ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「まだ準備はできていませんでした!」香川が告白!《トルコメディアの反応》

【Haberturk】

kagawa72.jpg


香川が告白!


“まだ準備が出来ていませんでした。”



ベシクタシュはコンヤスポル戦、香川のゴールで勝利しているが、香川真司は、非常に幸せだと語っている。また“先週はちょっとした問題のためプレーできなかったので、この試合ではプレーする準備が出来ていませんでした。ここ数試合では得点できない試合もありましたが、毎試合ゴールしたいですね。”と語っている。




スポンサーリンク



コンヤスポル戦でベシクタシュは、香川真司のラスト・ミニット・ゴールで勝利している。この日本人は、試合後に非常に満足だとして、以下のように語っている。


“チームにとっても非常に重要となる3ポイントを獲得することができてとても幸せです。この結果が必要でしたね。先週は怪我してましたので、プレーするにはまだ完全に準備ができた状態(万全)ではありませんでした。これからも得点していきたいですね。”と語っている。


“日本のファンに感謝”

さらに香川は“日本のファンの支えに感謝しています。”と語っている。“日本のファンが僕の事をいつもサポートしてくれています。代表までもう1試合ありますが、その試合も勝たなければなりませんし、みんなで一丸となって勝利したいですね。”と語った。





以上です。



香川選手が万全ではなかった事を明かしていますが、それが多くのメディアに取り上げられていますね。試合後の日本のメディア向けのコメントがこのようにしてトルコに広まるのも大分おなじみとなりましたね。日本人ジャーナリストの群から距離をとっていたドイツとは違うみたいですね。





[ 2019/03/11 21:00 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(20)
デビュー戦に続いて、あの時間にあのシチュエーションで決勝点を決めてしまうのはスターとしか言いようがありません。
監督にはどうか怪我をさせぬよう、上手く時間を増やしながら起用してくれる事を願います。
[ 2019/03/11 21:15 ] [ 編集 ]
なお日本のマスコミ(○―ル)は

>前節、フェネルバフチェとのダービーでアシストを記録しながらも、守備面での物足りなさを指揮官より指摘された香川はベンチスタート。

と報道

本人のインタビューとか事実とか無視なので、実は日本のサッカーの報道レベルはトルコ以下なのかもしれませんね
[ 2019/03/11 21:17 ] [ 編集 ]
ということは、日本の取材陣だからといって気軽に話せなくなりますよね。まぁ愚痴こぼすことも誹謗中庸することもない選手ですが。
[ 2019/03/11 21:42 ] [ 編集 ]
怪我の詳細が わからなかったので心配でしたが、出てきた香川選手を見て 必ず決めてくれる気がしました。それくらい強い気持ちが感じられましたね。
日本のファンに感謝なんていうコメントは ファンの心を更にくすぐりますね 笑
[ 2019/03/11 21:51 ] [ 編集 ]
怪我しちゃってるのに代表どころではないでしょう?香川さん「代表への準備はできてる呼ばれても大丈夫」どの口が言っているのか?それともメディアの捏造ですか?新善試合なんて来てる場合じゃないでしょうにまた怪我してコンディション落として夏の移籍がおじゃんになったら何の為の買取OP無しのためのトルコだったのか、森保さんぜひとも呼ばないで下さい!!
[ 2019/03/11 22:42 ] [ 編集 ]
怪我明けでまだフルで出られるコンディションでもないと思います。それでもチームの勝利につながるゴールという結果は素晴らしい。今の香川は新しい気持ちでチャレンジしていてサッカーを楽しんでいますね。

それからトルコメディアはプライドとか気にしませんよね。ドイツメディアは香川のインタビューとか内心はすごく気になってたけど遠目で見てたようで日本人メディアが羨ましかったんだと思います。
[ 2019/03/11 23:48 ] [ 編集 ]
ヴォルフスブルク戦で途中出場
終了間際にPKで追い付かれて
アディショナルタイムにムヒタリアンのクロスを
香川が押し込んだゴールを思い出しました。
[ 2019/03/12 00:05 ] [ 編集 ]
この内容は試合後のbeinsportsのインタビューで英語で話したものですよ。beinsportsに動画あります。
日本のマスコミにはもっと別の事話してます。
[ 2019/03/12 06:23 ] [ 編集 ]
もうすぐ代表招集メンバー発表があるので、香川の代表への準備が出来てるという発言がクローズアップされてますよね。この試合では準備が出来ていないのに大丈夫なのかとファンとしては心配になるのは当然です。夏にスペインに行きたいのなら移籍優先で動いて欲しいですけどね。大迫のように使われて怪我が悪化とかにならないともかぎりません。もう若くはないし二兎を追って不遇な立場に置かれる香川の姿を見たくないですから。
[ 2019/03/12 08:33 ] [ 編集 ]
海外の招集レターは早めに届くから、この発言は既に受け取っているのでしょうね。
香川は代表愛が人一倍強いから、次のカタールは絶対に出たいと思っていると思います。
そして、カタール前のアジア以外の公式戦はコパが最初で最後。そのコパに向けての3月は外せないよね。それも有って、前回は早めに離脱して万全をきしたのかもしれません。
[ 2019/03/12 08:53 ] [ 編集 ]
これは試合後に英語で答えたTVインタビューの内容ですよ。
普通に動画で出てましたから。
トルコでは毎試合何人かの選手が試合後にインタビューされます。
日本のマスコミへの対応はその後に行われてますよ。

[ 2019/03/12 13:17 ] [ 編集 ]
二兎を追ってってどういうことだよ…
前に怪我したのは笑瓶が重用したからで二兎を追ったわけじゃないでしょ
そもそもW杯みたいな公式戦なら招集拒否は出来なかったし不遇だったのは単にファーブルが使わなかっただけで
まったく本人は関係ないのに自業自得みたいな言い回しはどうかと思うんですけど
[ 2019/03/12 18:32 ] [ 編集 ]
トルコ語は一般的でないから、話せない事がネガティブにならず、英語でインタビューしてくれるのでしょう。
ドイツ語はドイツ人にとっては国際的言語だから、「話せないならインタビューしない。」って感じ?英語でインタビューすれば問題なかったのにね…そういうのはフランスだけかと思ってましたけど…
[ 2019/03/12 19:18 ] [ 編集 ]
彼の代表に対する思いを踏みにじるような人はファンでは無い。
[ 2019/03/13 00:10 ] [ 編集 ]
代表は良いタイミングかと。
コンディションを上げられるので助かりますよ。
次の試合が終わるともう4月7日まで2週間も空いてしまいますからね。
そっちの方が香川にとっては痛いです。
[ 2019/03/13 00:31 ] [ 編集 ]
横からですが、二兎を追ってというのは前のシュテーガーさんの時の事と比べていってる訳ではないと思われますし、自業自得だなんて言い回ししてないと思いますけどね。
怪我を考えても、夏のスペイン移籍とアクシデントも考慮しての代表の拘束権のない新善やコパに出る事どちらが香川選手個人にとって大切なのですか?って自分は思います。代表で怪我又は悪化させてコンディション落として夏の移籍に支障を来すような事あっては欲しくないだけです。香川自身が怪我のリスクを冒して迄も代表でアピールしたいと思っているなら何も言えませんが
[ 2019/03/13 01:58 ] [ 編集 ]
香川の代表への想いを踏みにじるファンとはどんなファンの事を言うのでしょうか?
香川選手のリーガでプレイしたい!という夢を応援しています。夏の移籍もそのため、そのためのトルコ半年だと受け入れて、何としても叶えて欲しいしそのために代表での怪我のリスクは減らして欲しい!と思っています。代表に復帰するのは今でなくてもいいのでは?
こう思うことがファンでは無いと言われるなら仕方ありませんが、いろんなファンが居てもいいのでは無いでしょうか
[ 2019/03/13 07:23 ] [ 編集 ]
香川の代表への思いを踏みにじるどころか、代表を徹底的に悪者扱いして、
その一方で自分達が香川ファンの顔的存在であるかのように振舞ってるのが目に付くってことでしょ
[ 2019/03/13 22:47 ] [ 編集 ]
22:47さん
了解しました。唯自分は代表を悪者扱いはしたつもりは無いです。香川選手のファン面した覚えもないですが、彼のリーガ移籍の夢を応援しています。そのために怪我のリスクを極力少なくするには今代表へは行かなくともまだ先でもいいのではと思っただけです。そう思うことが代表悪者扱いやファン面していると思われたなら致し方ないですね
[ 2019/03/15 07:24 ] [ 編集 ]
代表への思いを踏みにじるとか悪者扱いとか、そう言う言い方もどうかと思いますけどね。香川を応援する気持ちはみんな同じです。ただ夏の移籍も大事だから怪我のリスクを心配してるだけでしょう。
[ 2019/03/15 16:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。