ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》CL ズボンが破けたグアルディオラ監督 ビルトでネタにされる!!

昨日のチャンピオンズリーグ、ポルトを相手に6:1で完勝したバイエルンですが、試合中にトレーナー、グアルディオラのズボンが破けたことで話題になっていました。今日のビルトの記事になります。




バイエルン:ポルト戦でペップ・グアルディオラのズボンが裂けたので、


201504230305281f0.jpg

10の衣装を提案!!

ペップ、試してごらんよ。




投票受付中:どれが一番いいですか?



非常にワクワクする試合だった。しかし良いスーツを来たグアルディオラにとってはエキサイティングしすぎな試合だったようだ。


準々決勝対ポルト戦で彼のズボンが破けた後でネット上でもその事が大きな話題となっている。



20150423062144f66.jpg


まだ試合中だというのに、いくつかのツイッター上では様々なジョークが見られた。:“ここにミュラー・ヴォールファールト医師がいたらこの裂け目を3針で縫ったに違いない!!”


それほど迷信的ではないグアルディオラは、このズボンを準決勝で履くことはおそらくないだろう。ペップ:“次の試合には新しいズボンを買うよ。”


ビルトが洋服ダンスを掘り返し、彼に10の異なるスタイルを提案する。


1 闘牛士スタイル

20150423030530aae.jpg


2 バギー スタイル ジーンズ

20150423030531014.jpg


3 バイエルンの短パン

20150423030532022.jpg


4 青いつなぎ

20150423030736fa3.jpg


5 海パン

20150423030738ddb.jpg

スポンサーリンク


6 ジョギングスタイル

2015042303073934f.jpg


7 ハルク ホーガンのズボン

2015042303074192d.jpg


8 ヒップホップ

201504230307428ec.jpg


9 バイエルンの長ズボン

20150423031145452.jpg


10 レギンス

201504230311464d4.jpg

写真はすべてビルトから引用





以上です。


結構面白かったので取り上げてみました。
現在投票中ですが、結果が出ましたら追って報告したいと思います。今の所ジーンズスタイルが1位のようです。

それにしてもよくやりますよね。ビルトは。


管理人個人はどんなに動いても破れない、しかもペップのスタイルをアピールできる伸縮自在のレギンスがいいと思います。 


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball


[ 2015/04/23 06:01 ] バイエルン | TB(-) | CM(9)
No title
ヒップホップいいじゃんw
[ 2015/04/23 06:29 ] [ 編集 ]
爆笑
ビルトの何でも笑いに持っていくセンスが憎いですね
インモービレの自宅ディナーの時も面白かったです
[ 2015/04/23 08:06 ] [ 編集 ]
青いつなぎがかわいいです。
[ 2015/04/23 08:26 ] [ 編集 ]
No title
青いつなぎw
ペップがこんな衣装で試合にくるなら、
これから毎日バイエルン応援するよ!
[ 2015/04/23 08:56 ] [ 編集 ]
No title
昨日は朝からおっさんの太ももとパンツをニュースで見るはめになってなんとも言えない気分だった
ドイツはパンツ祭りか
[ 2015/04/23 11:36 ] [ 編集 ]
ビルト最高!闘牛士スタイルが似合ってると思うんだけどレギンスが実用的だよね。
[ 2015/04/23 13:44 ] [ 編集 ]
No title
めちゃ面白い(・∀・♪
[ 2015/04/23 14:32 ] [ 編集 ]
バギースタイルは、クロップの引退会見のスキニージーンズを思い出した。
[ 2015/04/23 15:05 ] [ 編集 ]
No title
コラ祭りwww
オーバーオール違和感ないな
[ 2015/04/24 03:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。