ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!シュトゥットガルトに3:1で勝利もバイエルンイ抜かれる!《ドイツの反応》

【ビルト】

alca3.jpg

ドルトムント:シュトゥットガルト

パコとプリシチがドルトムントを救う!


ドルトムントは、震えることなくしてプレーする事は出来なくなってしまった。


ドルトムントは長い時間にわたって相手を圧倒してはいたが、本当に相手にとって脅威となる事はなく、なんとかして降格候補のシュトゥットガルトから勝ち点を獲得している。アルカセル(84)とプリシチ(90+2)が遅い時間に決めた2ゴールで。


スポンサーリンク



84分:プリシチがペナルティーエリアでアルカセルにパスすると、それをゴールバーの下に決めている。さらにアディショナルタイムではゲッツェがプリシチにパスをすると、プリシチがそれを決めて3:1としている。



ドルトムント!解き放たれる!


ルシアン・ファヴレ監督は試合後にスカイにおいて、“スペースを見つけるのがすごく難しかった。だけど、全体的には我々は勝利に相応しかったと思う。”と語っている。



しかしバイエルンがヴォルフスブルクに6:0で勝利したために、首位の座を奪われてしまっている。バイエルンはドルトムントと同ポイントだが、得失点差で上回っているのだ。


ロイス:“それはどうでも良いことだね。大事なのは最終的に1位になる事だ。まだオープンだよ。”



ファヴレはトッテナム戦と同様にゲッツェ、サンチョ、アルカセル、ゲレイロ、そしてロイスと攻撃なスタメンを採用している。しかしそれにもかかわらず、ボルシアはあまり攻められなかった。前半のポゼッションは77%だったが、チャンスはなかったのだ。



逆にチャンスを得たのはシュトゥットガルトだった。22分にはゴンザレスがビッグチャンスを得たが、放ったシュートはゴール右にそれている。BVBにとってはラッキーだ。


ドルトムントはサンチョやゲレイロがミドルシュートを放つも、本格的に脅威となることはなくツィーラーがそれをうまく処理している。


後半に入ってからサンチョがPKを獲得する。60分にこの英国人がペナルティーエリア付近でドリブルすると、カストロの足がぶつかったのだ。最初審判はフリーキックの判定を下したが、ビデオ判定によりPKとなっている。


そしてロイスがそれを決めて1:0としている。



その後はアルカセルに2:0とするチャンスが訪れたが、ツィーラーに防がれている。


71分にはシュトゥットガルトがカストロのフリーキックから、ケンプフが決めて同点に追いついている。


これでシュトゥットガルトが再び勢いを取り戻したが、最終的にはアルカセルとプリシチがドルトムントを救っている。


シュトゥットガルトはこれで25試合で16敗目を喫することになり、獲得ポイントは19ポイントとなっている。これはシュトゥットガルトにとっては、25試合を終えた時点では最悪のシーズンとなっている。






以上です。


ドルトムントはなんとか勝ったようですが、バイエルンがヴォルフスブルクを相手に6:0と大勝してしまいましたので、ついに首位の座を奪われてしまいましたね。

ドルトムントは試合が少ないですから、なんとかバイエルンに食らいついていってほしいですね。もちろんドルトムントの優勝を期待していますが、だめでも、まだ直接対決もありますし、最後まで優勝争いをしてほしいですね。


[ 2019/03/10 05:09 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(11)
正直PK貰えなけりゃ負けていたと思う、それくらい相変わらず攻撃の質が足りない
直接対決までドルトはヘルタと狼、バイヤンはマインツとフライブルグ
両者二勝を目指したいとこだが、ドルトは一勝一敗よくて一勝一分になりそうな今日の出来だった
[ 2019/03/10 05:16 ] [ 編集 ]
2011-2012シーズンから早7年。
次、優勝できるのは何年後でしょう。
[ 2019/03/10 05:48 ] [ 編集 ]
とりあえずスパーズ戦を捨てた甲斐はあった。今日は4141にしたのをに加えてビッツェルを最終ラインに吸収させることまでやってなんとか守るには守った。
ただし、あいかわらず簡単に裏取られるし、失点はまたまたコーナーからのハイボール。なんでエリアの中であんなに簡単に相手フリーに出来んのかね?ちょっとつける薬がない感じだね。フェイクのジャンプ入れるとかすればいいのに。
攻撃は守備閉めたから点取るのに時間かかったのはいいけど、相手は守備崩壊してるチームでもあったのに60分もかかってやっとだった。PKもらってだもんね。
攻守ともに復調はまだまだだね。
[ 2019/03/10 06:04 ] [ 編集 ]
ロッベンもそろそろ復帰するし、もはやドルトムントに勝ち目は無いでしょう。
ミュラー、フンメルス、ボアテングが代表に行かないことも、現在のバイエルンにとってはプラスですね。
しっかり休養できるわけですから。
[ 2019/03/10 08:40 ] [ 編集 ]
狭いスペースを上手に使える選手がいたのにね  
使わないでコンディション悪くして放出したのをフロントはどう思っているんでしょうね
[ 2019/03/10 09:06 ] [ 編集 ]
もし仮に、残りリーグ戦どっちも全勝したとして(直接対決は引き分け)。
今のドルトムントに、バイエルン以上の得点力があるのだろうか…。失点も少なくないだろうし。
バイエルンが、次のCLリバプール戦に勝てるかどうかにかかってそうですね。
ポカールは、いざとなったら捨ててもいいぐらいに思ってそうですし。
[ 2019/03/10 10:18 ] [ 編集 ]
前半終了時点でのパス数が、450本と130本とかで攻めてがほぼ無かったから勝てて良かったねとしか
ホントに酷いね
[ 2019/03/10 12:58 ] [ 編集 ]
くやしいけどCLでバイエルンには勝ち進んでいってもらって国内リーグへの優先順位を下げさせたいな
[ 2019/03/10 14:30 ] [ 編集 ]
CLかポカールならCL捨てる気でいるでしょ、だからアンフィールドでアウェーゴール狙わなかったってなら合点が行くし、ブンデスポカール二冠の方が明らかに楽なうえ、どの道CLは良くてベスト8だろうからね
[ 2019/03/10 17:11 ] [ 編集 ]
この監督で今の試合内容で優勝するってのも何か納得は行かないですね。結果勝てた方が強いチームってことなんでしょうけど、リーグ優勝はやっぱり二連覇した時と比べちゃいますよあの頃とは何もかも違うけど。。。。
[ 2019/03/10 18:34 ] [ 編集 ]
さすがにリーグ優勝したいならCLは捨てるべきだろ
仮にCLも勝ち上がって何処までいけるつもりなんだ?
ファンもクラブも
[ 2019/03/10 20:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。