ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》BVBトゥヘル 今度はレヴァークーゼンのカストロを希望か?

バイエルンへの移籍が有力とされているレヴァークーゼンのカストロですが、トゥヘルも彼の獲得を希望しているようです。本日のビルトより記事を紹介します。





BVB立て直し


1000万ユーロ、トゥヘルはレヴァークーゼンのカストロを希望


20150424213003f3c.jpg

そして


ゴンザロ・カストロとバイエルン。この移籍の噂はブンデスリーガでも硬いものと見られていた。


しかしキッカーによるとこのカストロ争奪戦に新たなチームが名乗りをあげたようだ。ドルトムントもカストロに興味を持っている様だ。


このレヴァークーゼンの中盤の選手は契約が2016年までとなっており、約1000万ユーロの契約解除条項が付いている。なのでその条件を満たせばこの夏にでもチームを去る事が出来るのだ。

スポンサーリンク


トゥヘルがレバークーゼンのカストロを欲しがっている。


確かなのは:トーマス・トゥヘルのチームにカストロは合うだろう。ドルトムントは引退するセバスティアン・ケールとおそらく移籍すると見られているギュンドガンの代わりとなる選手を探さなければならない。そうなるとカストロは適した選手だろう。


バイエルンの監督、ペップ・グアルディオラもこのバイヤーのスター選手にひどく感心を寄せている。“彼は当然ながら良い選手だね。彼はすでに多くのポジションで良いパフォーマンスを見せているよ。”

2009年にU19でユーロ優勝を果たしたカストロは、水曜日にトレーニングで負傷してしまった。このバイヤーの選手は膝を負傷してしまい、手術が必要なようだ。彼のシーズンは終わってしまった。


トゥヘルが新シーズンに向けて選手の選考をしているあいだ、監督チームの計画も進んでいる。確かなのはライナー・シュライ(これまでホッフェンハイムとマインツ)がアスレチックトレーナーとして選手の状態を見るようになると言う事だ。

バイヤー・レヴァークーゼンは自分のユースで育てた彼を引き留めたいと思っている。





以上です。


ギュンドガンの代わりにカストロと言うのは結構ありだと思います。今シーズンのレバークゼンは中盤からの良い縦パスが結構頻繁に見られましたから。

でも彼が何処に移籍をするかで、今後のリーガの力関係がはっきりすることになりそうですね。順位で言えばレヴァークーゼンの方が上でチャンピオンズリーグもある。だけどレヴァークーゼンがリーガ優勝をする可能性はそれ程高くはない。それと比べて新しいドルトムントへの移籍は選手からしたらステップアップと見られているのかどうか、その辺に注目したいです。

【おまけ今日のドイツ】

IMG_6012.jpg

ニョッキ
近所にあるイタリアンレストランでニョッキを注文したら当たりでした。他にも牛のカルパッチョも良かったです。
ドイツのイタリアンレストランはパスタに関してあまり期待しないのですが近所に美味しいレストランがあるとは灯台下暗しでした。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball


[ 2015/04/25 06:25 ] トゥヘル | TB(-) | CM(4)
No title
ギュンは移籍決定みたいですね。しょうがないと思っていたので頑張ってほしいです。

ガイスとカストロの名前がよく上がってますが、取れるのかな?と思ってみたり。カストロとか来季CLいけそうなのに、バイヤン蹴ってくるかな?と疑心暗鬼になっています。
[ 2015/04/25 07:00 ] [ 編集 ]
新生ドルトムントどうなるのでしょうか。 ニョッキ美味しそうですね!
[ 2015/04/25 13:01 ] [ 編集 ]
No title
これで香川に縦パスを入れれる奴がいなくなるのか。
[ 2015/04/25 15:47 ] [ 編集 ]
丸岡が成長して上がってきてくれたら嬉しいんだけど
[ 2015/04/25 19:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。