ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

アヤックス・ファン!意図的に出場停止になったレアルのセルジョ・ラモスに盛大な皮肉!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

ramos22.jpg


“ありがとう!ラモス”
アヤックス・ファン!レアルのスターに盛大な皮肉!


レアルのキャプテン、セルジョ・ラモスは2:1で勝利したアヤックス戦において、終了間際に意図的にイエローカードを獲得している。これはセカンド・レグで出場停止処分となるための行動だった。


本来であれば、次の試合で再び出場するための行動だったが、これはうまく行かなかった。なぜならUEFAがこの件に関して2試合の出場停止処分を下したからだ。そしてセカンド・レグではアヤックスに1:4で敗れて、チャンピオンズリーグから敗退する事となったからだ。

スポンサーリンク



ファーストレグが終わった段階ではレアルがベスト8に進出するとみられていた。そしてその試合後、ラモスは出場停止となるために意図的にイエローカードをもらった事を明かしている。


しかしアヤックスの監督は、ラモスの不在がレアルの穴になる事が分っていた。



アヤックスの攻撃陣たちが、怒涛の勢いてレアルに襲い掛かったのだ。ハキミ・ツィエヒ(7)、ダヴィド・ネレス(18)、ドゥサン・タディチ(62)、そしてラッセ・シェーネ(70)がゴールを挙げている。


レアルはアセンシオが70分に1:3としただけだ。



もしかしたらセルジョ・ラモスにこの試合の流れをひっくり返すことができたかもしれない・しかしセルジョ・ラモスはスタンドに座っていた。現在アマゾンのストリーミングサービスがレアルのドキュメントを作成中で、ラモスの周りには取材班がいた。



さらにこのチャンピオンズリーグ2試合出場停止は有効だ。来シーズンの最初の試合でセルジョ・ラモスはプレーする事ができない。




以上です。


ラモスは、セカンド・レグで出場停止になる事でカードを清算しようとしたようですが、アヤックスファンの多くは馬鹿にされたと感じたでしょう。“ありがとう、ラモス”というのは盛大な皮肉ですね。






[ 2019/03/07 09:35 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(8)
まぁこのタレントの数でラモスが抜けたから負けたとは言い訳にならんけどね
[ 2019/03/07 10:29 ] [ 編集 ]
レアルファンには悪いですが、今回の試合は本当に胸がスッとしました。
ラモスは1試合ずつ目の前の試合に全力で取り組むということをせずに打算に走った結果がこれですから、本当に恥ずかしいですね。
こういう痛い目を見ても変わらないでしょうけど…
[ 2019/03/07 10:52 ] [ 編集 ]
 タレント活動の為にイエローカードで敗退を見届けるとか新しい。
[ 2019/03/07 11:26 ] [ 編集 ]
アマゾンは美味しい絵が取れましたね
[ 2019/03/07 13:17 ] [ 編集 ]
無意識ならセーフとか抜かす肘撃ちのファンタジスタでもスタンドからでは肘撃ちも踏みつけも出来ませんからねwww
無様過ぎて今どんな気持ち?ねぇ!今どんな気持ち?無様に負けてどんな気持ち?って聞いてあげたい気分ですわ
[ 2019/03/07 13:42 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> セルジョラモスって誰ですか?
> 意図的にちょくちょく読み仮名を一般的なものとは違ったものにするのは何か理由があるんでしょうか?


特に意味はありませんが、主にドイツで一般的に呼ばれているようにカタカナ表記しているだけです。


例えばドイツではクリスティアン・プリシチをクチスチャン・プリシチ、プリシッチ、プリシク、プリシックなどと発音しています。カタカナで正確に人名を表記することは不可能ですしので、この中から表記を一つに統一する必要性を感じません。一種類しか表記がない場合は現実とかけ離れた発音のまま定着してしまう場合もありますので、カタカナ表記は複数あった方が良いと思います。



例えば作曲家のフォーレはフォーレという表記で定着していますが、フォレーと言わないと、ヨーロッパではまず通じません。



RonaldoやJoseと言った名前は国ごとに発音が異なりますが、多くの国に存在する名前ですので、ジョゼと発音しようが、ホセと発音しようが、だいたい通じます。















[ 2019/03/07 16:49 ] [ 編集 ]
マジレスするならロナウドの穴埋めが出来なかった、これに尽きる
ベイルアセンシオ19歳ブラジル人には荷が重すぎた、それぐらい得点力なさすぎ
だからアヤックスも余裕持って攻められたよね
[ 2019/03/07 18:31 ] [ 編集 ]
怪我で交代あったし、レアルは不運だったかもしれないけど、アヤックスはどんどん仕掛けて最高のゲームにした。
ラモスの舐め腐った態度が足元救われる一つの要因になったのは間違いない。守備も何度も崩されてボロボロだった。
[ 2019/03/08 00:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。