ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

リヴァプール!クロップ監督!「理解できない!」ドイツ代表監督のバイエルン選手除外措置について語る!《ドイツの反応》

【モルゲンポスト】

klopp5.jpg

ミュラー、フンメルス、ボアテンの件について

クロップ、レーヴを理解できず


ヨアヒム・レーヴ監督が、フンメルス、ミュラー、ボアテンの3人のワールドカップ優勝者を代表から除外したことがヨーロッパで大きな議論となっている。

スポンサーリンク



ユルゲン・クロップがチャンピオンズリーグのバイエルン戦を前に、その事について彼の意見を語っている。

“この3人をノミネートしない権利はヨーギに100%ある。だけど彼ら3人に、今後代表入りするためのチャンスを与えない事がOKかどうかはわからないね。”とクロップは語った。



今後代表にノミネートされないという決断はクロップには理解できないようだ。“代表の扉は常に開かれていなければならないと思う。選手が麻薬に手をだしてしまったとか言うのであればべつだけれどね。そうでなければ選手には代表入りするチャンスは常に残されるべきだ。ドイツサッカー協会と選手たちは契約を結んでいるわけではないんだから。”と続けている。


さらに、“私は、彼ら3人とも引き続き代表でプレーしたいと思っていると感じたよ。仮に‘今の状況じゃ代表入りに値しない‘、と言ったとしてもね。そう言う代わりにもう君たちを代表に呼ばない、と言うのは難しいね。”と続けている。




以上です。


クロップが記者会見でレーヴの措置について語りましたが、代表というものは、選手に対して常に扉が開かれているべき、という意見は納得ですね。


今はパフォーマンスが足りないから若手にチャンスを与える。復帰したければパフォーマンス上がるように頑張れ、で済む話だと思います。

ちなみにドイツ人の多くはクロップに代表監督をやってもらいたいと思っています。


[ 2019/03/15 19:39 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(11)
ここでまさかのピエール発言!
ちなみに日本の某ニュースのコメントでは知ったかぶり達が海外では日本と違ってドラッグには寛容、日本は知らない物に蓋をしてるだけ。
とかドラッグよりもお酒のほうが危険とか呆れる主張をくりかえしてます。
それは置いといてレーヴがまだ解任されてない事に驚きますね。
ハリルホジッチをなかなか解任出来なかった日本みたいです。
[ 2019/03/15 19:53 ] [ 編集 ]
クロップ見るたびに、アメリカの人気ドラマ『BULL / ブル 法廷を操る男』の主人公ドクター・ジェイソン・ブル(演マイケル・ウェザリー)を思い出します。明るく豪快な大男である一方、知的でメガネの似合うカッコイイルックスもそうですが、情熱的で守りに入らない勝負師的な性格、自分の部下(選手)のためには時に感情もむき出しにする人間臭さもそっくり。ロックミュージックが好きなところも同じ。スター性を全部持ってますよねえ。魅力的な人です。
[ 2019/03/15 20:45 ] [ 編集 ]
 クロップのコメントはその通りなのだが、永続的に除外するっていう必用のない発表をした理由がわからんので、私はなんとも言えない。
[ 2019/03/15 21:20 ] [ 編集 ]
横レスですが(ブルも見たことありますが)マイケル・ウェザリーはNCISのディノッゾ一択ですね

[ 2019/03/15 21:50 ] [ 編集 ]
これと似たようなことを日本代表でもやってて気分悪かったねー。
まあ結果は本大会で初の南米勢を撃破で歴史的なベスト16の名勝負をベテランが繰り広げたわけだけど。
[ 2019/03/15 22:30 ] [ 編集 ]
まあ代表への扉は開かれているべきというのは間違いないですね
閉まるのは不祥事や自らが引退を表明するときぐらいでしょう

レーヴは日本人からするとハリルと一緒にしたくなりますがワールドカップを直近でとっててコンフェデもとってるわけですからすぐに切れないというのも分からなくもないです

それでも今は選手弄るより監督を変えたほうがいいとも思いますが
何年後かにクロップがやってたら面白いですね
ただしばらくはクラブに専念するとは思います
[ 2019/03/16 00:04 ] [ 編集 ]
クロップに代表監督本当にやって欲しい!!
クロップがドルトムント去ってからずっと思ってました。
プライドばかり高くなってドイツの根源を忘れてるレーヴじゃもうダメ

ドクターブル、クロップと似てる
カリスマ性と憎めない笑顔大好きです
[ 2019/03/16 00:16 ] [ 編集 ]
ベテラン切りについては難しいよね。呼ばない場合にしつこくなんで呼ばないのかって言われかねなかった訳だし。元々ベテランはもう呼ぶつもりないって明言したのはそういうのも理由なんだろうね。良くも悪くも素直すぎるっていうか
[ 2019/03/16 01:00 ] [ 編集 ]
ベテラン切る事でメリットあるんですよ、若手が自分にもチャンスありと奮起しますから。ドイツの目標はユーロでしょうから、先をみて選抜されるのはおかしことではないですよ。自国で行われるユーロに出たい若手は沢山いるでしょうし。
[ 2019/03/16 08:17 ] [ 編集 ]
そもそもレーヴの力不足でありミュラーフンメルスボアテングを上回る選手は居ませんから、この三人を世代交代やW杯の責任等の理由で外すならレーヴも外れるべきなんですよね、何故まだ切らないのか謎です
[ 2019/03/16 12:39 ] [ 編集 ]
クロップの代表監督は反対ですね。だって代表の試合は年に10試合程度しか有りません、もっと沢山クロップの試合見たいから反対。クロップも同じ気持ちでしょう。
ドイツクラブ復帰も現実的では有りません。バイエルンに行くのが適任だと思いますが、ドルトムントとの関係を考えるとその選択肢はお互いに(バイエルン側もクロップも)無いでしょうし、ドルトムントにはクロップは大きくなり過ぎましたね。やはり、リバプールでの長期監督、そしてリーグタイトルやビッグイヤー狙うのが彼の器に合ってます。
[ 2019/03/16 14:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。