ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

アンチェロッティ監督!「自分がトゥヘルの立場だったら橋から飛び降りただろう!」《ドイツの反応》


【スポーツビルト】

anc.jpg


アンチェロッティ!PSG敗退について語る



トゥヘルの立場だったら次の橋から飛び降りただろう。



カルロ・アンチェロッティは、PSG監督のプレッシャーをよくわかっている。PSGではチャンピオンズリーグで優勝する事が大きく期待されているのだ。


スポンサーリンク



PSGはマンチェスター・ユナイテッドとのファーストレグで2:0で勝利したにも関わらず、ドラマチックな展開でチャンピオンズリーグから敗退したのだ。このイタリア人監督は、この件に関して信じられないといった面持ちで語る。


“本当に信じられないね。”とヨーロッパリーグでザルツブルクに3:0で勝利したナポリ監督のアンチェロッティは“スカイスポーツ・イタリア”で語る。“本当に信じられない。もし私がPSGのベンチに座っていたら、何をしていたかわからないよ。たぶん次の橋を探してそこから飛び降りただろうね。”



パリは水曜日に疑問の残るPKから、アディショナルタイム4分に3:1となるゴールを決められてチャンピオンズリーグから敗退している。PSGはその前のシーズン、そしてさらにその前のシーズンもベスト16で敗退している。


これはクラブの要求からしてみれば少なすぎる。カタール人がクラブを率いてから8年になるが、PSGは準決勝にも進出したことがないのだ。


アンチェロッティはPSGを率いた2012/13シーズンにベスト8まで進出している。現在監督を務めるナポリではヨーロッパリーグでベスト8進出目前となっており、タイトル獲得を夢見ている。


いずれにせよチャンピオンズリーグではナポリはPSGと同グループだったが、敗退している。




以上です。


橋から飛び降りた、という発言は、逃げ出してしまうだろうという意味だと理解しました。やはりPSGでのプレッシャーはそれだけ大きいようですね。


最新の報道によると、PSGはファイナンシャル・フェアプレーの規則により、ネイマールとムバッペの獲得に見合う金額分の収入を得なければならないようですね。その金額は1億5000万ユーロとされているようですが、チャンピオンズリーグで予定よりも早く敗退したことで、そのあても外れてしまったようです。選手を放出しなければならなくなり、夏の補強も難しくなりそうですね。





[ 2019/03/09 12:31 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
 PSGの場合はリーグ優勝は当然としてそれ以上の結果が求められるだけの資金を消費してますから、クラブのコストパフォーマンスとしては今シーズンは失敗ということになってしまいますね。
[ 2019/03/09 13:36 ] [ 編集 ]
大逆転負けした嫌みも入ってんじゃないかな
[ 2019/03/09 13:38 ] [ 編集 ]
1シーズン目で優勝出来る監督が何処におんねん、トゥヘルはジダンか
毎年恒例リーグ優勝逃したなら未だしも感覚麻痺してんじゃねーのか?煩い外野共
[ 2019/03/09 15:26 ] [ 編集 ]
かつてアンチェロッティもその橋を探したんでしょうね。
おそらくイスタンブールの奇跡の次の橋。
この試合については後に多くの記事が出ましたけど、そのなかでも
「歓声を上げて讃えあったが、軋轢も油断も緩みもない申し分のないハーフタイムだった」とガットゥーゾとチーム付のスポーツ心理学者デミケリスが述懐していたのが印象に残っています。
こういうのは原因を追求すればするほど泥沼にはまりそうな感じなんで、来季に向けて切り替えていただきたいすね。
で、補強が心配なんですよね…
[ 2019/03/09 19:49 ] [ 編集 ]
優勝しなきゃ失格なんて言ってる人は殆どいないでしょう。
パリでベスト16敗退は1年目だろうと厳しい結果と言わざるを得ないですが。
来季も同じような結果だったらクビも覚悟になるでしょうが、補強できないとなるといかに怪我人を少なく抑えるかがポイントになりますね。
[ 2019/03/09 20:47 ] [ 編集 ]
どうせアンチェロッティ氏が飛び降りるのはセーヌ川の橋ですよね?わかります。
ロンドン橋の最上階からはないだろう…(笑)
[ 2019/03/10 01:04 ] [ 編集 ]
パリでの1年目がベスト16じゃ厳しいってなら、ソラーリバルベルデコバチは即クビですね分かります
[ 2019/03/10 17:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。