバッハに5:1で勝利して首位のドルトムントに並んだのだ。両チームは勝ち点54を獲得している。バイエルンは開始早々に決まったゴールで優勝争いに戻ってきた!


スポンサーリンク



最初のゴールは65秒後に決まっている。

ハメスが右からコーナーを蹴るとマルティネスが1:0となるゴールを決めたのだ。これでマルティンネスは今シーズンヘディングで12ゴールを挙げており、さらにリーガでは2試合連続となっている。


いずれにせよヘディングの前にマルティネスはエルヴェディを肘で押しており、この判定には疑問が残る。ビデオ審判はこの場面ではなにもしなかったが、これは明らかなミスだ。


これはグラートバッハにとってはブンデスリーガで1000失点目となっていたが、彼らがそれに腹を立てる時間は9分間しかなかった。最初のゴールから9分後の開始11分にミュラーがスプリントしてグナーブリーからのクロスに合わせてボレーシュートを放つ。最初はキーパーに阻まれたものの、2度目のシュートが決まったのだ。最近ベンチに座る事が多かったミュラーだが、767分にわたるノーゴールもこれで終わっている。


バイエルンはドルトムントの失態もあり、よりモチベーションが高かったようだ。30分が過ぎた時点で0:5とならなかったのは、キーパーのゾンマーのおかげだろう。


しかし次に点を決めたのはグラートバッハだった。37分にはアザールがズィーレの足の間からシュティンドゥルにパスをすると、シュディンドルはボアテンを交わしてニアサイドに決めている。これで2:1だ。バイエルンの守備陣は非常に年を取っているように見えた。


しかしグラートバッハ後半開始もまたしても失敗している。今度は後半開始からたった64秒しかかからなかった。またしてもバイエルンがゴールを決めたのだ。



ティアゴがレヴァンドフスキーにパスを出す。レヴァンドフスキーはトラップ時にターンし、そのままゴールを決めたのだ。これはレヴァンドフスキーにとってはバイエルンでの120ゴールとなっている。これよりも得点したのは、ゲルト・ミュラー(365)とカール・ハインツ・ルンメニゲ(162)だけだ。



グラートバッハにとってはまだこれで終わりではなかった。75分にはグナーブリーがシュートを決め、さらに90分には疑惑のPKからレヴァンドフスキーが決めている。バイエルンはグラートバッハのボロボロの守備を容赦なく罰したのだ。


バイエルンはこの試合でトリッソ、ロッベン、コマン、リベリー、ゴレツカ、そしてアラバを欠いていた。そのためコヴァチは現在いるメンバーをフル活用したが、ヘルタ戦でコヴァチ批判をしたラフィニアも先発で出場している。さらにベンチには普段U23でプレーしている選手が4人も座っていた。


グラートバッハは前半戦ホームで行われた9試合で3失点しかしていないが、ここ3試合では9失点もしている。


それに対してバイエルンはドルトムントに追いついている。これでバイエルンは再び自分たちの力で優勝争いをする事が出来るのだ。リーガは4月6日のドルトムント対バイエルン戦に向けて熱くなる!






以上です。

バイエルンはけが人が多かったので、ひょっとしたら負けるかとも思いましたが、5:1で快勝しましたね。これで得失点差も2まで縮まっています。4月6日の直接対決までは、ドルトムントにはなんとしても離されないでほしいですね。



[ 2019/03/03 05:49 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(5)
バイエルンはCLを勝ち進む事の方が大事だし、苦手のメングラだから勝ち点落とすだろうと言ってたドルサポさんの期待も虚しく大勝ですか、、、
まあ何を根拠にバイエルンがCLの方に注力すると思ったのかが謎ですが、、、
だって前半戦終わった時からバイエルンの選手達もコバチ監督も優勝を意識したコメントしてましたからね、あんなに弱かったのにもかかわらず(笑)
まあドルトムントの前半戦の勝ち点積み上げがラッキー要素満載だった事は、一部の人達を除けばわかってた事なので、バイエルン側が自信を覗かせても不思議じゃ無かったですがね
こうなるとドルトムント側のプレッシャーがハンパないですね
あれだけリードしておきながら、今シーズンの弱体化したバイエルンに優勝をさらわれるなんて事が無いように頑張らないと!
[ 2019/03/03 08:00 ] [ 編集 ]
バイエルン優勝おめでとう!
[ 2019/03/03 09:21 ] [ 編集 ]
今シーズンのバイエルンの監督はハインケスに交代してねーのに、追いつかれるとかどんだけwww
[ 2019/03/03 13:32 ] [ 編集 ]
私もあまり驚きはありません。
今季のドルトムントの試合はずっと見てきましたが、前半勝ち点を拾えたのは
とても幸運な要素が多かったですし、途中凄く良い試合などもあったのですが、
メンバーも若く、チーム実力はまだまだ不安定と思います。
ポカールは早々に敗退して、CLはまだどうなるか分からないですが、
前回の2011、2012シーズンのような勢いも感じられないです。
ファブレは来季も監督出来そうなので、夏を経て来季はまたどのような
メンバーになるか分かりませんが、ドルトムントは来季に期待します。
個人的にはフランクフルト辺りが何処迄上位に食い込めるか期待して見てます。


[ 2019/03/03 13:49 ] [ 編集 ]
よく言ってくれた03/03 08:00さん
そもそもバイヤンがリバポに勝つ気ならアンフィールドでアウェイゴール狙うのは素人でも分かる話だし
ファンダイクロブレンがいないリバポ相手に守りに行った時点で勝てたら良いかな〜的な姿勢で初戦に望んでたのは間違いない
なのにCLに力入れるとか荒唐無稽な主張でドルトのリーグ楽観視を擁護するサポには納得いってなかったんだよね
本当よく言ってくれたよ
[ 2019/03/04 02:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。