ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

2位のドルトムント!バイエルンに追われるよりは追う方が向いている?《ドイツの反応》

【ビルト日曜版】

bvbb2.jpg


“まだチャンスはある!”



ドルトムントは追われるよりも追う方が向いている?



ようやく勝つことができた。しかし同時に首位を奪われてしまった。


BVBはシュトゥットガルトに3:1で勝利したが、バイエルンがヴォルフスブルクに6:1で勝利したために首位を奪われてしまっている。しかしドルトムントではそれはどうでも良いことのようだ。



スポンサーリンク




マルコ・ロイスはスカイに対して:“それはどうでも良いね。大事なのは最終的に1位になる事だ。まだすべてはオープンだよ。”と語っている。



ルシアン・ファヴレ監督:“チームがどうしても勝ちたいという事が見て取れた。我々は勝利に相応しかったね。”



試合後ドルトムントの選手たちは南スタンドの前で勝利を祝っている。大雨だったが選手たちにはそれは関係なかったようだ。ここ8試合で1勝しかできておらず、この勝利はドルトムントを解き放つものとなっている。しかしこの試合も決して簡単ではなかった。



ドルトムントは相手を圧倒してはいたが、深く守る相手に対して問題を抱える点ではここ最近と一緒だ。アイデアが欠けているのだ。


しかしドルトムントを助けてくれたのはよりによって元ドルトムントの選手だった。


60分:カストロがサンチョにファールする。そしてそれがPKだ。ロイスがそれを確実に決めて、今シーズン14ゴール目を挙げている。これは過去2シーズンの合計と同じだ。


シュトゥットガルトは71分にカストロのフリーキックからケンプフがヘディングで同点に追いついている。


しかしファヴレは79分にゲレイロに代えてプリシチを投入するというアイデアを思いつく。プリシチは6400万ユーロでチェルシーに移籍したが、彼のレベルを再び示している。84分にアルカセルのゴールをアシストし、さらに90+2分にはゲッツェのアシストから自らゴールしている。


ドルトムントは得失点差で2位になってしまったが、これによって再び自信を取り戻している。


ケ―ルは優勝に関して、“もちろん最高となる成功を収めたいね。まだチャンスはあるよ。”とk経っている。


ドルトムントで最高の選手だったのはマリオ・ゲッツェだ。我々のワールドカップ優勝者は常に試合に関与し、何度も危険なパスをトップに送っていた。


ケ―ル:“マリオは徐々に勢いを増しているね。非常に力強いパフォーマンスだった。”


勢いが必要なのはBVBだ。ドルトムントはリーガ5節以降、初めて首位から陥落している。しかし追いかける方がドルトムントはうまく行くかもしれない。2位に陥落したが、ドルトムントの雰囲気には悪影響は与えなかったようだ。






以上です。

ロイスのコメントを見るからに、優勝を目指しているようなので安心しました。もちろん追われるプレッシャーよりは追う方が気持ち的には楽でしょうね。

ただ今ではそうした追いかける姿が似合うガッツがある選手があんまりいませんからね・・。ロイスだけに頼るわけにはいきませんし、そこが心配です。



[ 2019/03/10 20:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(9)
> しかし追いかける方がドルトムントはうまく行くかもしれない。
理由は?
[ 2019/03/10 20:15 ] [ 編集 ]
ロイスとクラブ側の優勝争いに対する温度差が気になるな
そのうちロイスにも愛想つかされそう
[ 2019/03/10 20:40 ] [ 編集 ]
2012以降いつもバイエルン追ってたが優勝してなかったろ、どういうことだよ…
というかさりげなくゲッツェべた褒めまたしてるし、良く及第点なのに何故いつも彼にだけ甘い評価なのか心底謎
まさかカタールで30になった選手を再び担ぎ上げる気なのか…?
フンメルスボアテングミュラー等は外しておいてか?
[ 2019/03/10 21:06 ] [ 編集 ]
6年も追いかけ通しなんですけど笑
まぁそれはいいけど、バイエルンはギア上げた。
ドルトムントはギアが壊れてるのでバイエルン戦までにはひと月くらいあるのでそれまでにはなんとかしてもらいたい。
[ 2019/03/10 21:15 ] [ 編集 ]
試合は見られておりませんので内容は文面のみでしかわかりませんが、途中出場で1G1Aのプリシッチより1Aのゲッツェの方が最高の選手だったというのは動きとして相当良かったとみていいんでしょうか。
ロイスやサンチョの調子が再び上がっていけば優勝争いは面白くなりそうですね。
[ 2019/03/10 22:00 ] [ 編集 ]
毎年追っかけてるんだから追う立場の方が慣れてるよな。
まあ結局追い付けないからバイエルンに連覇されてるわけだけど。
[ 2019/03/10 22:59 ] [ 編集 ]
いい勝利だったと思う
勝ちきれたことそれがなによりも良かった
勝利はなににも代え難い薬
[ 2019/03/11 00:45 ] [ 編集 ]
追われるより、追う方が向いているけど
結局、追い越すこと(優勝)はできないのがドルトムント。
[ 2019/03/11 03:14 ] [ 編集 ]
なんだかんだドルトムントが優勝すると思う
[ 2019/03/12 18:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。