ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ファヴレ!ここ8試合で1勝!ザマーの意見を聞かなければならない?《ドイツの反応》

【ビルト】

favre43.jpg


ここ8試合でたった1勝


ファヴレ!ザマーの意見を聞かなければならない?


トッテナム戦で0:1で敗れたドルトムントは、引き続き危機的状況にどっぷりとはまっている。


ここ8試合でたった1勝だ。ポカールではブレーメンに敗れ、リーガでもバイエルンとの9ポイント差を失ってしまった。


ルシアン・ファヴレ監督はこの危機を止めることができない。彼はBVBのアドバイザーを務めるザマーの意見を聞かなければならないだろうか?

スポンサーリンク



BVB会長ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはビルトの質問に対して、“我々は何度でも答えるが、マティアス・ザマーは経営面でのアドバイザーだ。マティアスは外部の人間なので、チームや監督に接することはない。その事に関しては最初からはっきりと述べている。”と語っている。


ザマーは先週ヴァツケ、ツォルク、ケ―ル、そしてスカウト部上のマルクス・ピルヴァナと会談している。ファヴレとのコンタクトはそれほど密接なものではなく、ザマーはまだ一度も控室を訪れていないし、その予定は今後もないようだ。ザマーもそれを望んでいない。


しかしザマーが関与する事の利点としては以下の点が挙げられる。


▶ザマーはチームの欠点を容赦なく指摘する。最近では1:2で敗れたアウグスブルク戦でBVBを“成熟していない”と評していた。


▶ザマーの発言のスタイルは事務的で細部にこだわるファヴレとは対照的だ。


▶ザマーがいたところは成功している。彼は選手として3度優勝し、監督としても1度優勝している。さらにバイエルンのSDとしてはトリプルを達成している。


ザマーの関与の欠点は:

▶ファヴレの権威がなくなってしまい、幹部がファヴレを信頼していないという雰囲気が広まる可能性がある。

▶ファヴレはトッテナム戦で戦術を変更しており、戦術を変える用意が出来てる事を示している。


▶選手たちは監督を信頼しており、内外でまだ批判は起こっていない。キャプテンのロイスは“この先は成果を出さなければならない。土曜日のシュトゥットガルト戦がそのターニングポイントとならなければならない。”とチームメートに呼び掛けている。



最近ではフランツ・ベッケンバウアーがザマーが監督の了解を得たうえで選手と個人的に話をするべきだと語っている。しかしミュンヘンからの助言をドルトムントが聞くことは稀だ・・。





以上です。


あまり勝てていないのは分かっていましたが8試合でたった1勝しかしていませんでしたか・・。これはさすがにひどいですね。ファヴレの評価が下がる一方でザマーへの期待が高まっていますが、まあザマーがこれ以上ドルトムントに積極的にかかわる事はないでしょう。むしろ逆に距離をおきそうな気もしますね。

[ 2019/03/07 19:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(16)
ザマーの人格云々は抜きにしても言ってることは正しい、何より転売中堅クラブとしてのドルトでなくリーグ優勝を目指さなきゃいけない歴史地位スカッドにあるドルトとして考えれば、ファブレは監督の器じゃない
というか本来ならカップタイトルレベルのコバチがドルトでバイヤンはCLクラスの大物連れてくるべきだった、あまり監督の質を軽視してるとリーグアンにすらランキングで抜かれるよ
[ 2019/03/07 19:14 ] [ 編集 ]
上にいきたいなら監督にもお金をかけないと。クロップ、トゥヘルと当たりを引けてた時にもっと意識を変えていれば、首脳陣の問題。

贔屓や差別の観点から離れて、ちゃんと柔軟に対応出来る監督とりましょう。高いだろうし、野心の無いクラブに来てくれるか分からないけれどね。
[ 2019/03/07 19:25 ] [ 編集 ]
ダメな時にチームを救ってきたのはいつもベテランなのに毎年バッサリ切り捨ててきて今や控えには頼りにならない選手しかいないし戦術は一辺倒だしで劇的に良くなることなんてもうない。
[ 2019/03/07 19:28 ] [ 編集 ]
まあなんだかんだドルトムントが優勝するような気がしますけどね
CLもカップ戦も敗退してリーグ戦に集中できますし

というか、今季が無理ならしばらく無理でしょう(笑)
CLで8強進出がノルマに近いバイエルンと違って楽な立場でおまけにそのバイエルンが弱体化してるわけですから
今季こそ千載一遇のチャンスだったわけです
[ 2019/03/07 19:30 ] [ 編集 ]
メングラを辞任する前のシーズンは良いサッカーするなぁって感心してたんだけど
次のシーズンぱったり勝てなくなって辞任でしょ
今回なんて1シーズンも保たない可能性が出てきた
やっぱり長続きしない何か明確な原因があるんじゃないかなぁ
[ 2019/03/07 19:41 ] [ 編集 ]
フォーメーションはかえたけど戦術は大してかわってないよ。まぁもともと戦術なんかほとんどないんだし。
勝ってたころは、前半は高いポジション取ってきた相手を止めてサイドをドリブルでかき回して、後半に疲れたのを見計らってパコに決めてもらってただけだもんね。
今は守れなくなったしパコも決まらなくなった。サイドでドリブルも相手は引いてくるから効果なし。
とりあえず今のところ首位を走ってるとはいえ、あと2〜3試合このままの調子なら首位の座を明け渡してるんだろうし、10試合もほとんど勝てないとなると監督交代しないとマズイでしょ?流れが悪すぎるよ。
4月の初っ端はバイエルン。
今のままではチーム潰される。そうなってからでは遅い、つか次のシーズンまで影響が残るね。
ザマーに経営面だけでなくピッチ上も面倒見てもらった方がいいでしょ?
[ 2019/03/07 19:51 ] [ 編集 ]
ビルトだろうと思ったら、やっぱりビルトだった(笑)
管理人さんのお陰で、ドイツ紙の読み方わかってきました。
[ 2019/03/07 19:57 ] [ 編集 ]
バイエルンのSDでトリプル達成してるなら、今すぐバイエルンに戻ってトリプル取りゃ良いんじゃないんですかね
それとザマーの現役時代の成功ばかり挙げるのではなく、最後の最後で大ポカやったのにも突っ込まなきゃー
なんで、こーなるの!ってドリフ見たいなオチで選手生活締めくくっただろうw

それと最後の1行、バイエルンからの引き抜きの個人面談をザマーが仲介しろって話か?誰に目星を付けたのかね?
[ 2019/03/07 21:07 ] [ 編集 ]
8試合で1勝しかしていない
その1勝した相手がボスのレヴァークーゼンとは
めぐり合わせが失笑ものですね
[ 2019/03/07 23:04 ] [ 編集 ]
開幕からずーっとなんでドルトムントが勝ててるのかわからなかった。
ファブレの目指すサッカーと戦術もわからなかった。
最近の勝てないゲームを見てても開幕のころと何が違うのかさっぱりわからない。
やっぱ運で勝ってただけ?
[ 2019/03/07 23:21 ] [ 編集 ]
CLでドルトムントの弱さは世界に知れ渡ってしまったが、ドイツ勢の全滅あり得ますね。
[ 2019/03/07 23:28 ] [ 編集 ]
すでに3-0で勝ってるスパーズ相手に、前半の支配率を誇っているファンがいて失笑しました。
[ 2019/03/08 02:54 ] [ 編集 ]
ボールポゼッションは当てにならない時代だよな、数字だけじゃ持ててんのか持たされてんのか分からんし
つーかレアルPSGと番狂わせが続いてるからシャルケがマンシー倒したら面白いのに、バイエルンドルトにも一泡吹かせられるし
[ 2019/03/08 04:51 ] [ 編集 ]
シャルケはホームでPK2つも貰って、相手が退場者まで出ておきながら、逆転負けする始末。
なので勝ちはあり得ないですね。
あまりにも情けないです。
[ 2019/03/08 09:06 ] [ 編集 ]
ファブレの場合は優勝できなくても続投しそうですけどね。何よりロイスの支持を受けてるのが大きい。だからフロントもチームメートも批判しずらいのではないですか。ドルにとってはロイスとゲッツェは別枠ですから。
[ 2019/03/08 10:07 ] [ 編集 ]
なぜバイエルンが勝つ前提でベスト8がノルマとかリーグ集中云々とか言ってる人がいるのか
バイエルンがリバプールに勝てると思ってるなら冗談としか思えないな
[ 2019/03/08 12:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。