ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「ベシクタシュで香川旋風!本当にクレイジーだ!」《トルコメディアの反応》

【Fotomac】

kagawa80.jpg


ベシクタシュで香川旋風!“これは本当にクレイジーだ”


ベシクタシュの日本人選手の日本における影響力は本当にすごい・・・。



この日本人はソーシャルメディアのアカウントにおいて、イスタンブールの写真をシェアしたところ、それを日本のメディアが取り上げたのだ。日本のメディアは“最高の景色ですね”と題した記事を書いている。



スポンサーリンク



ベシクタシュの香川真司がイスタンブールの様子を伝えると、それが日本のメディアに取り上げられ、イスタンブールやトルコ、そしてトルコ料理への関心が高まっている。ベシクタシュのメンバーであるフセイン・ミサンも香川がベシクタシュに加入してから、ソーシャルメディアの登録数が10(10倍?)になった事を明かしている。


香川は自身のソーシャルメディア・アカウントでイスタンブールの写真を投稿しているが、自宅からのものと思われるその景観の素晴らしさが伝えられている。


多くの香川のファンがこの投稿に対し “これは最高の眺めだ。”、“この海の眺めは本当に素晴らしい。” などとコメントしている。





以上です。


香川選手がインスタグラムでイスタンブールの海の景色を投稿していましたが、それを日本のメディアが取り上げたと話題になっていました。たぶんサッカーダイジェストの記事の事だと思いますが、このようにして日本のメディアで話題になるのをトルコはすごくポジティブにとらえられているようですね。






[ 2019/03/10 09:22 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(11)
マスコミに持ち上げられてる選手じゃななくて、自分でクラブで名前をあげてきた香川さんですからね
[ 2019/03/10 09:26 ] [ 編集 ]
日本メディアは話題になれば何にでも飛びつくからね、そしてスポーツ面は無視でリスペクトの欠片もない
ともあれこの写真は綺麗だと思う
[ 2019/03/10 10:11 ] [ 編集 ]
日本のマスコミは香川下げ多いので、その記事の多さにトルコメディアが気付いたらびっくりするでしょうね

香川は80%素晴らしかったとしても残り20%が完璧でなかったという事を強調された報道のされ方をしますから

完璧じゃないからダメとかすごい報道ですよね
[ 2019/03/10 10:46 ] [ 編集 ]
 いいところにスタジアムありますね。僻地の陸スタで試合してる日本とは違うわ。うらやましい!
[ 2019/03/10 11:23 ] [ 編集 ]
本当にありがたいというか…香川も大変だな(笑)
全部見られてるみたいで。景色から場所も特定できそうだし。さらなる活躍を願っています。
[ 2019/03/10 14:51 ] [ 編集 ]
いつも思いますが香川選手はSNSの使い方が本当に上手いですよね
感情に任せて愚痴ったり誰かを傷つけたりする内容は一切なく常にポジティブで思わず笑顔になる投稿が多い
本人は自虐的に勉強が苦手と言っていますが地頭は賢い人だと思いますw
[ 2019/03/10 15:31 ] [ 編集 ]
きれいな景色。
しかし船多いですね。
ぶつからないのか心配になってしまう。
[ 2019/03/10 17:13 ] [ 編集 ]
香川真司は、日本のスター選手であり、
実際 注目度は高いです。
私のようなファンも多いことでしょう。
[ 2019/03/10 18:44 ] [ 編集 ]
ポールの縦の線と船の航行が描く横の線の対比がが緑と青の背景に際立つ。美しい。
[ 2019/03/11 01:55 ] [ 編集 ]
この数年間が少し沈んでいただけ。
香川真司はずっとスーパースターだもの。
セレッソ時代からずーっと。
[ 2019/03/12 02:04 ] [ 編集 ]
>この数年間が少し沈んでいただけ。
いやいや、昨年初めまでずっとスタメンで活躍してたよね(怪我以外)そして昨夏のW杯でも大活躍。
この数カ月、練習にも参加させてもらえなかったり、チャンスさえも与えられなかったのは、実力以外の事。それを地元ファンからも不思議がられて、怒っていたファンも多い。
彼はずっとスターだよ。
[ 2019/03/13 19:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。