ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【EL】長谷部フランクフルト!インテルを下してベスト8進出!《ドイツの反応》

【ビルト】

frankfurt3.jpg


インテルを相手にセンセーション!


アイントラハト!ヨーロッパにおいて我々を守る!


アイントラハトは、インテル・ミラノを相手に1:0で勝利し、ヨーロッパリーグベスト8進出を果たした。


バイエルンでもドルトムントでもなかった。アイントラハトが我々にとって唯一ヨーロッパで生き残ったクラブとなったのだ。


スポンサーリンク



スタジアムには4万5千人のファンがかけつけたが、スタジアムの雰囲気を作っていたのは1万3500人のフランクフルトのファンだった。彼らは90分にわたって歌いどおしだったが、それもそのはずだ。フランクフルトが夢のようなスタートを切ったからだ。


ルカ・ヨヴィッチがミラノを相手にベスト8となるゴールを決めたからだ。


▶開始5分:インテルのディフェンダーがヘディングでバックパスを試みるもそれがうまく行かなかった。それに気づいたヨヴィッチがボールを浮かせ、キーパーの頭上を越えるゴールを決めたのだ。


これがこの大会を通してヨヴィッチの通算7ゴール目となっている。それに加えてブンデスリーガで15ゴールだ。彼がゴールするたびに、彼の値段が上がっていく。バイエルン、バルセロナ、レアル・マドリッド、チェルシー・・。彼の獲得に興味を持っているクラブのリストは長い。市場価格も5500万ユーロまで上昇している。


フランクフルトはもっと得点することもできただろう。しかし後半になってから何度もチャンスをものにできないでいる。しかしそんなことはどうでも良い。アイントラハトはそれどころか監督なしで勝利したのだ。アディ・ヒュッターはスタンドから試合を見送る事となった。助監督のクリスティアン・パインティンガ―が指示を出していた。


2019年に入ってからアイントラハトはまだ負けていない。そしてヨーロッパにおいて唯一のドイツのチームとなっている。これによって2004年以来となる、ベスト8にドイツのクラブが残らないという事態は避けられた。




以上です。



フランクフルト、インテルにも勝ちましたね。攻撃陣も素晴らしいですし、長谷部選手も素晴らしいですね。さらにローデが活躍してくれて嬉しいです。ここから勝ち上がっていくのは本当に大変ですが、なんかやってくれそうな雰囲気がありますね。







[ 2019/03/15 09:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
監督いなくて1-0だったけど圧勝だった。
4-0でもおかしくなかったけど、インテルに何もさせなかった。
つか、シュート打たれてもまともに枠に行かんだろ?みたいな感じで見てたけど、まぁ行かんかったな笑
あのフォーメーション変えながらやる守備は本当にスペース開かないし、すごい組織力だよ。ハイプレスなんかまるで効かないもんね。逆に自分たちはハイプレスからガンガンボール取ってたもんね。
整いすぎだよ笑
[ 2019/03/15 10:02 ] [ 編集 ]
ELベスト8進出チーム

ナポリ:セリエ 2位
アーセナル:プレミア 4位
フランクフルト:ブンデス 5位
チェルシー:プレミア 6位
ベンフィカ:プリメイラ 1位
バレンシア:リーガ 7位
ビジャレアル:リーガ 14位
プラハ:リガ 3位

こうしてみたらフランクフルトが勝ち抜けた事は順当というか
ビジャレアルやプラハに比べあまり不思議はないですね
ただマルセイユ・ラツィオ・シャフタール・インテルと強豪ばかり倒してベスト8行ってますから
本当に強いんだなと
[ 2019/03/15 12:28 ] [ 編集 ]
チームの勢いがそのまま試合に出た感じだったかな
長谷部は強いけど、接触プレー危なかったね
もう少し自身を労わって欲しい気もする
[ 2019/03/15 14:21 ] [ 編集 ]
管理人さんの言葉に同感です
「なんかやってくれそうな雰囲気がありますね。」

インテルには勝つだろうって漠然と思ってただけ
なんだか勝つんじゃね?って思わせる雰囲気プンプンなんですよ
攻撃陣も守備陣も上手く機能してるとかあるんでしょうがそれ以上に勝つんじゃね?
そう思わせる雰囲気なんですよね

CL行って欲しいな~
[ 2019/03/16 06:30 ] [ 編集 ]
フランクフルトの試合は面白い、ベンフィカ強そうだけど、うまくローテして選手の疲労を軽減できれば勝ち抜けも可能性はある。頑張ってほしいですね。
[ 2019/03/16 13:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。