ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レアル・マドリッド!ジダンを再び監督に招聘!!契約は2022年まで!《ドイツの反応》

【ビルト】

yidan.jpg


レアル!ジダンを呼び戻す!


スペインでセンセーションが!



ジュネディーヌ・ジダンがレアル・マドリッドの監督に戻るようだ。スペインの“AS“や“マルカ”が報じたところによると、ジダンは今日の夜、レアル・マドリッドで監督として公式に紹介されるようだ。


スポンサーリンク



最初に報じたのは、テレビ局の“La Sexta“だが、その後“AS”や“Marca”もその報道を認めている。ジダンはサンティアーゴ・ソラーリの後継となるが、ソラーリはすでにチームからの信頼を失っており、さらにスーパースターのベイルとも騒動を起こしたとされている。すでにソラーリはチームに別れを述べたとされている。


18時にはクラブ幹部たちと会談し、その後監督就任が発表されるようだ。ジダンは明日からトレーニングを率いるとされている。ジダンの契約は2022年までとされている。


最近ではモウリーニョ監督も後任として噂されていたが、ペレス会長がジダンを希望したようだ。



このフランスのワールドカップ優勝者は2016年から2018年までマドリッドを率いている。彼はそこでリーガ優勝1回、スペインスーパーカップ優勝1回、UEFAスーパー・カップ優勝2回、クラブ世界チャンピオン2回、チャンピオンズリーグ優勝3回という素晴らしい成績を残している。



一つはっきりしていることは、ジダンが今シーズンチャンピオンズリーグで勝つことがないという事だ。レアルは選手アヤックスに1:4で敗れ、すでに敗退しているのだ。そしてその前には2回続けてバルセロナに敗れている。これによってソラーリが解任されることとなったとみられている。






以上です。


先ほど公式に記者会見が行われ、監督就任が発表されましたね。契約も記事にある通り2022年までとなるようです。ジダンがレアルを辞めるタイミングは見事なものでしたが、引き受けるタイミングもなかなか見事ですね。もうチャンピオンズリーグもないですから、プレッシャーのない状況で仕事ができますからね。




[ 2019/03/12 02:36 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
ジタン戻しても選手の劣化も激しいからどうなることやら。
育てるのがもともと下手でめぼしい若い選手が見当たらないし、クリスティアーノみたいな絶対的な選手もいない。
これではバルサに対抗するどころか3位4位がやっとかな?
当面は有名人連れてきてごまかすしかないか?
[ 2019/03/12 06:09 ] [ 編集 ]
いやそうは言っても常勝軍団レアルだ
来季ノータイトルなら間違いなく叩かれるし、CL再び取るのは無理リーガ国王杯取っても大した評価はされないからハイリスクローリターンすぎる
引き受けるならフランス代表かユーベ辺りにしとけば更に監督としての評価を盤石に出来ただろう、特にフランス代表はカタールで何処もなし得てない連覇の夢があるし、もしこれを達成できる監督がいるならそれはジダンだけだろ
[ 2019/03/12 09:08 ] [ 編集 ]
これでハメスのレアル復帰はなさそうだな。
トップ下にハメスがいればレヴィやミュラーらの前線が活性化することがここ数試合で改めて証明されたことだし、末永くバイエルンに落ち着いてほしい。
[ 2019/03/12 20:56 ] [ 編集 ]
既にカンテは要求してるようだし、あと獲得を目指すのはサラームバッペアザール辺りだろう
ジュニオールアセンシオではロナウドの穴埋めになってないしCL連覇後ベイルとの関係は最悪だったからウイングの補強が最優先、最高さんが劣化しつつありフランス代表ということもあるからセンターも出来るムバッペが一番の対象だと思う
[ 2019/03/13 02:20 ] [ 編集 ]
正直、よく火中の栗を拾ったなと思いました
ただジタンの復帰で折り合いの悪かったベイルの放出は確実ですし、同じく構想外だったハメスの復帰も消滅でしょう
またフランス語を話せるアザールはともかく、問題児であるネイマールの獲得には否定的なので移籍話も無くなるのでは?
レアルが本気で獲得を目指すのはムバッペとカンテでしょうが、PSGとチェルシーは徹底抗戦しますから難しいでしょうね
[ 2019/03/13 09:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。