ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ベシクタシュ!香川のアディショナルタイムのゴールで勝利!《ドイツの反応》

【Gezete】

kagawaw85.jpg


香川真司のラスト・ミニットゴールでベシクタシュが勝利!


ベシクタシュはリーガ第25節、ホームでコンヤスポルと対戦したが、日本のスーパースターの香川真司が、最後の最後でゴールを決めて3:2としている。


この勝利によってベシクタシュは3位をキープし、ガラタサライとのポイント差を2ポイント差としている。次の週末にはベシクタシュは降格の危機にある、ギョスペテと対戦する。


スポンサーリンク


前半はブラク・ユルマズのショー


この試合ではベシクタシュがより良い立ち上がりを見せていたが。、ゴールを挙げるのに苦労していた。しかし15分にその時が訪れる。ブラク・ユルマズとの連携からアデム・リャイッチがループキックを決めてベシクタシュを先制へと導いたのだ。


しかしベシクタシュの喜びはたった5分しか続かなかった。デニ・ミロセヴィチが素晴らしいパスをアリ・サヒネルに送ると、彼が同点ゴールを決めたのだ。この場面ではロリス・カリウスのプレーはあまり良くなかった。


その後もセニョル・ギュネスのチームが追加点を挙げようとトライするも、なかなかうまくいかない。


しかし34分にはブラク・ユルマズが見ごたえのあるフリーキックを決めて観客を沸かせている。ベシクタシュは前半を2:1で折り返す事となった。



香川真司が決勝点


後半に入ってからもベシクタシュが優勢だったが、3:1となるゴールをなかなか決めることができない。レンスはまたしても運がなく、アドリアーノも素晴らしいボール奪取を見せたにも関わらず、ペナルティー・エリア内でキリンティリに敗れている。このブラジル人の左サイドバックは、より良いポジションにいたユルマズにパスを出すこともできただろうが、それは無駄に終わっている。


76分にはフォファナのループキックから相手チームが同点に追いついている。試合は先週と同様にベシクタシュがこのまま引き分けになるかと見られた。しかし途中からプレーした香川真司がベシクタシュに重要なゴールをプレゼントしている。これによってチャンピオンズリーグ争いにおいて、重要なポイントを獲得している。


BVBからローン移籍でプレーしている香川は、試合終了間際にペナルティー・エリア付近でボールを奪うと、そこから左足で力強いシュートを決めたのだ。





以上です。


このガゼッタというメディアもドイツでトルコのサッカーを取り上げているメディアになります。ドイツにはトルコ移民が多いので、ドイツ語でもトルコリーグのニュースが読めるサイトがいくつかありますね。


香川選手は負傷が心配でしたが、途中から出場で結果を出すところはさすがですね。これで5試合で3ゴール1アシストという結果を残していますが、プレー時間を考えると、素晴らしい結果ですね。


今後も無理のない範囲で、このような活躍を続けてくれる事に期待したいですね!






[ 2019/03/11 07:36 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(20)
160分で3G1Aですね。


40分に1スコアポイント


53分に1ゴールの脅威的なスコアですよ
[ 2019/03/11 07:54 ] [ 編集 ]
スーパースター。
コンディション良くない中でAT劇的決勝ゴール。
別格です。
[ 2019/03/11 08:11 ] [ 編集 ]
ボール奪ったのはアドリアーノだし内容適当すぎる
[ 2019/03/11 08:16 ] [ 編集 ]
珍しくドリブルカットインからゴール。それもキーパー股ヌキ。
ゴールの前はクレアスマにサイドチェンジのピンポイントクロス。
ちょっとだけメッシみたいだった笑
今日は15分だけだったけど、エリアの前に張り付いていたのが良かったね。フォワードの動きしたから結果出た。今後もコレやってもらいたいですよ。
まぁバック見てると裏のことなんかあまり気にしてないみたいだし笑、こんなんだったらボールもらいにいくとか、人数かけるとかしても疲れるだけだから、点取りに行っていいんじゃないかな?やれば細かい動きには全然ついてこれないみたいだからビックリするような結果出ると思いますよ。
[ 2019/03/11 08:35 ] [ 編集 ]
はい香川さすが
昨シーズンマンシー戦のサラーみたいだったわ
そして管理人さんもまとめるのが早い
[ 2019/03/11 09:16 ] [ 編集 ]
左脚一閃!鋭いシュート打てるやん。スタジアムに流れたシンジシンジシンジ🎶のチャント?テーマ曲?涙が出るよ。やはり日本の至宝を大切にしてくれるクラブ・国は親近感がわきますね。
[ 2019/03/11 09:34 ] [ 編集 ]
 相変わらず利き足がどっちなのか分からん選手だ。両足が使える選手って本当に便利。日本らしいサッカーの模索において両足使える選手を増やす育成方針とか面白いかもしれぬ。
[ 2019/03/11 09:53 ] [ 編集 ]
負傷明けなので途中出場なのは予定通りなのに、日本のマスコミにかかかると

>前節、フェネルバフチェとのダービーでアシストを記録しながらも、守備面での物足りなさを指揮官より指摘された香川はベンチスタート。

とか書くマスコミが日本にいらっしゃるのがすごいですよね

ダービー前節だっけ?前節は怪我の為遠征にも加わってませんが、このメディアの中では全部なかったことになってるんですね
日本のマスコミは事実を報道することではなく、香川を下げる為に存在してる媒体や記者が存在してますね
[ 2019/03/11 09:53 ] [ 編集 ]
コスパ最強男
[ 2019/03/11 10:04 ] [ 編集 ]
ここの人達の言うように香川とリャイッチは同時起用すべきじゃないし、そもそも出来ない
フェネル戦みたいに幾ら試合決まりそうでもDFが酷すぎて直ぐに追いつかれるし、二人を同時に使ったら前半4-0にでもしない限り後半追いつかれた時に試合変えられる選手が疲労で誰もいなくなる
まだギュネスを信じてるわけではないが、この間の試合で学んだんだと思いたい
香川に関しては流石としか言いようがない、決勝点は勿論クロスもベッカムばりの精度してた
[ 2019/03/11 12:37 ] [ 編集 ]
ホーム初ゴールがAT決勝弾とは香川やるぅ〜!
救世主じゃないですか
怪我明けでの試合で負担追いながらの出場じゃないか心配してたんですが(まだ心配です)やってくれましたねー!
本当嬉しい
[ 2019/03/11 15:45 ] [ 編集 ]
素晴らしいゴールでしたね。叫びそうになりました笑
[ 2019/03/11 16:38 ] [ 編集 ]
日本時間の3.11にゴールを決めてくれる香川。
本当励みになります
[ 2019/03/11 16:42 ] [ 編集 ]
途中出場アディショナルタイム決勝ゴールはいつかのヴォルクスブルク戦を思い出しますね
怪我明けでコンディションが万全でなかったなかで結果を出すところは流石です

これで次の試合までにコンディションが復活すればスタメンになりそうな気もしますがどうでしょうか
あとそろそろリャイッチと香川のダブルスタメンの形をみたいですね
多分お互いを一番活かせると思います

監督が変わることが決まって今後どうなるか分かりませんがCL圏争いもまだ激しいので
来夏香川が残るか分かりませんがどちらにせよCL圏に入ってほしいですね
相手のチームに長友がいるので複雑ですが…
[ 2019/03/11 17:54 ] [ 編集 ]
この香川が見たかった。
もうルーニーやロイスの顔色を見てプレーする香川は見たくない。
香川はやっぱり潤滑油じゃなくてフィニッシャー。
[ 2019/03/11 18:56 ] [ 編集 ]
来季残るわけないでしょ
だったらフランスのモナコ行ってたし
せっかくの決勝ゴールなのに水差すようなこと言うなよ
[ 2019/03/11 19:38 ] [ 編集 ]
股抜きに見えてキーパーの左側ですね。
BVBだとロイスやらに遠慮して自由にゴール決められないんで、やっぱり環境が変わってよかったと思う。
[ 2019/03/11 20:14 ] [ 編集 ]
昔の香川ではなく、進化した香川です!二連覇以降ドルに復帰後の香川は進化して来たと思っているので、昔のではなくさらに進化したkagawashinjiが夏以降別の場所で見れる事を心待ちにしています!。トルコは通過点と言う事で
[ 2019/03/11 20:20 ] [ 編集 ]
カッコよすぎる。
バリオスやレバンドフスキとやっていた頃の貪欲で凄まじい決定力を見せつけていた香川を思い出します。
[ 2019/03/11 21:23 ] [ 編集 ]
デビュー戦もそうだけど、なんか持ってる感じだよね
[ 2019/03/11 22:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。