ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ハンブルガー酒井!戦術メモを相手ベンチの前に投げ捨ててしまう!!!ネットの反応は?《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】


酒井高徳!戦術メモを間違った場所に捨ててしまう!!ネットの反応は?

sakai3.jpg


ハンブルガーはグロイター・ヒュルト戦ではアーロン・フントのおかげで幸運をつかんだ。しかし酒井高徳も話題となっている。このディフェンダーは戦術が支持されたメモを相手チームのベンチの前に投げ捨ててしまったのだ。この行動にはネットでは以下のような反応が集まっている。




スポンサーリンク



ハンブルガ―にはまるで不文律でもあるかのようだ。アーロン・フントがゴールした試合で、ハンブルガーが負けることはないのだ。そして月曜日もまたしても彼の出番だ。彼は85分にゴールを決めてハンブルクを勝利に導いたのだ。



しかしその少し前に酒井高徳がちょっとしたミスを犯している。



へー・チャン・ファンが負傷交代することになったために、ハンブルガーの監督ハネス・ヴォルフは酒井に戦術を指示したメモを手渡ししている。酒井はそのメモを元にチームメートに指示を出した後で、その紙を丸めて相手チームのベンチ前に投げ捨てたのだ。


フュルトの助監督はこのメモを広い、メモを眺めている。しかし最終的には成功することはなかった・・・。


“これはそんなに重要なことじゃないよ。まあ賢いとは言えないけれどね。でも最終的にはどうでも良いことだ。”とフントは酒井のこの行動にコメントしている。このメモを拾い上げた助監督ミリャトヴィッチのこの行動に対しては、“彼はフィールドをきれいにしたんだから、親切な振る舞いだね。”と語っている。


以下、酒井の行動に対するネットの反応


・この酒井の天才的な行動が、ハンブルガーの現在の状況をすべて現わしている(笑)。


・酒井はこういう奴だ。ヴォルフ監督の戦術メモを相手ベンチ前に投げることで、自分の監督を裏切った・・。


・ハンブルクと紙のボール。友好の歴史ではない。


・クレイジー!


・紙のボールが僕らのチームの長所だったことはないからね・・・。


・これはなんて親切な行動なんだ。戦術メモを相手ベンチ前に投げるなんて!これぞHSV!


・きっと実際のところ、ヴォルフは酒井にこのメモを相手ベンチ前に投げるように指示したんだ。それによって戦術の裏をかくように。まあ想像するのは勝手だから。


・ごみはゴミ箱へ!!





以上です。


まあチームメートに指示出しも終わったので、後は特に深く考えもせずに、メモを丸めてフィールドの外に捨てただけだと思いますが、よりによって相手チームに拾われてしまったようですね。


試合も終盤でしたし、最終的にはハンブルガ―が勝利していますから、笑い話で済んで良かったですね。




ちなみにハンブル―ガは2部リーガで2位にいますね。首位のケルンとは1ポイント差、3位のウニオン・ベルリンとは3ポイント差となっています。4位のザンクト・パウリとは4ポイント差ですから、2部リーガの優勝争い、昇格をかけた戦いの行方はまだ分かりませんね。


[ 2019/03/05 18:18 ] 酒井高徳 | TB(-) | CM(3)
 ピッチの中だと相手に拾われるし、捨てるのは難しいですね。ソックスの中にでも入れとくしかない。
[ 2019/03/05 18:52 ] [ 編集 ]
「バカが見る!!」と書かれていたに違いないw
[ 2019/03/06 00:35 ] [ 編集 ]
食べとけ
[ 2019/03/06 16:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。