ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルンはコヴァチ監督には大きすぎる!ドイツ紙《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

kovaccc.jpg


バイエルンはコヴァチには大きすぎる!


チャンピオンズリーグのリヴァプール戦は、ニコ・コヴァチ監督にとっては試験のようなものだった。ミュンヘンに敗れた後で、当編集部のパトリック・シュトラッサーはこの監督も、世代交代の一部となる可能性があるとみている。


ニコ・コヴァチ監督は秋の不調を乗り越えることに成功し、さらにボルシア・ドルトムントとの9ポイント差を縮めることに成功した。そしてリヴァプールとのファーストレグではカテナッチョ戦術を採用し多くの方面から絶賛されていた。そしてその結果がチャンピオンズリーグ敗退だ。


スポンサーリンク



バイエルンの会長、ヘーネスとルンメニゲがトーマス・トゥヘルの獲得に失敗した後で、ニコ・コヴァチの名前が、アンチェロッティとハインケスの後継として挙がってきた。コヴァチはかつて彼がアイントラハトにしたように、チームに規律と頑丈さ、そして選手のフィットネスをより安定したものとすることが期待されていたのだ。


しかし、コヴァチは、中堅のクラブの選手の力を限界以上に引き出すのがうまい監督だ。バイエルンのようなスーパースターが多いクラブを率いるには多くの事が要求される。彼には攻撃におけるアイデアがなく、相手を圧倒してミスをさそうような戦術や、試合の状況に応じて適度に対処する能力が欠けている。


コヴァチはまだチームのサポートを受けているだろうか?マッツ・フンメルスやロベルト・レヴァンドフスキー、そしてマニュエル・ノイアーの発言の裏を読む限りでは、もはやそうとは言えないだろう。彼は、守備的過ぎた、危険を冒さな過ぎたなどと批判されている。


今後バイエルンでは大きな世代交代がされると予想されているが、では監督もそれに伴って去る事はあるだろうか?リヴァプールとのセカンドレグは監督にとって試験のようなものだった。



もしかしたらこの夏も偉大な監督を獲得するのは難しいかもしれない。そうした運があればコヴァチは来シーズンもチャンスを得るだろう。


アンケート
コヴァチはバイエルンに相応しいか?

相応しい 26%
相応しくない 42%
まだ早すぎる 32%




以上です。


最近リーガでは持ち直してきたように思いましたが、チーム内ではやっぱりうまく行っていないみたいですね。今回のチャンピオンズリーグ敗退の影響でリーガもコケてくれると優勝争いが面白くなりますので、それに少し期待したいです。


[ 2019/03/15 12:57 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(20)
おっそ!ドイツの人たち気づくのが遅すぎるよ!
まあだからこそドルトムントもズルズル落ちてきてるんだろうけども
クラブリーグ自体もだがブンデスファンこそ早く自分たちが監督軽視して焼かれてることに気づくべきだよ
[ 2019/03/15 13:27 ] [ 編集 ]
フリーの大物はモウリーニョしか残ってないけど、、、
[ 2019/03/15 13:42 ] [ 編集 ]
 コケてくれるといいですが、BVBもコケる可能性が十二分に残されている。
[ 2019/03/15 14:02 ] [ 編集 ]
そろそろハインケスがシーズン終了まで復帰するのかな?
[ 2019/03/15 14:23 ] [ 編集 ]
で? 今のバイエルンにどんな監督が来てくれるって? ペップも逃げ出し、アンチェを首にした選手がいるクラブに。バイエルンはコバチのような根性据わった監督がふさわしいよ。フランクフルトの土台を作ったのはコバチだし。今季のフランクフルトは更によくなってる。まずは監督変える前に補強をしましょう。選手のいうとおりに監督変えるとチェルシーの二の前になる。
脱スペイン、フィジカルサッカーに相応しい選手獲るのが先決。
[ 2019/03/15 15:25 ] [ 編集 ]
ゆーてリバポに何もできないんだからしょうがねえべ
ファーストレグ見る限りあれで前掛かりなりゃ大量失点間違いなしだぞ

[ 2019/03/15 16:10 ] [ 編集 ]
大物監督はみんなブンデスを出ていってるので仕方ない面もありますね。
[ 2019/03/15 16:37 ] [ 編集 ]
監督の問題というより個々の選手のレベルの問題だと思うけどねえ。
かつて活躍した選手達も劣化してきてるし、若手もぱっとしないし。
[ 2019/03/15 17:12 ] [ 編集 ]
コヴァチとファブレか
もう名将はブンデスには来ないかもね
[ 2019/03/15 17:36 ] [ 編集 ]
レヴィや選手だけ批判して監督には甘々なブンデスサポがいる限り誰が監督になっても勝てないだろう
他国リーグのサポはペップクロップアッレグリだろうが負けたら平気で叩くからな
選手だけにムチ打っても勝てないもんは勝てないことに早くサポが気づいてくれるのを祈ってんよ
[ 2019/03/15 18:07 ] [ 編集 ]
バイエルンもドルトムントもクラブと監督が釣り合ってないな
[ 2019/03/15 18:37 ] [ 編集 ]
コバチにバイエルン派大きすぎる!全く同感。

>彼には攻撃におけるアイデアがなく、相手を圧倒してミスをさそうような戦術や、試合の状況に応じて適度に対処する能力が欠けている。

ついでに言うと、ファブレも同じだ。ファブレにもドルトムントは大きすぎる。
[ 2019/03/15 18:56 ] [ 編集 ]
03/15 17:12
いやいやどう考えても監督のレベルの問題でしょう
そもそも選手が衰えてようが監督が起用した時点でそれは監督の責任だと思いますがね
ドイツだけじゃなく日本人も特にそうですが監督の重要性を理解してない、監督の方が立場が上だから選手を盾にしてるだけ、監督によって生きる選手と生きない選手がいるがコヴァチは全員生かせてない
[ 2019/03/16 01:27 ] [ 編集 ]
革新的な監督がリーグから全て消えたのが一番痛いに決まってる
若手のトゥヘルまで出て行っちゃったしな
その結果が演技で痛がっての時間稼ぎになるんだから終わってる
ハインケスもクロップのパクりだし、そのハインケスが出てきたらバイエルンは躍動するんだから判りやすい
[ 2019/03/16 04:26 ] [ 編集 ]
2019/03/16 01:27
それ、プレミア一年目のペップやクロップに言えたのかい? どの監督も今ある戦力で出来ることをするしかない。監督はスーパーマンじゃないんだから。自分の戦略にあった選手の補強をして本当の実力がわかる。
[ 2019/03/16 08:08 ] [ 編集 ]
サッカーは監督問題が一番ですよ。監督代わるとサッカーが変わる。
レアル(ジダン辞めて↓)、マンU(ファーガソン辞めて↓、モウリーニョが一時↑も、今季↓辞めて↑)、シティ(ペップ来て↑)…劇的に変わったクラブは監督交代が大きい。選手は変わらずとも監督代わればクラブは変わる。
[ 2019/03/16 15:06 ] [ 編集 ]
ペップすらリバプール相手には守備的だったし戦術より勝てなかった事が一番かね
[ 2019/03/16 15:35 ] [ 編集 ]
まあでも正直いまのバイエルン率いたいって人探すの難しそうですよね
バイエルンがほしいレベルのトップクラスの監督がフリーになったら他のリーグにとられそうですし
結局国内リーグの有能監督を引き抜くしかなくいのにその国内が基本中堅クラブしかないから結局バイエルンの名前に見合う人連れてくるのが大変そうです

そもそも戦力的にもバイエルンそこまで強くないですからね
数年前と比べ劣化した選手をそのまま使っていて新しいスターもハメスくらいで凄い若手が出てきてる訳でもないのでそりゃCLは勝てないでしょう
前評判も近年はそこまで高くないですよね
数年前はほぼ毎回リーガ2強のくらいにはいたんですが…
レアルも含めただの過渡期ならいいですちょっと前のマンUみたいにならなきゃいいですが
[ 2019/03/16 18:53 ] [ 編集 ]
03/16 08:08
ペップクロップとコバチファーブル同列に語るなんてリスペクト足りないな
でもあえて言わせて貰うがプレミアファンは一年目だろうとペップクロップがタイトル逃してた時は叩いてたぞ
それがメガクラブというもんだろ?
ドルトムントはさて置きバイエルンはメガクラブじゃないのかな?
[ 2019/03/17 13:28 ] [ 編集 ]
バイエルンがブンデスで1強だと面白くないから、コバチ監督で失敗してもらったほうが外野席としてはうれしいなぁ。とはいえ、ドルトムントが失速。

ジダンのボルドー時代のプレー動画です。キラーパスが炸裂します。
https://www.youtube.com/watch?v=kr0T8ewE83Y

[ 2019/03/19 06:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。