ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ファヴレは危機に対処でいない?ドルトムントがパニックに!《ドイツの反応》

【ビルト】

favre32.jpg

ファヴレは危機を脱することができない!


ドルトムント!タイトルパニックに


ポカール敗退!チャンピオンズリーグほぼ敗退!そしてどうやらリーガ優勝も逃してしまったようだ。


BVBはアウグスブルグ戦で今シーズン2敗目を喫している。ドン・ウォン・ジの2ゴールで1:2で敗れたのだ。バイエルンとのポイント差も消えてしまった・・ドルトムントは本格的に危機に突入する。


スポンサーリンク




ドルトムントはタイトルパニック!


4週間前はすべてが順調そうだったが、それ以来ドルトムントは28日で7ポイントも失っている。それどころか12節から15節まではバイエルンとは9ポイントもあったのだ。


2月2日の段階ではBVBはフランクフルトに引き分けたが、バイエルンがレヴァークーゼンに敗れている。そのためドルトムントが優勝するとみられていた。しかしそれ以来ドルトムントは優勝に突き進むのではなく、ルシアン・ファヴレの下で全力で危機へと突き進んでいる。


BVBの悪夢を要約する:ブレーメン戦でのポカール敗退。そしてホッフェンハイムに3点リードを追いつかれての引き分け。チャンピオンズリーグでとってんむに0:3で敗れる。降格候補のニュルンベルクに0:0の引き分け。そして今度はアウグスブルクだ。


中盤のトーマス・ディレイニーは1:2で終わったアウグスブルク戦後に、“もう今となっては、悪いプレーをして1ポイントしか獲得できなかったとしてもそんなに悲観する事ではない、と言えなくなってしまった。プレッシャーは大きいよ。このパフォーマンスではだめだね。“と語っている。


それに加えて:ファヴレは危機に対処できる監督ではないのだ!彼が夏以降素晴らしい仕事をしてきた事に疑いはない。しかしこれまで勝利街道だけだった。しかし過去はファヴレが危機に対処できない事を証明している。

2008/09シーズンのヘルタでは、チャンピオンズリーグ出場を逃したが、その次のシーズンでは18位まで落ちている、彼は自分の戦術に疑問を抱き、開幕6連敗の後で辞任している。そして2015年にもグラートバッハで同じような行動をしている。



このスイス人はこうした状況に声を荒げて対処するのではなく、どちらかと言えば感情を出さずに閉じこもってしまうのだ。控室で声を荒げるのではなく、戦術的になんとかしようとしているが、それが危機的状況に対する正しい対処だろうか?


今のドルトムントではメンタルの弱さが目立っている。アウグスブルクではザガドゥーとハキミという二人のディフェンダーが大きなミスをしている。ロマン・ビュルキはユーロスポーツにおいて、“試合中に選手をぶん殴らないように自分を制しなければならなかった。”と語っている。


マティアス・ザマーは“ドルトムントは成熟していない。試合はスポーツ面ではなくて精神面で決まってしまった。”とはっきりと語っている。




以上です。


ファヴレはグラートバッハでもヘルタでも危機的状況で自分から辞めていますので、この危機にきちんと対処できるかどうかは非常に興味深いですね。


最近は契約延長の話も出ていましたが、今は状況も変わりましたしもう少し様子を見るべきでしょう。




[ 2019/03/03 20:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(20)
まだポイントが並んだだけじゃないか  がんばりなはれや・・ としか言えない。
これでタイトル逃したらロイスが気の毒でしょ~がない 
[ 2019/03/03 20:30 ] [ 編集 ]
ビュルキは比較的ナイーブで仲間思いのタイプですが、殴りたくなるというのは、後ろから見ていて明らかに緩慢で擁護できない気の抜けた、今のチーム状況がわかっていない無責任なプレーだったからでしょう。古株はロイスとゲッツエだけ。後は外国人選手の若手と新入りだけ。監督もチームも勝利の方程式が分かっていない。かなり傲慢で未熟。クロップはどんなにゲーム差がついてもいつも優勝はわからないと言い続けて連覇を成し遂げました。若いチームなのだからこそ、その謙虚さが大事。ここで終わるか奮起できるか。優勝と準優勝は全くの別物。最後はやっぱりメンタルですね。
[ 2019/03/03 20:54 ] [ 編集 ]
バイエルンは監督が若く未熟な面はあっても、優勝を経験している選手ばかりですからね。彼らが自信を取り戻せば強いです。ドルにはほとんど残っていません。好調だったピシュチェクの離脱も大きいと思いますし、多くのタイトルを獲得し貢献してきた香川の経験も必要だったのではないでしょうか。
[ 2019/03/03 21:06 ] [ 編集 ]
特に悪くなってるわけではないのが辛いところですね。
シーズン序盤は若手の勢いやラッキーもあり勝ててた。
後半はラッキーがなくなっただけ。
もともとそこまで良いサッカーはできてませんでした。
[ 2019/03/03 21:35 ] [ 編集 ]
コンピュータゲームじゃねーんだから応援してるファンやサポーターが居る訳で、タイトル取れなくても問題無かった、取れるとは思わなかったってのは通用しないわな
仮にも独走して首位に居たんだから尚のことにね

ザガドゥに関しては昨シーズンからそんな選手だし、あんだけパスをザガドゥに送ってりゃ、そりゃやらかす確立がうなぎ上りになるわな

この監督は根本の根本から自分の心に折り合いつけて選手起用出来ない駄目な奴だろう
ヴィツェルの奴を使って後ろでポゼッションさせてるのがファブレの基本戦術だろうし、その基本を取り除けば堂々巡りしてる脳にちっとは血が巡り始めるんじゃねーの
取り合えず攻撃のボトルネックになってるヴィツェルを今すぐ追放した方がマシになると思うわ
[ 2019/03/03 22:20 ] [ 編集 ]
ピンチになった時に何をやらないといけないかはわかってると思う。
アウグスバーグ戦でも途中からダブルボランチの横のスペース埋めるために4141にして間隔をタイトにした。
でも、好んで使ってるプレーヤーが、日頃から背後をおなざりにする人だったり、当たりに行くのをサボってみたり、経験たりないだったりするから、ムチ入れたときにちゃんと走ってくれるかは疑問。
もう猶予はそれほどないと思うよ。
[ 2019/03/04 00:22 ] [ 編集 ]
優勝しなくてもゲッツェ使ってCL出場の枠つかんだらフロントから評価されるから大丈夫
[ 2019/03/04 00:48 ] [ 編集 ]
正直、試合は下手だよねこの監督
[ 2019/03/04 00:52 ] [ 編集 ]
 BVBの問題は精神面ではない。精神論で解決できるのは戦術的に負けても勝てる戦力を保持している場合だが、BVBにそこまでの戦力はない。
[ 2019/03/04 02:48 ] [ 編集 ]
元々地力はバイエルンの方が上という認識はドルトムント側さえ強く持ってそうなだけに
一回勝ち点を追い抜かれたら更に瓦解しそうで怖いですね。
最終的に3位くらいに落ち着いてCL圏を確保できたからOKだなんて言ってたらファンは腰砕けです。
[ 2019/03/04 06:10 ] [ 編集 ]
冷蔵庫に旬な野菜があっても人参は嫌いだと使わずに腐らせて捨ててしまう。そんな料理人がいるか。自分が試合をするのではなく選手が試合をするのだから、選手の能力を最大限に発揮できるようにするのが監督。色々な料理を季節に合わせてしかも自分のアイデアを加えて作るのが料理人。なぜドイツはいつも三流の料理人を各チームで使い回すのか理解できない。
[ 2019/03/04 07:57 ] [ 編集 ]
この人マネジメント力がそれこそ劣化版モウリーニョレベルで酷い。
ロイスのシーズン中の怪我とか安易に想像付くのに、ベンチの香川とプシリッチを何のケアもせず案の定。

ヴァイグルも完全に心がドルトムントから離れてるし、ドルトムント今年タイトル逃したら来年が地獄。
流石にサンチョは残ってくれると思うけどオファー次第じゃ売るからなぁこのチーム。
[ 2019/03/04 09:10 ] [ 編集 ]
ドルトムントとリヴァプール
前半戦あれだけ好調で2位との差を広げていてこのままいけるかもと思われた瞬間に
まるでシンクロするかのような急失速
やはりタイトル慣れしていない選手やチームではここぞという時にプレッシャーで押し潰されてしまうのかな…
[ 2019/03/04 09:12 ] [ 編集 ]
契約延長はしない方が良さそうですね。
[ 2019/03/04 09:40 ] [ 編集 ]
ファブレに壊れかけてるチームを立て直すプランがあるとは思えない
若手や新加入が多い今季は尚更修正は難しい
こんな時こそ経験豊富なベテランの力が必要なんだが、ロイス、ゲッツェしか居ない現状
CLも次で終わるだろうからリーグに集中出来る分言い訳は許されない
この監督との契約延長はハヤまらない方がいい
[ 2019/03/04 10:11 ] [ 編集 ]
バイエルンは大して補強もしてない上に内紛も起こしてる状態なので
ドルトムントは今季優勝できないならもうしばらく無理だと思いますけど
[ 2019/03/04 13:13 ] [ 編集 ]
自分のこの監督のイメージはやはり期待されてたシーズンで負け続けた後のメングラ途中解任かな
[ 2019/03/04 13:23 ] [ 編集 ]
順応性が低く、頭が柔軟ではない。
対応できなくて、現状把握できず、
今や一部の選手にも 距離を置かれている。
アイデアがないから、キツイですね。
[ 2019/03/04 21:03 ] [ 編集 ]
07:57さん、いいこと言いますね。
監督は本当に料理人。うまく素材を使ってこそうまくいく。嫌い、苦手な食材も使ってこそおいしい料理、いいチームになります。柔軟なアイデアあふれるチーム作りできる監督は苦境も打開できますがね。
[ 2019/03/05 07:20 ] [ 編集 ]
一筋縄ではいかないプレミアで首位争う相手はスカッドナンバーワンのペップマンシー、変化がないブンデス で首位争う相手は近年稀に見る小物監督が選手と内紛起こしかけ不調に陥ってるバイエルン
これを一緒くたにしてリバプールとドルトムントを比べるのは余りにクロップに失礼だと思いますね
そうしてドルサポがクロップトゥヘルに敬意を払わずファーブルみたいな中堅監督と同等の扱いをするから逃げられてしまったんではないでしょうか?
ドルトには様々な問題があるとは思いますが一番はここですよ、あくまでチームを率いるのは監督なんで
[ 2019/03/06 17:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。