ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントがチャンピオンズリーグで敗れた理由は?独紙《ドイツの反応》

【Tオンライン】

bbb.jpg


チャンピオンズリーグ敗退!


BVBが敗れた理由とは?


ドルトムントはトッテナム戦で奇跡を起こすことができず、チャンピオンズリーグで敗退している。しかしボルシアは前半、相手を圧倒していたい。


BVBのルシアン・ファヴレ監督は1:2でアウグスブルクに敗れた後で、少しメンバーを代えてきたが、アクセル・ヴィッツェルをアンカーで起用する4141を採用している。

スポンサーリンク



ドルトムントは前半では文字通り相手を相手陣内に押し込んでいた。ドルトムントのディフェンダー達は鋭いパスで、ライン間にいるマリオ・ゲッツェを探し、この26歳は何度も賢い動きで、狭いスペースでの受け手となっていた。


BVBはゲッツェからさらに連携を見せ、ペナルティーエリア内に侵入しようと試みるも、最終的には、得点に結びつく幸運が足りなかった。前半には5本もシュートを放ち、なんとか1:0としようとしたが、それも無駄に終わっている。


トッテナムのポケッティーノ監督は非常に注意深く試合に対応している。フンミン・ソンが左サイドに戻り、復帰したケインがワントップでプレーする541の戦術を採用したのだ。


この戦術的な変更によってトッテナムの守備はより重厚な物となっている。しかしそれによってカウンターの脅威は少なくなった。ボールを奪取してもそこからカウンターに移動するまでに時間がかかりすぎたのだ。そのためドルトムントは前半は損害を被る事はなかった。




ドルトムントはその後も得点をすることができなかったが、その代わりにKOゴールを食らっている。ドルトムントはこれまでゲーゲンプレッシングを見せていたが、相手の最前線のケインを相手にこれをしなかったのだ。トッテナムはこれを見逃さなかった。ムサ・シソコがパスをケインに出すことができたのだ。



結局のとろここの試合は48分で決まってしまった。この試合の内容は、現在のドルトムントの状況を良く表している。






以上です。



まあ実際の所、トッテナムは5バック、そしてその前に4人できちんと列を作って守っていましたし、あれではなかなか点を取れませんよね。シュートを放ってもキーパーに全部防がれてしまいましたし・・。


まあファーストレグでの3点差をしっかり利用した、相手チームの作戦の前にどうする事もできなかったという事でしょうね。




ただホームだったんで1:0でも良いから勝ってほしかったですね。


[ 2019/03/06 17:14 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(20)
トッテナム相手に2試合で1ゴールすら奪えないようじゃ完敗としか言いようがない。
[ 2019/03/06 17:24 ] [ 編集 ]
香川入ればねえ。若い寄せ集めだけで、CLみたいなとこでれると思ったんだろうか
まあフロントの考えは全く違うとこにあるだろうけど
[ 2019/03/06 17:54 ] [ 編集 ]
クロップを逃しトゥヘルを持ってきて
やっとトゥヘルが慣れたかと思えば
ボスに変え笑瓶に変えその笑瓶すら更迭で完全中堅のファブレを招致
これファンが認めてる間はドルトは下降線だろうね
本当にクラブを憂うファンなら少しはフロント監督も批判しろよと
実際戦うのは選手だがそれ回すフロント監督が無能なら低迷しても仕方ないぞと
[ 2019/03/06 17:56 ] [ 編集 ]
戦術がほぼサイドにボール出してドリブルで崩そうとするの一辺倒だからな。
相手を引きずり出すとか全然やらんもんね。そら相手からすれば引いてカウンター狙っとけやになるわな。
別な言い方すると、相手にチャンス作ってやってるようなもんだよ笑
猪突猛進ではゴールされることはあっても割ることは出来んわな。
[ 2019/03/06 18:12 ] [ 編集 ]
トットナムが固めてきたけど、ゲッツェちゃんは狭い所で頑張った!ってだけ?
負けて叩かれるのではなく、持ち上げられて許されるのは相手を格上と認めた時ですよ
自ら格下になってどうするんでしょう?
[ 2019/03/06 19:10 ] [ 編集 ]
ドルトムントの試合久しぶりにみたけど、適当なワンタッチパス多用しすぎじやないかな。スピードも縦への素早い攻撃もなく、ロイスとパコも被ってる。NHKでフランクフルトの試合見た後にみたけど、横パスばっかり、ショートパスで中央突破しようとして連携もあわずロストするとか。無駄にパス繋げようとしたり、シュート上手い選手に集めない、これじゃゴールとれないよね。これ監督が攻撃の形を指示できてないんじゃ? 選手の感覚だけでやろうとしてるように見える。
どうなのドルトムント、バイエルンの試合面白いからもういっそバイエルン優勝の方がいいんじゃないかな。スパーズも直前のアーセナル戦で良い試合できてなかったので負けるかもしれないと思っていたけど、ドルトムントの方が酷かったね。
[ 2019/03/06 21:28 ] [ 編集 ]
失点シーンはもうゲーゲン関係ないと思いますが…
まぁ2試合して一点も取れてないのは悲しすぎました
[ 2019/03/06 22:28 ] [ 編集 ]
ゲッツェの役割って狭い所でボール受けるだけだったんですかね?ゴール又はアシストするのが役割だと思ってました。
試合内容見るとバイエルンの方が優勝するにはふさわしい気もします。パスは意図したものがキチンと繋がっていて見ていても気持ちが良かったです。ドルは香川がプレイしていた頃はまだドルらしさが残っていたように思えましたが、まあ最近は見てないので何とも言えないです
[ 2019/03/07 06:52 ] [ 編集 ]
昨シーズンの主力である香川レンタルしたのは勿論ヴァイグルフィリップも冷遇だからね、この二人は特に次代のドイツ代表だっただろうし、前半からもっとローテしたり合う戦術にシフトしたり、勝ってる間に色々と試すべきだったよ
こうコメントを前半戦にしたら勝ってるのに弄るべきじゃないとかファンに批判されたけど、勝ってる時じゃなきゃ試せないし、相手クラブだってこっちに色んな引き出しがあることを認識すれば絞りづらくなっただろうに、自分たちが強ければ一つのやり方だけを貫き通せるがドルトはそんなクラブ選手層じゃないでしょうよ
[ 2019/03/07 10:06 ] [ 編集 ]
まー守備と中盤を4枚毎でラインに並べて守備してたドルトムント見たいなプレーを逆にやられてたんでしょ
効率良く少ない枠内シュートを確実に点に結び付けてるところもソックリだったなwww

相手がこういった守備的だと中々崩すことが出来ないってのは今までも有った訳で、だからこそ狭いところで受けてターンを含めたドリブルで相手を置き去りにしてゴールを決める香川が重宝されたんだろう
ゲッツェに狭いところで受けさせるだけでどうしたいのさwww

システムもせっかく4-1-4-1にしたのに、アンカーにヴェルツェなんか置けば、後ろ向きにダイレクトなショートパス蹴飛ばしてポゼッションしてるだけっての判ってるだろう
自身の基本戦術を捨てれない、何も学ばない監督だな
4-1-4-1なら熟練度があるメンバー、右にプリシッチ、左にロイスでも良いだろう、SBも左でシュメルツァー使えば、CBはアカンジ、ディアロに出来るし、右SBでハキミ使わずヴォルフ使うくらいならザガドゥで良い
アンカーにヴァイグル置いて、デラネイにサポートさせときゃ前方の縦へもっとボールが供給されただろうな
ハキミにしてもザガドゥにしてもやらかした奴を干してるんじゃないの?肝っ玉の小さな矮小な奴だな
しっかし何で寄りにも寄ってゲッツェなんかを使うかなぁ
[ 2019/03/07 14:18 ] [ 編集 ]
南スタンドのコレオグラフィ見たとき、「ああ、やっぱりドルトムントが大好き❤️ドルトムントサポーターが大好き❤️」だと、心から思った。
ファブレは嫌だけど、サポーターが喜ぶ姿見たかった。彼らは世界一のサポーターだよ.だから香川関係無く、ドルトムントは生涯応援する。
[ 2019/03/07 15:12 ] [ 編集 ]
応援したいならすりゃ良い、ただ一々香川関係なしとか世界一とか他所に当たり障りある文言入れる必要があるのか?
そういう軋轢産むようなコメントするとゲッツェ一人復活させるために香川は勿論オバヴァイグルフィリップカストロヌリバチュアイ含め色んな選手に割り食わせるのを、実力だ何だと勝手な期待値だけで擁護してたサポが世界一とは思えないって言われても仕方ないことになる
[ 2019/03/07 18:21 ] [ 編集 ]
ここまで来るとドルトムントが好きな連中なのかドルトムントを応援してる自分が好きな連中なのか悩むところだね
[ 2019/03/07 18:55 ] [ 編集 ]
2019/03/07 15:12 です
私が 好きなのはドルトムントサポーター。地元ファンです。あの黄色い壁のファン。あれを見るだけでテンション上がる😍今は(香川居ないから)試合以上にね。そしてあのコレオグラファー見たとき、涙出て来た。あんなに頑張って作ってくれて…その情熱。彼らは間違いなく世界一。沢山のクラブ見てるけど本当に世界一だよ。そしてアウェーにだって大挙して押しかける🤗
私は香川大好きですけど、ドルトムントを彼彼自身卒業したがっているので、スペインの彼が見たい!スペインでも熱い応援のクラブ行って欲しいね。
でも、香川居なくてもあの黄色い壁は一度は見に行きたいし、地元ファンの歓喜する姿が単純に見たいのです。彼らが大好きだから…サッカーだけが生きがいみたいな彼らがね。
監督とか関係ない。ファブレなんて来季居るかもわからない。フロントだってそのうち変わる。でも地元ファンはずっと居るだろ、だから生涯応援したいんだよ。サッカーと共に生きてる感じの街、ドルトムントが大好きだよ。
[ 2019/03/07 23:15 ] [ 編集 ]
2019/03/07 15:12 です。すみません書き忘れました。
何故コレオグラファー見て涙出る程感動したのか?それはもう殆ど勝ち目ないと、諦めて冷めていた私。たぶん地元サポーターだって、最近の不調やら3‐0からの2戦目だから、覚悟は有ったと思うけど、でも自分たちに出来る事を精一杯やる!っていう気持ちにうるッと。チームや監督やいろいろ思う事は有っても、好きだから応援する。それは素敵。
香川もドルトムントサポーターには特別な思いを語ってたよね。監督やフロント、選手は変わっても、地元の人達はそうそう変わらないよ。そういう彼らに愛されている香川は幸せ者だし、凄い奴。サッカー選手はファン有って成り立つ職業だからね。ドルトムントに出会えた事に感謝。
[ 2019/03/07 23:31 ] [ 編集 ]
全然説明になってないよ、プラスファクターだけ強調してマイナスファクターは無視するのは公平じゃない
ゲッツェ優遇は確かにあったしヴァイグル等の被害を受けた選手もいる、それを無視していつまでも五年前のブラジルW杯を口実に偏重起用して勝点まで逃してきたのを ドルサポ自身 が見逃して来た結果、多くの選手を流すこととなりバイエルン一強へ拍車をかけた
あと関係ないと言っておきながら批判を残せるわけない立場である香川コメントを根拠にするのも不公平極まりない
スタジアムの雰囲気が好きなのは分かるが何処かと比べて世界一と言い出したり、関係ないと言いつつ感謝とかファン側に寄りすぎた論調は不健全だと思うね
[ 2019/03/08 05:09 ] [ 編集 ]
敗れた理由は弱かったから!
勝つ気が他のチームより無かったから、監督が選手贔屓する戦術乏しかったからでしょうかね
いろんな意味で二連覇したドルトムントとはかけ離れて違うチームになっちゃいましたからね
寂しいものです。ロイスやゲッツェ、贔屓の選手達だけでどこまでやれるのかシーズン終了時点での結果がある意味楽しみです。
[ 2019/03/08 07:22 ] [ 編集 ]
2019/03/08 05:09
貴方は地元サッカーのサポーターですか?
私はJリーグ創設時からそうです。地元ファンは選手関係なくファンだから。正直今の地元クラブで好きな(応援したくなる)選手は誰も居ない。全て売り払われたから…
でも、やっぱり応援しているし、勝てば一週間楽しいよ。ファンって、意外と選手とか戦術とかもう無関係にそのまま愛してるって事。良いから、強いから好きでは無い。弱くて苛つくけど、有力選手売払い(貧乏クラブだから)有能選手取れなくてもね。自分の子供と似た感覚、存在そのものが好き。
ドルトムントはもう10年以上、観客動員数世界一なんだよ、そりゃサポーターは世界一でしょ。そういうサポーターを1サポーターとしてリスペクトしてる。
世界一のサポーターに愛されている香川は日本の誇り。
[ 2019/03/08 09:31 ] [ 編集 ]
今コレオをやるならリーグ戦でやるべきでしょう。
0-3で負けといて、あんなのを世界に発信するのは恥ずかしいとしか言えない。
感覚的にズレてるんですよ。
[ 2019/03/08 21:55 ] [ 編集 ]
そもそもCLを戦える程の監督じゃないよね
いい選手がたくさんいるのに勿体無いわ
[ 2019/03/10 23:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。