ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レヴァンドフスキー!リヴァプール敗退後にニコ・コヴァチ監督のビビり戦術を批判!《ドイツの反応》

【ビルト】

lewa3.jpg


リスク冒さなさすぎ!勇気なさすぎ!守備的過ぎ!

レヴァンドフスキー、コヴァチの“びびり”戦術を批判

バイエルンはチャンピオンズリーグでリヴァプールと対戦し、1:3で敗れた。ベスト16での敗退は8年ぶりの事だ。

その後ストライカーのロベルト・レヴァンドフスキーはニコ・コヴァチ監督のビビり戦術を批判している。

スポンサーリンク



レヴァンドフスキーはノルウェーのテレビ局、“Viasport”において、“どちらの試合も守備的過ぎた。攻撃において相手にプレッシャーをかけることはほとんどなく、チャンスも作れなかった。ホームでもほとんど危険を冒さなかった。”と語っている。


彼はさらに、“僕は、みんなが勝ちたいと思っていると思っていたよ。でもこれはチャンピオンズリーグだ。時には危険を冒さなければならないね。今日もファーストレグの試合でもそれが少なすぎたよ。”と続けている。


コヴァチは、“相手チームが必要としているミスを犯したくなかった。”と語っている。


レヴァンドフスキーがコヴァチ批判


その事はデータにも表れている。バイエルンはセカンドレグではたった6本しかシュートを放てなかったのだ。これはチャンピオンズリーグのホーム戦においてはマイナスな記録だ。その6本のうち、枠内に入ったのはマティップのオウンゴールとアラバの直接フリーキックだけだ。


しかしレヴァンドフスキーは自分でも反省するべきだろう。彼は現時点でチャンピオンズリーグ8ゴールと得点王争いのトップに立っている。しかし彼はKOラウンドにおいてはここ7試合一度もゴールしていないのだ。


彼がゴールしたのは2018年の2月に行われたベシクタシュ戦が最後となっている。5:0で勝利したその試合で、彼は2ゴールを挙げているのだ。昨シーズン敗退したレアル・マドリッド戦においては2試合とも得点していなかった。


レヴァンドフスキーはこれまでチャンピオンズリーグにおいてバイエルンのためにグループリーグでは25得点を挙げている。しかしKOラウンドで挙げたゴールはたったの11ゴールだ。


フンメルスもレヴァンドフスキーと同じ見方であるが、監督を擁護している。“僕たちの戦術ではプレスの激しい相手に対して、100%は成功しなかった。でも監督も擁護しなければならないね。彼が見たかったようにプレーできなかったわけでもあるから。”



チームはフィールド上で力強いリヴァプールに対抗する方法を見つけられなかった。






以上です。


レヴァンドフスキーがコヴァチを批判していますが、守備的な戦術であったことは確かですね。アウェーならまだ分かりますが、ホームでそのスタイルというのはバイエルンらしくはなかったですね。


レヴァンドフスキーは大事な試合ではここ最近本当にゴールしていませんね。素晴らしいストライカーであることに疑いはありませんが、彼にプレッシャーを与えられる選手の獲得は必要でしょうね。





[ 2019/03/14 19:10 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(16)
PSG同様にリーグで強度の高い試合をしていないので、逆境をはね返す力がないのだと思います。2番手のドルトムントも若手を高値で売り、CL圏に入れればいい、というスタンスでは残念ながらブンデス勢はこれから凋落していくでしょう。
バイエルンもアンチェロッティのように、レバやロッベン、リベリー、フンメルス等の監督批判を平然として、気に入らない監督は追い出すチームになってしまったので、彼らを一掃して新チームを作り、一体感のあるチームにしないとブンデスは勝ててもCLでは今年のようになってしまうでしょうね。
[ 2019/03/14 20:03 ] [ 編集 ]
そもそもなんでこの人を監督にしたのでしょうか?いまだに納得できる理由がみつかりません
[ 2019/03/14 20:11 ] [ 編集 ]
お前が決めてればなあ
[ 2019/03/14 21:12 ] [ 編集 ]
昨日の試合、1点取られるまではレバ1人が攻撃で残り10人は守備させられてた。実質10バックだった。それでふてくされたのかどうかは知らんけど、プレスに行くスタートがそこかしこで遅れたね。
そんでマネにスーパーゴール。
勝負はこれで決まったと思う。
クロップ相手に先制されたらゲーゲンの餌食になるのが普通だし、そうなってた。ボール持たされてカウンターのプレス食らいまくってた。クロップ時代のドルトムントと同じ勝ちパターンだった。
レヴァはクロップの弟子だからこれがよくわかっていて試合の入り方に文句言いたくなったんじゃないか?
まぁわかっていてやられたならアタマにくるわな笑
[ 2019/03/14 21:22 ] [ 編集 ]
レバはリーグ戦も決定的な場面決められなくなってきましたし、今日もそう
アウェーゴール、リバプール自慢の前線がいるから守備の意識は高くしなきゃいけないのは当たり前
失点するまでは良い戦いしてたんですがね
[ 2019/03/14 21:39 ] [ 編集 ]
レヴァもいい選手だけど崖っぷちからハットしたクリロナ不調でも得点に絡みまくるメッシと比べちゃうとなあ
[ 2019/03/14 22:01 ] [ 編集 ]
監督じゃないと見えないものがあるからねー。ビビりというけど、バイエルンは中盤が貧弱で最終ラインはスピードに対応できないんで仕方ないんだよね。。前線の選手は不満だろうが、それで監督首にして失点多くなったのがチェルシーだし。
そこを改善して強くしてきたのがリバプールだし。チアゴ、ハメス、じゃ攻撃的にしたらすぐ怪我したり、大量失点して終わりだよ。今の人材じゃ前線は個のプレイで打開してもらうしかない。ミュラーとゴレツカがスタメンで出られてたら結果も変わってたろうにね。補強が必要。最終ラインと中盤にフィジカルあって縦にパス通せる人材が欲しいね。変革の一年目だからバイエルンは来年さらにテコいれするだろうね。
[ 2019/03/14 22:27 ] [ 編集 ]
OGが無ければレヴァの得点になってただろうし、相手が強すぎたんだからレヴァだけに厳しい事を言ってもね
守備的ではなく攻撃的に行かなきゃチャンスが少なすぎて、パコ見たいな幸運でも無きゃ得点できないでしょ
大事な試合といえば、ドルトムントを首位から蹴落とす試合で2ゴール決めて貢献してるし、現時点でブンデスリーガでもCLでも得点王だからなー
[ 2019/03/14 22:30 ] [ 編集 ]
この人うまくいかない時にいつも他人のせいにするよね
[ 2019/03/14 23:06 ] [ 編集 ]
やはりサッカーはメンタルスポーツですね。チーム状況がプレーにもろに出るから、試合前から結果が見えてた。コバチでは纏めきれてない。
それ以上に深刻なのがシャルケ。テデスコは昨年迄は絶賛されてたのに、何が有ったのでしょうか?主力組が練習拒否したり、グループが3つに分かれて反目しあって監督批判が収まらないとか、解説者が言ってましたけど…
ブンデス低迷の一番は監督流出だと思います。有能な監督(ナントカという監督の集まり入っている監督)が誰も居なくなってしまいましたよね…
[ 2019/03/14 23:35 ] [ 編集 ]
今回のレヴィはおとなしかったけど、、、
GSの試合は6試合だしKOでも11ゴールを「たった」呼ばわりはちょっと
[ 2019/03/14 23:56 ] [ 編集 ]
メッシやクリロナと比べてる人達が居ますがその2人はチームがその2人を活躍させるシステムになってる

レヴァの場合この試合も含めて余り周りからのフォローがない、それこそ自力で点取ってる場合が多く逆にレヴァ封じればどうって事ない
[ 2019/03/15 15:07 ] [ 編集 ]
レヴァンドフスキ放出で良いと思うんですけどね
リーグ戦は別にレヴァンドフスキじゃなくてもいいし
バイエルンに来てからずっと省エネで得点しようとする
もしレヴァンドフスキを使い続けるのであれば彼がポジションを失う危機感を抱くライバルを連れてくるべき
[ 2019/03/15 19:22 ] [ 編集 ]
監督批判は許さず選手批判だけ盛んなここのファンからしてブンデスがレベル低いことを見て取れるね
ハメスチアゴ批判して強度だけを求めるなら何故ピダル売ったのか?批判するならフロントと補強を要求しなかったコバチが先だろ
本当ファンって公平じゃないよね
[ 2019/03/16 12:48 ] [ 編集 ]
2019/03/16 12:48
ヴィダル売ったのは本人が出ていきたかったのをフロントが了承して売ったから。
コバチは売ってしまったことを怒ってましたよ。記事見てればコバチの希望の選手は獲らず、残ってほしい選手は売ってきて、人事権は監督になかったこと位わかりましたけど。ヴィダルが出ていきたかったのは、すべて前季の監督がヴィダル使わずベンチ要員にして出場機会がなかったことに失望しての事ですよ。
[ 2019/03/16 22:25 ] [ 編集 ]
ここの人たちの言う通りレヴァも放出したら?オバがいなくなりモチベが下がったこのレヴァのように他ブンデス得点王争いしてる選手達の競争力が落ちて益々低調なリーグにならないか見ものだ
[ 2019/03/17 13:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。