ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ファヴレ!勝利のリズムに乗れず!サンチョ!ハキミ!アルカセル!ドルトムントのスター、絶不調!《ドイツの反応》

【ビルト】

favre32.jpg


BVBのスター!絶不調!

ファヴレ、勝利のリズムに乗れず!



ドルトムントは後半戦に入ってからバイエルンとの9ポイント差を失ってしまっている。今では得失点差でわずかに上回っているだけだ。今日シュトゥットガルトにポイントを失った場合、首位から落ちてしまう可能性もある。


スポンサーリンク


ファヴレ監督、勝利のリズムに乗れず!


前半戦ドルトムントは一試合平均で2.47ポイントを獲得していた。しかし2019年は1.71ポイントだ。その責任はアルカセル、サンチョ、そしてハキミにもある。

アルカセル:このスペイン人は前半戦にジョーカーとして12ゴールを挙げていたが、ここ8試合では1ゴールしか挙げていない。彼のビルト採点平均も、2.3から3.8に下がっている。


サンチョ:ドリブル、ヒールキック。彼は前半戦の採点平均は2.2だったが、後半戦は3.0へと下がっている。ファヴレはそれをサンチョの年齢のせいにしている。


ハキミ:このレアルからローン移籍してきた選手はアウグスブルク戦で大きなミスを犯し、さらにトッテナム戦でも敗戦につながるミスをしている。彼の平均点は前半は2.8だったが、後半は3.7となっている。




以上です。

どのような基準でこの3人が取り上げられたのか分かりませんが。他にも不調な選手はいますよね。まあ若い選手ですから、疲労などがたまってくるこの時期に調子を落とすのはある意味当然でしょう。


これからはリーガしかなくなりましたが、コンディションの良い選手を起用して試合に臨んでほしいですね。


個人的にはアルカセルが未だに仕上がる気配がないのが心配ですね。



[ 2019/03/09 21:15 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
結局責任は外国人選手に押し付け、ドイツ人選手は守られる
いつものドイツですね
そういう優遇をするから代表も弱くなっているんじゃないの
[ 2019/03/09 21:48 ] [ 編集 ]
まるで他国の選手ばかりに原因があるかのような風潮作り。得意だよね。
[ 2019/03/09 22:10 ] [ 編集 ]
ハキミが誉められたプレーが守備じゃなく攻撃だったし、ピシュチェクが復帰したら出番が激減したから評価された攻撃に力が入っているんだろう
似たようなのは若手や新加入の奴に多い現象だわな
サンチョやパコは活躍したのも後半途中からの投入ってのが多かったし、特にサンチョは先発させるわで使いすぎ
[ 2019/03/09 23:15 ] [ 編集 ]
そもそも前半の対戦相手が無対策だっただけでそのお陰で神がかり過ぎた結果にたまたまなり
後半対策されたから
平常運転に戻った現状に驚きや絶望も無いわけで
はっきり言ってしまえば
有能な監督やフロントではないですよね。
あんなのまぐれで勝っていたのは
誰の目にも明らかなのに
何故対策を講じなかったのか
何故毎年出席率の悪いロイスに頼りきったチーム作りをしたのか?
疑問しかありませんね。
どんなに才能豊かでも怪我の多い選手を中心に据えるなんてスポーツマネジメントにおいて
疑問符しかつきませんね。
あんまりスポーツを解ってない人達なのかな?
[ 2019/03/09 23:18 ] [ 編集 ]
>どのような基準でこの3人が取り上げられたのか分かりませんが。

うがった見方かも知れませんがドイツ人じゃないからだと思います
この三人だけじゃなくロイスやゲッツェにも原因はありますし
というより選手より監督の底の浅さが原因だと思います
中堅レベルの監督にリーグ優勝出来る戦力を与えても優勝は無理ですし
それどころかあえて戦力削減する始末ですから
[ 2019/03/10 01:47 ] [ 編集 ]
サンチョパコよりゲッツェの方が数字や勝利に貢献してるというのか?
まずはその辺から問いかけたいね
[ 2019/03/10 05:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。