ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表!マテウス!「大きなチャンスを無駄にした!」BVB幹部を批判!《ドイツの反応》

【Sport.de】


mattaus.jpg

マテウス!BVB幹部を批判!

大きなチャンスを無駄にした!


ドイツ代表最多出場記録を誇るローター・マテウスはここ最近弱体化しているドルトムントを批判している。そしてその責任はBVBの幹部たちにもあるようだ。

スポンサーリンク


ドルトムントは火曜日にチャンピオンズリーグでトッテナムと対戦する。


“仮に勝ち進むのが困難だとしても、選手たちは全力でプレーするべきだ。ここ最近彼らはそういうプレーはしておらず、軽やかさも失われている。”とマテウスはスカイのコラムで執筆している。


ここ最近のBVBのパフォーマンスに対しては、“ドルトムントはバイエルンととのポイント差を保つことが出来ず、大きなチャンスを台無しにしている。せっかくバイエルンがここ数年で一番弱弱しいシーズンを過ごしているのにね。”とはっきりと語っている。


ドルトムントの幹部がシーズンの目標を優勝としない事は、マテウスにとっては単なる“アリバイ”であるとのことだ。


“バイエルンは調子が悪い時でもそうしていた(優勝を目標としていた。)。ボルシアにはそれが足りないね。彼らは落胆となった昨シーズンの後で再びドイツで優勝するチャンスがある。だけど彼らには再び上向きになるために何かきっかけが必要だろう。”としている。




以上です。


バイエルンは前半戦ドルトムントに9ポイント差をつけられても、宣戦布告をしていましたが、ドルトムントの幹部はバイエルンに追いつかれたとたん、優勝は義務ではないと語っていますからね。優勝できなかった時の言い訳は良いですから、一度優勝を目指すと宣言してもらいたいものです......。





[ 2019/03/05 21:09 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(19)
フロントは優勝を宣言して叶わなかった時に責任を問われるのが嫌なだけでしょう。成功し借金を返した後、野心をなくし育成クラブとして安定を求めたんですよ。
[ 2019/03/05 21:37 ] [ 編集 ]
ドルの幹部も我々は優勝をあきらめていない、くらい言えばサポもちょっとはテンション上がると思うんですが。。。
そんな気概は無いって事なんでしょうね。
[ 2019/03/05 21:58 ] [ 編集 ]
ドルトムントというクラブは優勝することが目標ではなく、選手を安く買って高く売ることが目的だからな。それによってチームが一時的に弱体化するとしてもこのサイクルを決して止めない。
[ 2019/03/05 22:00 ] [ 編集 ]
「優勝は義務ではない」と言っておかないと、契約延長しづらくなる監督とアイドル選手がいますね。
[ 2019/03/05 22:06 ] [ 編集 ]
ドルトムントが何が何でも優勝すると言わなきゃバイエルンが優勝するだけのリーグになっちゃうわなー
まーフロントは優勝する気ないって言っちゃってるからブンデスリーガはその程度になっちゃってるけど
ブンデスリーガじゃなくバイエルンの為のバイエルンが優勝するだけのリーグって名前変更すれば良いんじゃないんですかね
そうじゃなきゃ金玉に力込めて優勝してみせるって公言して見せろや
[ 2019/03/05 22:09 ] [ 編集 ]
優勝は義務じゃないと言われて、死にもの狂いで勝ちにこだわれるものなんでしょうか?まあ無理ですよね、普通。心のどこかに隙ができますよ。メンタルで片付けられないというコメントをどこかで目にしたけど、やっぱり最後はメンタル大事ですよ。
[ 2019/03/05 22:14 ] [ 編集 ]
なんでドルトムントはこんなにやる気のないチームになってしまったんでしょうね
バイエルンとの意識の差が深刻すぎる
[ 2019/03/05 22:33 ] [ 編集 ]
ドル幹部の弱気な発言はドイツ国内で慎重さと受け取られてるのかと思ってたらそうでもないんですね
側から見るとマテウスの言ってることはすごく当然のことのように聞こえますけどね
[ 2019/03/05 22:36 ] [ 編集 ]
>マテウス
>せっかくバイエルンがここ数年で一番弱弱しいシーズンを過ごしているのに

最強のハインケスバイエルンと抜きつ抜かれつを演じたクロップのドルトムントはやはり別格でしたね。
[ 2019/03/05 23:23 ] [ 編集 ]
内心はCL権確保出来てりゃいいやって思っててもいいんだけど、インタビューとかでは言うべきじゃないね。
クラブ運営する人は長期的に考えてるんだろうけど、選手にとって動ける期間ってのは決して長くはないからね。
優勝したいって思う選手なら移籍を考えるだろうね。
[ 2019/03/05 23:29 ] [ 編集 ]
いつまでもプレーヤーの売り買いで儲けること考えないで、そろそろ賞金稼いで儲けること考えんと。儲かる売り物ももうサンチョくらいしかいないし勝って儲からんとね。
[ 2019/03/06 00:53 ] [ 編集 ]
ヴァツケあたりが「優勝を目指す」って言っちゃうと、じゃあもっと金使えって話が出てくるのは間違いないので、それが嫌なんですかね。
経営者っていう立場では仕方ない気がします。優勝できなくてもCL圏内キープできれば大して収入は減らないんでしょうし。
[ 2019/03/06 01:26 ] [ 編集 ]
・スタメンは出続けて疲れる
・サブは怪我人待ちで待ち疲れる
スタメンを固定してチーム内での競争がなくて危機感のないマンネリ化したクラブなんだからそりゃチームに覇気もなくなるでしょ
[ 2019/03/06 03:29 ] [ 編集 ]
フロントは毎季いったい何を目標にしているんだろ
ただCL権獲得してそのお金をもらいたいだけなのかね?
そこそこの強さで80000人の観客集めてお金儲けだけしたらきっと満足なんだろうね
[ 2019/03/06 03:35 ] [ 編集 ]
ドルトはバイエルンほどの資金余力もないでしょ。バイエルンのような金で選手を取るのもちょっとね~。
一度潰れかかったのをクロップ指導の元若手中心のクラブとして這い上がってきたからね。ブンレス優勝時のイレブンは平均22~24歳くらいだと思うよ。
クロップはあのメンバーで4~5年戦えてたらCL獲れてたって今でも言ってるくらい。
[ 2019/03/06 04:40 ] [ 編集 ]
無責任な日本人感覚だと思いますが…
優勝目指していると言ったら、出来なければ監督やフロント、主力選手は責任問題になって解任や放出になるという、もっと真剣な話。
出来もしない事を安易に宣言して、その後知らん顔している政治家に慣れてしまっているから?宣言したらやり切る、出来なければ責任取るのが当たり前。
ドルトムントの責任発生は、「CL権逃したら」なんだと。それで納得してます。
[ 2019/03/06 08:40 ] [ 編集 ]
頑張って2位と手を抜いて2位じゃ全然意味が違うぞ。
金儲けとか余計なことばかり考えているから優勝できないんだ。
ここで優勝できたらまた来季からリーグ全体が盛り上がって注目度が上がる。
リーグの未来のために頑張れよ!!
[ 2019/03/06 12:12 ] [ 編集 ]
03/05 22:33
クロップが居なくなったこと、なによりサポがそれで満足してることだろう
ここまで落ちてもまだ自覚なしに一時的とか言ってる人がいるが年々選手層も落ちてるし、そのうち若手転売すら出来なくなりそうだよね
ここでは批判されたけどタイトル取れなきゃ実力ある若手も監督も呼ばないから、来シーズンから楽しみだわ
バイエルン一強になる?いやナーゲルスマンがくるレッドブルに任せりゃ良いよ
[ 2019/03/06 17:09 ] [ 編集 ]
こういう効率が叫ばれるデジタル時代だからこそ、人間のエネルギーがほとばしるダイナミズムが貴重なのにマーケティングがわかってない。真剣に取り組んで結果が「惜しい」で終わっても、このクラブはそれが許されるブランディングをしてきたんじゃないの?打倒メインストリームで熱狂した人気が手から溢れ落ちてきているのに気がつかないのか?選手が小粒になりダイナミズムが保守化していくと勢いなくなって人気落ちて。数字との格闘が得意な人だけが残り、コンテンツを疎かにしていると、急にドンと数字に跳ね返ってくるよ。数字づくりが得意なら「勢い」「ダイナミズム」「ブランド価値」を数値に換算する上手い方法を考えてレポートに反映して欲しいね。すごく魅力的なクラブになってきていたのに。
[ 2019/03/07 11:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。